2011-11-30(21:05)
インデックスそれぞれ

9月末の権利確定日に保有していた株式の配当金通知、連日のようにやってきています。

「(∩´∀`)∩ワーイ」と思いながらも、配当金自体は企業の純資産取り崩しというだけであり、貰っちゃうと配当所得による所得税/住民税(現在10%)も源泉徴収されてしまいます。企業内に留保し、事業に再投資してもらったほうが効率は良いと思ったりもしてましたが...まぁ素直に喜びながら再投資です。

投資信託なら、企業からの配当金なども投資家に分配されるまでは非課税なので、(無分配なら)配当課税の繰延効果もあるんですけどね。

野邑アセットマネジメント-投資信託(国内投信)の税金について



私の個別株分散ですが、信託報酬ゼロ/もし株主優待が有るなら貰う、というのを目的に始めたもので、「インデックスに似せよう」が基本です。多くの銘柄を保有し、ほぼインデックスならいいだろうという考えなので、銘柄選びにもあまり時間はかけずに程々で切り上げています。(「どうせほぼ効率的市場だし!」って感じで)

※よく「個別株は時間かかりますよね」と言われるのですが、2年に1回くらい、定量分析(Excelに切り貼りするだけ)&保有していないファクターをチョイスする程度なので、そこまで時間はかけていないと思います。数年に数日、趣味の範囲内? と思ってます。

ただ、「インデックス(TOPIX)に似せよう」と当初思いながらも高配当/低PBR銘柄が多めですし、時価総額加重平均であるTOPIXなのに、時価総額のコトはあまり気にせず組み入れているなど、よくよく考えたら適当なコトこの上ない。

※信託報酬ゼロが魅力的とは言いつつも、配当利回り年3%銘柄の配当に10%課税(優遇税制が終われば20%課税)されるのなら、全体からみて0.3%(0.6%)の差なので、日本株式インデックスファンドの信託報酬と並んでしまいます。高配当銘柄が多いと信託報酬コストの考えは無いですね。

追記:いや、基準価格が上がって売却時に多く課税されるから、それも加味せんとですね。


うーん、書いてて思いましたが、いざ書いてみると投信でいいんですよね...何か大きな資金移動のライフイベントがあれば、投信に戻すかもしれません。



さて、そんなこんなで基本的にインデックス寄りな考え方を持っている中、日本株式市場の衰退について色々言われているのをセミナー等で聞きます。

「日本の未来は明るくないだろう」というのは同意なんですが、株価もこれからまだまだ下がるってことは、まだ「明るくない未来が織り込まれていない」とも取れると思うのですが、ホントに? と感じるわけでして。

原則で考えると、株価がこれから下がるとわかってて持ってるバカはいないでしょうし、持つに値する価格(投資家が求めるリスクプレミアムが得られるであろう価格)まで下がっているのでは?

「何があっても売らないインデックス長期投資家がいるからだ」と言う考えもあるかもしれませんが、少数でもアクティブな投資家がいれば、市場は正しく適切な株価水準まで下がるとも思うのですが...

震災や暴落・バブルなど、ある一定期間の間は乖離した株価が付けられる事があるのはわかるんですが、今は不安不安ばっかりなので、どちらかというと不当に安い価格が付く情勢なのでは? とも思うわけで。

下がるという見込みを持つ人も、「空売りしたいけど、そのコストをペイするほど大きく下がらずジリジリ下がる見込み」ってことなんですかね。

日本に上場している企業もいよいよヤバいとなったら、海外に進出して市場開拓するでしょうし(既にやってるところはやってますよね?) 市場=その国だけで商売するもの、とも思っていなかったりします。

また、「インデックスはダメ、TOPIXは過去成績を上げておらず横ばい」みたいなお話も良く聞きますが、別にインデックスを取る=日本株式に限ったわけでは無いし、仮にインデックスであっても日本株式/先進国株式クラス等を何%程度の配分とするかはまた別の話だよね、っていうのはコツコツ札幌の常連さんともお話してました。

別に日本株式のインデックスがこれからどんどん右肩上がりに上がっていくだろう、などとは決して思っていませんが、「個々の株価を形成している投資家の判断がそこまでアホだと、自信を持って思えるか?」 と言うとちょっと疑わしいと感じる今日この頃なのです。

2011-11-28(20:09)
やっぱりモノポリーはいいよ

スミマセン、最近モノポリーにハマっている、というか「噛めば噛むほど味が出る」で言う所の「味が出始めてきた」所でして。

「オレンジが優位」だの、「同色3件目の相場」「イリノイ通りに止まりやすい」だの、確率的に/ゲーム論的に考えても色々と面白い所/戦略もあるのですが、それはゲーマーの域なので置いといて。勉強/学習の観点で「これは面白い」と感じる今日この頃です。人を集めて時々飲みながらやったりしています。

