--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-29(18:36)
仕組みは同じでも、少し変わるとついて行けなくなる

金貨金融はヤミ金融 警視庁、高金利の疑いで業者初摘発

「金貨の“即”現金化」に注意!-後払い、転売で負債が膨らむトラブルが増加-

パッと見る限り、「クレジットカード ショッピング枠の現金化」と同じですよね?

同じような手口でも、ちょっと変わると引っかかる人がいるんでしょうかね。

(今回の金貨金融とショッピング枠現金化の因果関係はないのだろうけれど...たまたま新しい手口だからニュースになっただけかもしれませんが)

「こういう話は判断能力の鈍った年寄りを騙しているから」とも聞きますが、今回の件など消費者センターのPDFを見ると、30代・50代の被害者もいるため、一概に判断能力が無いからとも思いません。お金が無くなると判断能力が鈍るのはわかりますが、だったらある程度の貯蓄を用意しておくとか、事前に対策を立てておけばいいのに...とも思います。

騙す人が悪いのは当然ですが、騙される人の事前予防などは少し疑問に思う点もあります。



また、教育についても少しおかしいなと感じるところがあります。

以前、消費者教育のセミナーにて、借金における時効についての内容を聞いてきました。50~70代中心の中、ポツンといたのですが、「金融の取立は5年で時効。身に覚えのない借金や時効の杉田借金は返す必要がありません」とのこと。「時効を過ぎても、当然のように返済を迫る業者もいるから要注意」と言う事でした。

それは当然良いのですが、参加者からの質問で「じゃあ、もし時効期間内で、『身に覚えが無い』とシラを切ると犯罪となりますか? どんな問い合わせでも『身に覚えがない』と言えば間違いはないですか?」との問いに「はいそうです」と。

おいおいおいおい、それは違うでしょ。「時効期間内で」とか言ってるんだから借りてるんでしょ、質問者の意図が踏み倒す気満々みたいに聞こえませんかね? 借金をしたら返すのは当然だってことは言わなくてはいけないでしょう。

どうも、「Aと言われたらBと言えばOK」という1:1の教育になるんでしょう。今回の話は消費者センターなど公的な所でのセミナーでは無かったのですが、こんな機械的に反応するだけの教育なんざしてるから、ちょっと形が変わるだけで騙されるんですって。

「丸暗記する教育」はやはり疑問を感じます。
スポンサーサイト

2011-06-28(21:50)
スポーツクラブへ

今日は(も?) 全く関係ないお話です。

コツコツ参加者の方より、コナミスポーツクラブの体験タダ券を頂きましたので、ぶらり行ってきました。

今まで、こじんまりとした市営のジム等は何度か行ったことがあるのですが、コナミとかのハイテク(?)なスポーツジムには全く行ったことが無く、まるで上京してきた田舎者がポツンと新宿駅にいるような感じでした (-_-;)

体脂肪等を測ってもらったのですが、やや肥満気味だったようです。毎日チャリ通勤しているのですが、やっぱり運動が足りないんでしょうか... なんにしても、運動不足のようで、これは少し運動しなければと思い、1時間半くらい運動してきました。

正直、どうやってメニューをこなすのがベターなのかも良く分からず聞きまくりでした。運動の良いやり方はど素人なのでインストラクターの方は「...」見たいな感じだったのかもしれません (-_-;)

お風呂にも入ってまったりとして帰ってきましたが、うーん、やっぱ行くとしても市営のちっちゃい所でいいや、と言う結論に。

運動の動機付けには良いのかと思いますが、高いんですもの...基本は日々のチャリで頑張ります。

2011-06-27(20:47)
高い安いより、いくらが妥当と思うのか?

ここ数ヶ月くらいで時々思うのですが、何かを「高い」「高すぎる」と批判・評価なりするのですが、それだけ言ってれば何かカッコイイことを言ったような感じになる話を良く聞きます(自分もそうなっているかもしれませんが...)

