--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-17(19:14)
「ニートの歩き方」読みました

P_20160815_012646.jpg

自分ごのみの本。これはいいぞ。
ただアラサー以降に通じるかはわからん。

続きを読む

スポンサーサイト

2015-06-19(12:10)
ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく
ダイヤモンド社 (2013-11-05)
売り上げランキング: 704

読みました。彼の人となりについての評価は色々とあるようですが、自分はよくわからずスルーしていたので、良い機会と思って読んでみました。(過去に1冊くらい読んだ気がするけれど...忘れた)

実業家、起業家として、しっかりとした生き方・考え方が体験談を元にまとめられた本だと思います。自分自身で書いている本なので盛っている部分もあるだろうけれど、読んでいて納得する部分が多かったです。

今までニュースであれこれと言われてきた事などは当時の報道などで見ていましたが、目の前にあることを「できる」と思って突き進んで全力でやってきた結果なのかもしれませんね。

目の前のものから、やりたいと思った所から全力でやっていって経験を積んでいく(イチを足していく)のでしょうか。ヒッチハイクの経験が営業に生きているなどは、自分も小さい事柄だけど思う所があったので、共感できました。何が生きてくるかわからないですね。

何のために働くのか


また、第三章の「カネのために働くのか?」は、読んでいてお金や仕事の考え方についてはハッとさせられる部分が多かったですね。

■「労働」をお金に変えているのではなく「時間」をお金に変えている
→自分、その通りだわ...

■やりがいとは「見つける」もののではなく自らの手で「つくる」もの
→やりたいもの・好きなものが仕事になる、というのと近いのかな。

■仕事が嫌いだと思っている人は「経験不足」
→耳が痛いです...その通りなのだと思います。自分出来る人じゃないのもありますので。

■遠くを見ないこと、今の目標に向かって猛ダッシュ
→これは、ある程度遠くのゴールも見つつ、だとは思います...が、目の前のものをきっちりやっていけば行き付く先は案外思っていたゴールなのかもしれません。行きたい時に自由にゴールへ行けるようになるって感覚なのかな。

■やりたいことが無い→できっこない、という出来ない理由を作っているから
→これもあるかも。自分の場合、やりたいことが無い→やりたいものの合間にある障害がイヤという部分もありますが...「まずやってみる」というのは過去実際思ったことも多々あり、非常によくわかります。

■貯金が無いと不安なのは自分に自信がないから
→うっ。その通りでございます...

■人生の崖っぷちに立った時、救ってくれるのはお金ではなく信用
→これは非常にわかる反面、全面信頼していない面も。自分が信用しきれていないという部分が大きいのかもしれません。


自分は圧倒的に自分に自信がない所はあるので、そこからかもしれません。

まずは一歩ずつ、目の前の事や、やりたいと思ったことを進めていくしかないかな、と感じた今日この頃でした。

2015-06-15(12:10)
競争からちょっと離れると、人生はうまくいく

競争からちょっと離れると、人生はうまくいく (単行本)
枡野 俊明
三笠書房
売り上げランキング: 143,378


住職さんの本らしく禅の考え方を取り入れて生き方を説いている本。

もうちょっとのんびり生きていきたいな、と感じていたのもあり何故か読んでみる。普段読まないよこういう本。

※普段は戦略とか騙されるな! とかばっかりだから (^_^;)

「人と比べない」という所から、争わず自分のペースでやれることをやる、ということが書かれている本です。

あまりこだわらない生き方、みたいなのはわかったのですが、自分が生涯こう考えていけるかというとちょっと難しいのかな...

「勝とう」「争う」みたいなものからは程よく離れることは出来るかもしれない。モノへの執着もある程度捨てられると思う。けれど、お金の面とかはやっぱり「気にしない」というわけにはいかないと思うなぁ~ まだまだですな。

2015-06-10(12:10)
嘘の見抜き方 読み終えた

読み終えました。

嘘の見抜き方 (新潮新書)
若狭 勝
新潮社
売り上げランキング: 67,915


人が嘘を付く理由から始まり、見抜くためのコツや、嘘つき・詐欺師の立ち振る舞い、嘘を見破る質問など、わかりやすく・読みやすくまとめています。

嘘への気づき方や、嘘の解体方法(嘘にどう気付き、どう確かめていくか)な、嘘をつく人への対応方法などなどまとまっています。ドライで理論的・技術的なアプローチもあれば、ウェットなアプローチも混じっています。「説得」に通ずるものがありそう。

その他、気づかぬうちにつく嘘や、誤解・思い込みからくる(無自覚の)嘘などもあり、嘘って様々あるんだなーとしみじみ。

なお、文中で、「プロの嘘つき」は目をそらさない、と言うのもありましたが、これは自分が生きてきて自分なりにずっと思っていた所で、非常に納得しました。それのみで判断してはいけないのは当然ながらも、結構この一次判断はあたっていることが多かったと感じています。

それはそうと、現行の法律では、自分のために嘘を付く事は罪に問われないのですね。自分を守るために嘘を付くことは容認されているそうです。言われてみれば「あなた嘘ついたから有罪」と言う形で法律的に罰せられるケースは聞いたことないかもしれない。



ほんとさくさく読めて、嘘に対しての理解が深まるのでオススメです。

2014-02-03(18:00)
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

無難に、程々に、を目指す人はこれだけ読んでおけば良いのでは? と思った一冊です。

一般向けの、運用が趣味でもない普通の人が行う無難な方法として、運用方法を簡単にまとめています。

NISA、確定拠出年金についても触れられている全面改訂版です。

>「うまい話」を見つける能力よりも、「明らかな損」や「怪しい話」を見分ける能力こそが、マネー・リテラシーの本質だ。

と冒頭に書かれている点、非常に同意出来る。全体的に読みやすいです。サクサクと読めてしまいました。

運用商品の紹介、運用に対する考え方、お金全般に対する扱い方・付き合い方について簡潔にまとめられています。投資だけではなく、保険、ギャンブルに対する考え方、メンタルに関する事なども書かれています。

NISA・確定拠出年金(401k)の割り振り方などもあるので、昨今の諸制度についても触れられています。

更に興味が出てきた人、色々やってみたい人は、他の名著や投資手法などを少しずつ勉強しながら少額でやっていけばいいと思います。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。