巷で「運」「友情破壊ゲーム」とも言われているようですが、このゲームは(今の日本人こそ)やったほうが良いと感じています。

モノポリーは「売り手の心が見えるゲーム(相手の思惑を考えないと勝てないゲーム)」と思います。この考え方は、現実世界での投信販売/ビジネス商品でも同じ。相手が「なぜ売りたいのか?」を自分で考えることで、詐欺/一方的に不利/意図しない商品を買わされる事を回避出来ます(ひいては、納得した上で買う事が出来ます)



昨今(昔から?) 投資信託/ビジネス商品など、「言われるままに『儲かるから』『良いと言ってるから』契約/購入」が非常に多いと感じます。

また、一般に出回っていない商品にも、あまり検討せずに購入している人もいます。一般に出回っていない分「見つけた」感がある、「私だけが知っている」「私はそこらの一般人とは違う!」と特別枠に入ったような優越感があるのでしょうけど、基本的な部分(商品の中身/一般に出回っていない商品特有のリスク/ビジネスモデル/会計)などは検討/確認してから購入を決定した方が良いかと思います。(出す金額が少なければ経験と割り切る、という判断もありますが)

理論的思考で購入するのか、感覚的に購入するかは個人の想いによる所だと思うのですが、プラスの面でもマイナスの面でも、結果責任を負うのは「素晴らしい話を教えてくれた成功者」でも無く、「この商品は絶対だ/ホンモノだ、と教えてくれた友人」でも無く、『あなた』だという点は自覚した方がいいですね。

ここがわかっていれば、下手に他人に流されませんし、失敗しても文句は言えないです。更に言うと、確認するという行為/基礎知識をつける行為そのものが粗悪商品を遠ざけますので、失敗する確率もぐっと下がると思いますし、達成感もあるでしょう。



...と、話が逸れました、そうそう、モノポリーです。

このゲームはそういった裏を考える力が付くのかな、と思っています。

・個人戦ですし、「誰かの言うままに」ぼんやりとやっていても勝てないようになっているので、考えなければいけない。

・「皆でゴール」なんて甘っちょろいものではないので(基本ゼロサム)、勝つために自分で考えて能動的に行動しなければいけない。受動的な考え方で指示待ち/交渉待ちをしていると大抵負けちゃいます。

・プレイヤー(市場参加者)が全て目の前にいるので、買い手と売り手の存在をを意識出来る。(カモ相手に/知らないまま)吹っかけるセールストークも聞き放題(笑) また、相手が何を求めているのか? を考える事が出来て、おいしい話の裏を読んだり、自分主体だけの視点から、その周りの事まで考えることが出来る。同時に「基本知識を知らないまま取引すると、エラいことになる」のが実感出来ます(笑)

・第三者でも取引をけしかける発言をする人も出てくるので、誰がどう動くと得になるのか? など、周りのススメなどについても想いを馳せることが出来る(現実の世界で言うと、商品を勧めるとキャッシュバックが入るなど、サクラについても意識出来る)
(モノポリーゲームでは交渉中は口出し禁止ですが、交渉の外で色々言ったりします。現実に近いのでこれはアリにしています)



「人間不信になる」といえば、否定出来ない部分もありますが、自分の場合、最後は感想会&振り返りをやって消化させるようにしてるので、最後は楽しく皆で飲んでます (^_^;)

と、そういう訳で、モノポリーはオススメのゲームだと思うわけです。自分もまだまだ素人ですが (^_^;)

2011-11-26(22:20)
DVDドライブが壊れた?

何やら自分のマシンのDVDドライブが完全にイカれてしまった模様...何のDVD/CDも読み取らないとか。内蔵DVD-Rドライブって5000円くらいでしたっけ...買わねば。

丁度、使いたいって時に使えないとか!!! (`へ´)

2011-11-25(20:36)
いろいろ

細々とした話があるけど、盛り上げられないので小分けで。

■ウッドフォード氏の記者会見
→中々面白い会見だったとTwitterのTLで見ました。翻訳版もニコニコで流れていたようで、見たかったなぁ...ちなみに全文まとめ記事も出てました。こちら

日本では中継・報道がされてない等聞いたので、見ておいて良いかもしれませんね。色々な思惑があって報道しなかったのでしょうから。

■株式市場
→ここ最近、がっつり落ちてますね、日経平均8,000、ダウ11,000も割れるでしょうか。海外運用の絶対収益ファンドの成果はどうなっているのでしょうか(円建てでね) 最近「追加購入しました」という声を前より聞かないのですが、そろそろ資金切れでしょうか。ベンチマークの下げに対して、「xxは下げてなかった」と言うのも一時期見ましたが、最近見ません。