投資信託の信託報酬、議員の給料、保険額、税金...色々とあるのですが、「高い」「安い」よりも、「自分がいくらが妥当と考えているのか?」を言わないと話が進まないんじゃないかと思う今日この頃です。

別に自分の意見が合っていなければならない必要も責任も無いのですが、「高いからダメだダメだ」ではなくて、「xxだったらxxくらいが妥当なんじゃない? 想像だけど」とか言うと、比較とかが出来て話が先に進むと思うんです。

でも、自分から発言することが出来る人って意外といなかったりします。

保険も、「人それぞれ」「ケースバイケース」としか言えないのって、「誰でも言えるなぁ」と思うのです。仮にでも条件を出して、「細かく家計を見てみないとわからない部分はあるけれど、500万以上の完全な余剰資金がある一人暮らしだと仮定したら、医療保障は不要では?」などと言えば、それに対して「500万って言うけど、本当は必要な資金である人が多いよ、車買ったりとかするし」「いずれ家族が出来て病気ができたら、保険入れないでしょ?」と議論が続くと思うんです。

プロだと下手なことを言えないという事もありますが、仮にでも数字や条件を出して思いを伝えると、それに対して疑問・反論・同意が出来るので生産的かと。

車とかでも買おうとした時に「高い!」と思ったら、「じゃあ自分はいくらが妥当だと思うんだろう」と考えると、今後の意思決定にうまく反映出来ます(「車は高いと思う!」「いや、別に高いとは思わない!」では堂々巡りで、先に進めません)



そうは言っても、価格なんて個人の思いで大きくブレるとも思います。投資信託でもちょっと思うのですが、「個人の資金量では不可能な、TOPIXと同等の動きをする証券を保有するための、年間手数料(=要は信託報酬)」ってどのくらいが妥当と皆さん考えているのでしょう。今でこそ低コスト投信で0.x%の手数料で保有が出来ますが、この価格付けは妥当なのか? と言われるとちょっとわからないんですよね。

最初に誰かが「5%が普通だ!」と価格を言ってしまえば、意外とその数字が通りそうな気もします。要はアンカリングしたもん勝ちでしょうか。

「本当のモノの価値」なんて誰もわかってないのかな、と思う今日この頃です。だからこそ、自分の考える値段(=価値観)が大事かなと思うんです。

2011-06-26(11:25)
【札幌】岡本和久さん出版記念講演セミナー まとめ

6/25(土)はI-Oウェルス・アドバイザーズの岡本和久さんが札幌にてセミナーを行って下さいました。

岡本さんのセミナーは初めて聞くので、どのようなお話をしてくれるのか楽しみにしていましたが、今までのセミナーとは違った切り口でお話してくれて、非常に有意義&勉強になりました。覚えている限りの内容と所感をまとめておきます。
(※は自分の感想です)

【I-OWAマンスリー・セミナー】

■「和風」資産運用入門

・『賢い芸人が焼き肉屋を始める理由 投資嫌いのための「和風」資産形成入門』出版記念講演
→本のタイトルの意味は、芸人の収入は不安定なので、売れてるうちにその収入を元に焼き肉屋を始めて収入のヘッジをするとのこと。サラリーマンにもこの考え方が必要でしょう? という切り口。

※本当は副題の方をタイトルにしたかったようですが、タイトルは出版社の方が決めるようで、キャッチーなタイトルにさせられるとか。色々とあるのですね...本にサインして頂きました。

・日本人が投資嫌いの理由
そもそも投資・投機(スペキュレーション)の違いがあまり区別されず、投資にも長期(インベストメント)と短期(トレーディング)があるが区別されていない。「投機」「短期投資」のことを「投資」と思われているため、嫌われているのでは?

・日本人の性格
島国であるため、ウチとソトを区別する傾向があり、日本を全てとする考えがある。四季があるため、何かあっても時間と共に解決してくれると思う性格。地震・津波などの危機によって底力を発揮し、盛り返す。士農工商の時代では、農民は富を隠す(年貢として取られるから)、武士は富を卑しむなど、お金について話をしない・抵抗感があるという歴史を持つ。

・永代投資
江戸時代、より長く商売をするための方法を考えた(ルールを決める)、「日本永代蔵」:「永代」→時間的な制約が課されていない状態。「蔵」→全資産のポートフォリオ。これらは要は長期投資のポートフォリオのこと。日本人はこういうことを昔から考えていた。

・日本人の「和風」の考え方
農耕民族なので、種をまいて育てる文化がある(投資して、収益を得る) 「おかげさま」の心がある。(「お」「かげ」「さま」 表ではない「かげ」の部分に丁寧語の「お」と敬う「さま」をつけて「おかげさま」)「和」を尊ぶ(市場・時間・人と争わない性格) これらは、日本人は長期投資にきわめて適した正確を持っているとのこと。

※歴史から追っていくアプローチは初めて聞きました。面白いですね。

・おカネを育てる
「いま必要としない将来のためのお金」と「いまお金を必要とする人」を繋がるため、資金を貸して利息を貰うか、出資して利益の分け前を貰うかなどをすれば、お互いに嬉しい。

※この考え方は大事ですね。すぐ「金儲け」と紐付けて考えてしまうのは考え物です。

・投資をすることは購買力の維持にもなる
株式を持っていると、会社を持っていることになるため、インフレが起こっても、株式会社の中が持つ商品や機材の価値上昇と共に株価も沿ってあがるため。1950年末・1970年末より預金70%+株式30%で保有した場合、購買力は維持できている。ただ、1990年末に同じコトをやると、購買力は維持できていない。必ず購買力が維持できるわけではないが、そもそも株式本来の姿を考えるとこの状態は正常ではないとのこと。

・投資を三方向からの管理を行う
ARC(「アロケーション管理」「リスク管理」「コスト管理」)の3つをコントロールすることでリターンを得られる。「リターン」はコントロールできないのに、なぜか投資をする人は「リターン」をコントロールしようとするから失敗する。

・投資手法
株式・債券の比率は「100-年齢=株式比率」を目安に。世界中の国と産業に投資する(インデックスファンドが使えるとのこと) そして、積み立てる。これらの手法は日本人の「和風」の考え方に非常にマッチしている、とのこと。

※原則の考え方はコレでよいと思っています。あとは逸脱しない程度にアレンジするのはアリかなと思っています。原則を知らない上での手法は失敗すると思います。



■東日本大震災から学ぶ リスク管理と危機管理の考え方

・正規分布とべき分布
一般的に正規分布でリスク(標準偏差)は説明出来ると言われているが、今回の震災なども見るに、べき分布のような、標準偏差・平均がない異常なケースもある。過去の実績を見ても、ドル円チャートなどは上位5%の値動きを取っ払えば、さして値動きしていない。(特異な上昇・下落が大部分のチャートの形を決めている) また、人工的に作られたチャートなどは、特異な点があまりない。このように、特異なことは時々起こりえる。この特異な事例にまで、一般論をそのまま用いるのは危険である。(が、理論は大事である)

※「異常」と言われるケースは多々あって、一般的な理論で全て適用できると考えるのはNGですね。今回の震災やテロなど、普段と異なる異常事態は思ったより多く発生しています。「歩道を歩き、信号を守っていれば普通は安全だが、突然、酔っぱらい運転のトラックが飛び込んであることがあるのを心得ておく」とのことでしたが、まさにその通りなんですよね。信号を守る原則は大事だが、異常事態にそれを愚直に守ってはいけない、ということ。異常事態が起こるからと言って、信号を守ることに意味が無い、という考えもダメ。うまい言い方ですね。

・過去の事例における危機管理
ヤバいと思った時は、定型的な対応では出来ないことがある。異常時に平時のことをやっていてはダメ。過去には、多少の犠牲者を出してでも、一歩踏み込んだ決断をしたことが多々ある。(多少の犠牲者を出してでも、一般人を見殺しにするなどしても、他のもっと大きな危機を回避する、など) 国家は異常事態にはこういった判断をすべきで。

※「一部の一般人を見殺しにする」など、今の日本ではそれをしただけで、袋叩きという空気がありますよね。「限られた資源の中で、何を最善と判断すべきか?」という観点はドライに考えないと、最終的に皆不幸になると思っています。異常事態では感情論を抜きにして、英断をしなくてはいけないですね。

・危機管理の心構え
危ないことをしない(危機をあえて求めない) 危機に及ぶ可能性を最小化しておく。自分の命を失ったこと、命以外の全てを失ったことを考えておく。自分の命以外で3つだけ復元できるとしたら何が欲しいか考えてみる。大事なものが復元できるようにバックアップしておく。「いざ」というときの行動プランを「書面」にしておく。

※バックアップの件は大事ですね。「無くなってから『悲しい・大変なんです』と困るのなら、なぜ事前にバックアップや対策をしておかなかったのか」というお話もして頂きました。これは危機管理もさることながら、資産運用においても同じなのではないでしょうか。リストラ・減給・年金減額がありえる時代で、備えなく生きていて後で「困った」とか言うのなら、事前に準備しようよ、と思います。

・震災後の東北地方
復興需要は多々ある。建設・家電など買いなおしになる。寄附の返しなども必要(日本人らしい) とのことで、多々需要があり盛り返して景気が良くなっている。

・長期投資が復興に役立つ理由
健全な発行市場は健全な流通市場の上に成り立つ。マーケットを支えることで、株価が合理的な条件になり、企業が合理的な条件で資金調達が可能となる。

※マーケットを支えることと、無理やり株価を維持すること、これの違いが実はわからなかったのですが、個人的には復興需要はあるため、十分に上向くとは思っています(他の要因・懸念は多々ありますが)


■質問タイム
・個人金融資産を少しでも回せば、かなりのパワーになるのでは
→株価は高くなるので資金調達しやすくなる。少しずつ、広めて皆に知ってもらいたい。

・通貨の分散はすべき?
→(質問の意図は、通貨を分けて持つべき、ということ?) ドルベースでの値段をみても、裏で持っている証券がフランスだったりするのなら、分散はされていることとなる。単にドルベースで表示しているだけ。外国株を持つことで、外貨投資にもなっている。通貨だけの投資で考えるのであれば、ドル・ユーロ・その他を1/3ずつ持つようにすればよいのでは?

・ドル暴落のうわさがあるが...ドル取引されているものがほとんどでは
→現地通貨建で表示しているだけなので、ドルが暴落したのなら他の外国通貨は値上がりしている。

※ドルが紙くずなどになる・アメリカが機能しなくなるとしても(そのときは、運用とか言ってられない気もします)、そのときはドル建て商品は×でしょうが、その他ユーロやら豪ドルやらの資産は、ほとぼりが冷めれば、その現地での通貨で支払われると思いますけどね...裏で持っている証券が同じであれば、どの通貨で表示されているか? という点はあまり関係ないかな? と思いました。どちらかというと、国による銀行の分散という意味なのでしょうか。一般個人がコストをかけてまでするかどうかと、その効果はやや疑問に思います。

・25歳でこれから投資するのだが、べき分布のようにごく低い確率(1%程度)で発生する危機に対してどう備えれば?
→配分比率を考えるしかない。1%の危機がいつ起こるかによってインパクトは異なる。基本は危機が起こっても大丈夫な状態にする(=年齢と共に資産配分を債券にシフトするなど) 取り返しがつくかどうかがポイント。

・人によってリスク拒否度が違うと思いますが、どういう要素がある?
→年齢・収入・財産・個人的制約(親の会社の株は売れない、等)・性格・知識 などが関連すると思います。

・先進国株式は、時価総額だとドルが大半だが...
→世界中でモノ作りをしているので、今はアメリカだから米ドル、というわけでもない。これからはグローバル化されていく。

※この点をもってしても、「日本がダメになる=日本株式が低迷する」というのは疑問に思うんですよね。海外に拠点を増やしてシフトすれば、別に日本株式が低迷するとも思わないんです。むしろ日本にいることがダメで、日本株式は安泰、なんてこともありうるかもしれません。


■二次会

二次会では、昔の証券会社や銀行のお話など、色々とお聞きしました。私はバブルの時代を全く知らないので、なんだか全くピンと来ないところが多々あったのですが...「バブルへGo!!」という映画を見ればなんとなくわかるとのこと(実際はもっと凄かったらしい) 投資の教育がされていないので、少しでも投資について基本的な知識を持ち、広めたいですね、というお話で盛り上がりました。少しでも広めていくためにはどうしたらよいのでしょうか。地道に草分けで活動していくしかないでしょうね...

ラスト、岡本さんより、コツコツ札幌のための本を寄附頂きました。次回コツコツのプレゼントにさせて頂きます。

というわけで、岡本さん、セミナーありがとうございました。お手伝いできて自分としても嬉しかったです。また第二回・第三回とお話を聞きたいなと思います。

2011-06-23(18:50)
投資手法と投資詐欺

自分、インデックス投資家とは言っていますが、ちょこちょことカスタマイズして組み替えたりしています。基本となるベースの部分は、配分を決めて国内外の株式・債券の平均値を拾うインデックス連動投資なのですが、以下の点、違います。

・日本株式は個別株で分散
 「20銘柄を超えれば、リスクはほぼインデックスに近づくらしい」ってのを元に分散です。信託報酬ゼロ、一応財務分析の本を読んだことがある、(メインではないが)優待が付くなら欲しい、等を理由にETF・投信積立と別に、2年程前にいくつか分散させて買ってたりしました。その後も、銘柄を買って補完したりしています(やや適当に買ったのもあります (-_-;)) リレー先が個別株って感じですかね。(ちなみに、復興支援ファンドもごくごく少額ですが買ってみたりしてます)

・外国債券には外貨MMFなども、一部保有
 インデックスファンドを買いながらも、外貨MMFなどを一部保有していたりします。あまり効率良くない&為替はゼロサムと思いつつも、いざおろしたい時に為替差益非課税など気にしてたり。課税スタイルが違うものを持っておくと、色々調整できそう? とか考えてます。が、そのためにMMFで保有するかどうかは微妙&検討中です。

・暴騰・暴落時には調整をかける予定
 ここ10年を振り返っても、ITバブル・サブプライム・地震...いろんな暴落が多々あったので、生きてる間にまだ10回以上は大きな下落を経験すると思っています。そこで一気に動くかもしれないです。

基本的にあまり時間を取られたくないのでインデックス連動+まったり積立をベースにしていますが、証券投資って、基本は自分が動かずとも保有株の会社が動いて利益を出してくれることにあるので、あまり上がった下がったのトレードに時間をかけ過ぎると、投資がお仕事になっちゃうだろうと思ってます。当然メンテナンスは必要ですが、時間は自己啓発なり人脈作りなり趣味なりに回せばいいのかなと思っています。



個人的にはあまり高利回りのファンドとかアクティブファンドには食指が動かないのですが、根幹の理由が「どれが良いのかわからない」からなんですよね。(直販投信など、交流・人脈が出来るなどは大事と思ってますが、必ずしもファンド購入とイコールにならないとか、凄くドライな・冷たい事を考えてたりします (-_-;))

平均を上回る運用は色々なやり方が存在すると思いますが、『自分が』人を正しく選べるのかって所がやっぱりひっかかります。平均値超えの利回りをコンスタントに出しているファンドなども(国内外問わず)聞きますが、それを自分程度の能力で見極めが出来るのか? が気にかかっています。

「ファンドマネージャーの理念」が大事なのは非常にわかるのですが、一般企業の理念がその通りになっていないなども良くあるので素直に聞けない、というのがホンネでしょうか。過去にいくつかのファンドの言動などが微妙だったこともあるので。

運用者の人や技術を見抜く力がある人は多々いると思うのですが、どうも自分にその能力が備わっているとも思えないんです(この自信の無さが、原則パッシブ投資になる源泉ですね) 今まで数十年近く生きてますが、人生でベストな選択をしたとか、事前に最善の選択が出来たとか、数回会って「この人は素晴らしい」という人がホントに成功し続けた・結果を出せたケースってあまり無いので... こと証券投資に関して、人の良さを見抜く能力があるとは思えないんですよね。どっちかっていうと、ここぞと言う時に選択した時に裏をかかれて(騙されて)失敗してしまうタイプなので (-_-;)

なんか、株式そのものが「人(会社)の手に資金を委ねている」ものなのに、ファンドマネージャーなどの手には委ねられないという点が矛盾かなと個人的にも思っているのですが、今の所こんな考えを持っています。やるとしても少額に留めると思います。



最近、ニュースや消費者センターでの相談などで「騙された」と言われるケースの、「騙し方」と「騙された人の知識と行動」が気になっています。一般的に、詐欺と言われるものの「言葉巧みな騙し方」というのがどのレベルなのかが知りたいんですよね。自分の「これはOK・人それぞれ・まずい」という感覚と、世間一般の「詐欺・ボッタクリ・OK」のズレを見たいんです。

「年金たまご」や「L&G」なんかは自分が見てもNGとわかるのですが、それもいざ詐欺とわかったから先入観アリで見ているだけかもしれません。また、その他詐欺話は沢山あります。単に知識が無いためにダマされているのか、知識のある人でも言葉巧みに騙されるのか、「明らかに怪しい」ものだけがニュースで流れているのか、自分の今のレベルでは、どの程度見破れるもんなのかボーダーラインが知りたいです。

「平均を上回る」「利回り10%固い」これらって、程度問題であって、言っていることは一般より高い収益、って事で同じと思ってます。例えば直販投信のセミナーで言われるようなことが、利回り10%オーバーの商品販売のセミナーなどで言われることと同じ程度なのか? 用いている手法はどうなのか? などを調べれば、感覚がつかめるかなと思っています。

「騙された人の知識が足りないだけで、騙された後にブーブー言っている」のか、「言葉巧みに、もっともな理念や理論を元に、法律の裏をかかれる・裏切る等して、結果騙された・ダメだった」のかが知りたいですね。騙された人の話と金融知識レベル、そして騙した側のセールストーク、沢山聞いてみたいです。

※有能な詐欺師は詐欺と訴えられないポイントを押さえていると思うので、捕まったりしないと思うんですけどね。あとは洗脳するポイントを押さえているとかでしょうかね。そういった意味でも、理念とかってある種の洗脳かもと思ってしまうのは、性格ねじまがりすぎでしょうか (-。-;)
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。