--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-30(21:42)
クレジットカードの損害期待値などなど

先日に引き続いてカードのお話。

クレジットカードについてのお話を前回しました(ソニーPSに不正アクセス、7700万人の情報流出の可能性)。別に漏洩が確定した訳ではないのですが、カードについてもう少し考えてました。

今回の漏洩事件ではIDやパスワードについて他サイトでも流用していた場合のなりすまし被害の方が懸念されます。まずはそちらを優先して確認が必要です(自分も同じID/パスワードを使っている他のサービスがあったので、変更しておきました)

クレジットカードについては不正利用なんかよりマネーリテラシーのない人がカード破産する事の事例の方が多いのでしょうが、やっぱり流出の話が出ると不安になる人もいるようです。保障の仕組みだけでも押さえておきましょう。

クレジットカードの保障制度

で、ここからは通常時のケースのお話です。クレジットカードは「持ってはいけない物」という認識も一般にはあるようで、今回は不正利用されるかもという点から考えたことをまとめてみました。大雑把に計算してみたのですが、実際に不正利用の被害があることを加味しても、そこまでの損失では無さそうだと考えています。多々推測が入りますが、お付き合いをば。

まず必要となる基のデータは法務省から出している「犯罪白書」です。各種犯罪の統計が公開されていました。毎年、犯罪の発生件数等をとりまとめて傾向を分析しているもののようです。

犯罪白書

そこで、平成17年の犯罪白書を見てみると、「カード犯罪」というカテゴリがあります。

平成17年 犯罪白書

平成16年のカード使用窃盗(不正に取得し又は不正に作成したキャッシュカード,クレジットカード又は消費者金融カードを利用して,現金自動預払機(ATM)又はキャッシュディスペンサー(CD)から現金を払い出す窃盗事件をいう。)の認知件数は,4,477件であり,その被害総額は,27億8,500万9,000円であった(警察庁刑事局の資料による。)。



なぜか、翌年からは「カード犯罪」という記述が見つかりませんでした。カード犯罪のカテゴリで統計をとるのをやめたのでしょうか...データが無いので、平成17年で考えてみることにします。7年も前のデータなので、現在の件数がわからないのですが、日本におけるカード犯罪の認知件数は4,477件でした。キャッシュカード等も合わせての件数なので、クレジットカードについての被害はもっと少ないと想定されます。

普通、不正利用された被害者は警察に被害届を出すと思うので、この件数が氷山の一角ってことはないと考えています。刑事事件であるので、民事不介入とか言って被害届を受理しないケースはないと思います。

4,477件程度というのは、個人的には「少ないなぁ」と思うのですが、皆さんは如何でしょうか。また、被害総額は27億8,500万9,000円ということで、1件当たりの被害額は単純平均して622,070円です(単純平均は偏りを考慮しないので、もっと多額の被害にあった人もいると思います) また、4,477件というのはあくまでも「認知件数」であって、ここから犯人が捕まって補填されたり、カード会社に不正利用を申告して実際に保障された人等を差っ引くと更に実損被害を受けた人はかなり減るでしょう。

また、世に出回っているカードの全体数について。もう一つデータがありまして、2007年(平成19年)で日本におけるクレジットカード・キャッシュカードの発行枚数は約2億9000枚程度。一人当たりの平均所持枚数は約2.6枚。

クレジットカード発行枚数の推移

この辺でちょっと大雑把に概算を出してみたいと思います。

■前提条件
カード枚数:2億9000万枚≒約3億枚
一人当たりのカード枚数:2.6枚≒約3枚
認知件数:4,477件≒約5,000件
被害額合計:27億8,500万9,000円≒約30億円

■大雑把な計算
被害に遭う確率:「5,000件÷(3億÷3枚)=0.00005=0.005%」
一人当たりの期待被害額:「30億円÷(3億枚÷3枚)=30円」

※色々とおかしい比較前提があるのは承知の上ですが、出来るだけ安全な方に間違えていると思います。
 ・数年前の犯罪件数から、どの程度推移しているかわからない
 ・クレジットカードの枚数、被害件数の比較年が違うので同列に計算はおかしい
 ・認知件数は各種カードを含めたものだが、3億枚というのはクレジットカードのみ

こうしてみると、かなり低い確率です。被害に遭う確率は「万が一=0.01%」よりも低いです。また、1人当たりの被害期待値も数十円ということで、年間でクレジットカードを使うことの恩恵はメンタル面(利便性)と実績面(ポイント・還元)などと比べると十分に恩恵を受けていると思います。しかも被害を受けても保険でカバー可能。

各種前提を用いてますが、カード被害の認知件数が100倍になっても期待被害額は3,000円程度ですし、発生確率も0.5%です。「カード犯罪が50万件を突破」と言うニュースは聞いた記憶がないので、そこまで増加しているとも思いません(スキミングの話が一時期ありましたが、丁度平成17年くらいだったかと...それを織り込んだ上での数字でしょうか)

唯一計算外となりそうで怖いのが、カード会社が「不正利用を認めない」というケースでしょうか(保険会社が難癖をつけて保険金を渡さないようなケースと同じ?)この場合の対策はMAXの限度額を下げておく対策しかありません。

ただ、確率を計算していてなんですが、こういうのは確率の問題でもないと思っています。財布をなくしやすい人とか、暗証番号を晒してる人とか、カード見せびらかせている人とか、そういう被害に会いやすそうな人たちが集中的にやられます。きちんと明細を見て管理している人はもっとセーフティ(ほとんど被害ゼロ)かもしれません。

ということで、前提の多い計算ではありますが、なんとなく概算で出してみた感じでは、被害額的にはさして恐れるものでもないと思いました。

一般的には、こういう期待値だのより、リテラシーが無いことによる「使いすぎてしまう(借金と認識できない)」「キャッシングは便利(利息を認識していない)」の方が多数かと思います。

使い方によって便利にも凶器にもなる、ってことで。
スポンサーサイト

2011-04-27(19:49)
ソニーPSに不正アクセス、7700万人の情報流出の可能性

ソニーが個人情報流出したようです。
再送:ソニーPSに不正アクセス、7700万人の情報流出の可能性

ソニーからの公開情報はこちら。
【PlayStation®Network/Qriocity™をご利用の皆様へのお詫びとお願い 】

クレジットカードは「可能性を完全に否定することはできませんが」という回りくどい言い回しです。最近の東電の流れとかを見ていると、情報が正しいのか穿った見方をしてしまいます...

私は以前にPS3を持っていて、ゲームのダウンロードにクレジットカードの情報も入れてました。確か、PS3を手放す時に退会しようと思ったのですが退会のやり方が書いておらず出来なかったので、消せる限りの情報は消して処分していました。本体の消去は確認したのですが、サーバー側の方は消したのか覚えてません...

クレジットカードの情報漏洩は真偽はまだわかってないですが、漏れていた場合は不正利用のケースも押さえておいた方がよいでしょう。実際には、どうやって不正利用するのかわかりませんが...ネット購入では暗証番号もサインも不要で購入可能ですが、どこに送るのか? で詰まってしまうと思います。

とりあえずは、ソニーの言うとおりクレジット会社の明細をチェックして、不正利用があれば申請することでしょうか。明細の通知から60日以内に申請し、不正利用が発覚すれば損失額は保障されますので安心です(紛失盗難保障制度)。今回は「史上最悪」ということでニュースにもなっていますし、クレジット会社も柔軟に対応してくれるのではないでしょうか。

2011/04/29追記:「60日」という保障の期限などはカード会社によって違いますので、約款を確認して下さい。

(思い返すと、リーマンショックも地震も、何か100年に1度・史上最悪・最大とか最近よく聞くなぁ...)



今回、このような漏洩が発生して、個人情報の保護について皆さん考えることがあったと思います。個人情報やクレジットカードに過度な恐怖心を抱く人もいるかと思います。 ...が、上記のように不正利用についての保障は整備されているわけですから、(クレジットカードの不正利用については)過度に恐れる必要は無いと思います。正しい対処を押さえておけば問題ないでしょう。

そもそも、個人情報が完全に漏れないようにするなんて無理です。学生時代のアルバムから漏れる可能性があるでしょうし(最近の学校の卒業アルバムには住所などは一切載っていないようですが...) 友達が携帯を落とすだけでも自分の名前と番号などは漏洩します。今回の事件とは規模が違うでしょうけれど、自分の過失が無くても漏れてしまうものなので、過度に恐れなくても良いと考えています。

クレジットカードのメリットは「現金を持たずに買い物が出来る」「ポイント・還元がある」(人によってはデメリットでもありますが)という点ですので、これにメリットを見いだせる人は過度に恐れなくても、リスク発生時の対応だけ押さえておけば良いのではないでしょうか。

ちなみに自分は、以下の点に気をつけています。

・盗難・漏洩時のカードの止め方を押さえておく
 フリーダイヤル等をメモして止められるようにしています。

・不正利用ジの保障の内容を調べておく
 毎月、家計簿との整合性のためにチェックしています。

・暗証番号は使わない
 カードによっては、暗証番号を使われた利用は一切の保障がないという旨があるようです。
 店頭で使う場合は暗証番号を盗み見られるかも知れないと思い、全てサインとしています。

・限度額を下げる
 これは万が一ですが、限度額を通常使用する額を抑えておけば、最悪の被害額が軽減されます。

「リスクは避けるものじゃなくて、コントロールするもの」という記述がどこかの本にありましたが(わ、忘れました...) 対応策をあらかじめ調べておけば、大して怖くないと思います。





話はころりと株式投資になりますが、株式投資も同じですね。「過剰に怖がってやらない」というより、「対応策を押さえた上てやってみる」と。

株式だと、(現物なら)出資の範囲までの損失だし、何かあっても資産は分別管理されている(万が一証券会社が不正を行っても投資者保護基金により1,000万まで保護される)、売ると受渡は3営業日かかる...といったことをおさえた上で買ってみると、そんなに怖くないと思います。(投信なら1,000円から買えます)

証券への投資に意味・メリットを見出せない人はやる必要は無いかと思いますが、「興味はあるけど怖い」という人は対応策を把握して少額でやってみるのも良いのではないでしょうか。仮に、ダマされたと思っても損失額が把握されていて、それが許容できれば問題ないかと思います。上記投信の例なら1,000円が最大損失額です。


新しいことにチャレンジしながらも、対策と損失額は考えておく...重要かと思います。

2011-04-26(19:54)
自分のAU携帯が来年で使えなくなる

今使っているAU携帯が、2012/07/22で使えなくなります。携帯電話の周波数切り替えによって対応していない電話は使えなくなる様子。

800MHz帯の周波数再編に伴う「CDMA 1X」などのサービス終了等のお知らせ

この話はしばらく前から聞いていて、今日もパンフレットが来たりしているのですが、どうしようか悩んでます。

基本的に、テザリング可能なスマートフォンへ移行したいのですが、まだ良い機種が無くて躊躇してます(HTC EVOでキャリアメールが使えるなら変えたんですが...)

じゃあ、保留にするか? と思いきや、今提供されている無料携帯が、程々にシンプルで自分の利用スタイルにマッチしているんですよ(PT002) 大抵こういう「無料」って奴は素通りなのですが、今日はちょっと食いつきました。

料金プラン「プランEシンプル+誰でも割」で月780円/月(+EZ WINコースで月額315円、ユニバーサルサービス料が月額7.35円)で使えるので、今までよりも料金が安くなります。そんでもってEメールは送受信無料とのこと。

ただ、通話料は30秒/21円と高いことと(今の倍になってました)、パケット定額サービスが使えないという点が自分にとっての懸念事項です(今までのアプリが消えるのも問題ですが、まぁゲームしかないので)

通話は殆どしないから良いとして、ネット接続は時々バスの時刻表をみたりしているので、このへんの料金がどうかなぁーって所だったり。一旦PT002に変えておいて、その後欲しいスマートフォンが出たら乗り換え(もしくは2台持ち)ってのもありかな。とりあえずテザリング付きスマートフォンは妥協したくないので待ちですかね。

2011-04-24(14:02)
インベストメント(上) ツヴィ・ボディー

ツヴィ・ボディー
日本経済新聞出版社
発売日:2010-03-26

証券の仕組みについて書かれている専門書です。時間をかけてなんとか読み終わりましたが、正直なところ半分以上は理解しきれていないと思ってます。

証券アナリスト試験対策にも使われるような本のようで、完全に本職、及び本職を目指す人向けと思います。

ですが、基本理論はぎっしりと詰め込まれており、日本だけじゃなく海外も同じような考え方があるのだとわかりました。(日本の常識と世界の常識は全然違って、海外には良いファンドがたくさんあるんだ、等とも聞いていましたが、運用理論においてはさほど違わないように思えました)

平均の考え方(相加平均・相乗平均など)、リスクとリターン(標準偏差・分散・期待値)、ポートフォリオの策定手順(無差別曲線・効率的フロンティア・資本市場線)など、数式込みで説明しています。

この本でやっとポートフォリオを決めるときの曲線の数々の意味が理解できました。

また、時々ブログや専門家などが提示する疑問についても、この本に載っていたりします(インデックスは十分に分散されているのか? など P245) 意外とネットで話題になるものは既に解決されている問題のようにも思えます。(投資する人のスキルに合わせて再掲載すると言う意味では有用かと思います)

あくまでも理論に則ったものですので、実際には経験も踏まえて修正する必要はあると思いますが、より深い・正しい(?)知識を得たい人は一度読んでみてもよいかもしれません...が、理系じゃないとかなりキツい気もします。もうお腹一杯です。

数年経った時にもう一度よんでみようと思います。(次は下巻か...)

2011-04-23(10:26)
お金が貯まる5つの習慣―節約・投資・教育・計算そして感謝 (平林亮子)

読みやすく、お金持ちになるための基本的な思考がまとめられています。

持家の是非やいい借金と悪い借金など、「金持ち父さん貧乏父さん」を意識した記述が多いですが、何かあったのでしょうか(笑)

本書では、習慣を「節約」「投資」「教育」「計算」「感謝」の5つに分けて思考方法をまとめています。

自分はまだ全然金持ちにはなれていませんが、節約や計算に関する考え方は結構かぶっているところがあって、感謝の面では非常に足りないような気がしました。

それにしても、意外と金持ちは特別なことをやっていないと改めて認識します。TVで有名な経営者もいますが、それはごくごく一部であって大抵は地道な努力をして、その「市場」に居続けることで、どこかで開花する...そんな感じがしました。タイミングを見計らって「えいや」で市場に参加して金持ちになるわけではないと思います。そんな「市場に居続けるための習慣」がこの本にまとめられています。

各章で一見して「え?」と思うところも、詳細を読むと納得なものが多かったです。

・17 預金よりも借金をする
 将来の稼ぎを先に使っている、という点を意識した上でということ。
・23 家族の保証人になる
 家族の教育も込めているとのこと、ただ最悪のリスクは冷静に考える。
・28 住宅ローンの繰り上げ返済はしない
 手持ちの現金が無くなった時に再度借りることを考える。

非常に読みやすいので、気軽に読んでみるのもよいかと思います。

お金が貯まる5つの習慣―節約・投資・教育・計算そして感謝 (幻冬舎新書)お金が貯まる5つの習慣―節約・投資・教育・計算そして感謝 (幻冬舎新書)
(2011/01)
平林 亮子

商品詳細を見る

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。