...ってことで、色々と一過性のものが多いのかなとか思う今日この頃です。目先のトレンドに流されない運用を、って事ですかね。

■TPPとか
→全くわからずです...が、結局日本が何の資源/技術/カードを持っているのかが、TPP参加する/しないの前にあるのかも、と考えています。日本の価値が無いのならTPP参加しようがしまいが、潰れていくだけでは? ...とかモノポリー的な観点で勝手に想像してました。

※物件出回っている中、地中海通り・抵当のアトランティック通り・300$程度しか持ってないのなら、交渉してもしなくても周りで色揃え&家建てされて潰れるでしょうし。ダークブルー2枚揃え(日本で言うなら技術力?)と、抵当オレンジ・レッド物件とか、交渉のキーとなる物件を持っている...とかだったら、やっていけそう、とか。

要は日本独自の長所が無いなら、交渉してもカモられるだけですし、しなくても放置されて周りで供給しあって結局廃れていくのだと思っています。TPPがどうのより、日本を経営する上でのあり方を考えたほうが良いのかなと素人ながらに。(詳細とか全く知らずにのたまってるので無視して下さい。実際には何もわかってません...)

■コーチング? コミュニケーション?
→いまいち「コーチング」とやらの主旨と効用がわかっていません。(「人を育てるための一つの方法」とWikipediaにありましたが) ただかじるのと突き詰めるのとでは、かなり違う? なんて事をぼんやり考えたりしています。

「人に好かれるコミュニケーション」等を聞いてみたり、学んだという人とお話をしていると「相手を否定しない」「褒める」などは良いのですが、結局「相手を否定しない」「褒める」と言う名の「無関心」にしか見えないと感じることが多々あります。

ちょっと以前と違う主張を言ったりしても、褒める/肯定/同調する言葉しか返って来ないことも多々ありますし(自分のアタマで考えてるか?) 時々変なテンションの頷き/同調が返ってくる事も多々。「いいですね、いいですね」とは言うが、結局それを買ったり/調べたり/行ってみたりは一切しない(ホントに興味あるの?)

そんな仮面をかぶったテンプレ型のコミュニケーションでホンネの人間関係って築けるんですかね? もう少し人間味があったほうが良い人間関係が築けると思うのですが。

まぁ、コミュニケーション=コーチングでは無いのでしょうけど、今まで見てきた人は「かじっただけ」の人が多かったのか、そもそもコーチングってのがそのようなものゴールとして見ているのか(前者であると思いますが)

■SNSの見直し
→宣伝目的オンリー、全く絡まないのに商品のオススメ/セミナー斡旋の連絡だけ送る人が多いので、一旦整理に走っています。テンプレ主張/セミナーの案内ばかり...ってのが「あぁ営業だ」って感じかな。まぁ、それになびく人が多いからやっているのでしょうけれど。もっとうまくやって下さいorもっとすぐに貴方の話に感銘を受ける「良い顧客」を相手にして下さいなって事で。

2011-11-23(21:28)
北海道初上陸! リアル脱出ゲーム「人狼村からの脱出」行ってきました!(ネタバレなし)

さて、私は謎解き・ゲームが大好きです。

他の巡回サイトなどで、「リアル脱出ゲーム」なるものが関東で開催されていると聞き、以前から「行きたいなぁ」と思っていました。

...そんなリアル脱出ゲームが、ついに北海道に初上陸!!!

人狼村からの脱出

あなたが迷い込んだのは人狼の村
村人に扮した人狼が、夜な夜な村人を襲う
1人、また1人と姿を消していく村人たち
人狼の牙は徐々にあなたに近づいてくる
真実を見極め、
村中に隠された謎を解かなければ
この村から生きて出ることはできない
あなたはすべての謎を解き、
この人狼村から脱出することができるだろうか


※リアル脱出ゲームとは?

実際に、どこかに閉じ込められてしまい、抜け出す為に暗号・パズルを解いて答えを見つけて時間内に脱出を目指す参加型のゲームです。


先月、これが北海道で開催されていると聞いて狂喜乱舞したわけですが、追加公演とのことで、ついに本日参加してきました。

ネタバレは固く禁止なので書きませんが、一言で言うと「すっげー面白かった!!!」に尽きます! まさに「こんなゲームを待っていた!」って感じです!!!

主催者の方、ゲームを開催してくれてホントに感謝です。北海道は来年も開催が決定しているそうです。関東でしか無いと思っていたリアル脱出ゲームが、北海道でも定期開催されることを祈っています。来年の北海道開催も参加しますよ!!!



ちなみに、今回の脱出ゲーム、脱出率10%と聞きましたが、私のチームは無事脱出が出来ました!
なんと、私が参加した回では、脱出できたのはうちらのチームだけでした! (∩゚∀゚)∩

次もかかってこんかーい!!! いやーテンションあがるね!!!
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング