2012-02-28(18:53)
鎌倉投信 取引報告書

鎌倉投信の口座をひっそり開設し、ひっそり入金して見ました(諸々で書いているので、ひっそりでも何でもないけど)

本日、ハガキが届いていまして、約定価格などがわかりました。個人的には、「eメールで良いのに~」と思ったり。ごくごく少額の投資なので、このためにコストかけて頂くのは申し訳ない。

この上がり調子の時にとも思いましたが、どうせタイミングはわからないし、少額ということで気にせず買ってみました。

基本的に「とりあえずちょっとだけつまんでみるか」という程度で、積み立てるわけでも無いので、アセットの中にも入れようとしてません(投信の主旨は大変共感出来るのですが、鎌倉投信としてのビジネスが回るかどうかは結構冷静に見ています)

他にも被災地応援ファンドなどを少額で買っていたりします。サテライト投資は、こんな感じで少額でちまちまと買ってみる感じになりそうです。

個人的には「怪しい」と思われる様々な話に1万×20個くらい突っ込んで、統計取って検証してみたいんですけどね(笑) 1万で出来るのないし (^_^;)

2012-02-27(20:22)
株式にどこまで求めますか?

「株はダメ、儲からない」などよく聞きます。ただ、株式投資と言っても色々な方法がありますし、求めるものによって、良くも悪くもなるでしょ? と思う今日この頃です。



個々人に得手不得手があるのは当然だし、合う合わないがあるでしょうから、株式投資が合わないのはそれで良いと思います。無理して株式投資をしなくても良いと思っています(投資活動は株式投資だけじゃありませんし)

特ににビジネス/不動産/投資をしたことが無いサラリーマン...(あれ、ほとんどか 笑) 色々な理由から聞きますが、別に合う/合わないという程度で、決定的とも思えないんですよね。

・不動産の方が増えるでしょ
年利10~20%は固く、確実/堅実と良く聞きますが、抱えているリスクの量が違います。資金額の大きさもありますが、特に不動産を相手にする場合は、流動性でしょうか。すぐに換金出来るかできないかのリスクが異なります。株式は流動性が高い分、リターンが低いと考えれば、一般的にはその通りです。(逆に不動産投資は、流動性が低い分、期待リターンも高くなる傾向になるのかと思います) また、確実/堅実に増えると言うのは、ひとえにノウハウだと思います。「立地さえよければ成功出来る」とか言いますが、その立地をどうやって? という所が一番大事なわけで。それを言っちゃったら「当たる番号の宝くじを買えば3億当たる」「株は安く買って高く売れば儲かる」と言えます。

・ビジネスの方が元手がかからないし、10倍に増える
元手は必要なものも、必要でないものもあります。増えるかどうかはそのビジネスモデルと本人の能力次第です。(初期費用が低いだけで、毎月の固定費がかかるビジネスは多々あります。というかその固定費によって、貴方"から"儲けるビジネスの方が圧倒的に多い気がします) 何よりも株式との違いは「時間を使うか使わないのか?」だと思います。

元手がかからないビジネスであるのなら、金融資本はそのままあるわけだから、別に株式投資と同時進行でも別に問題ないんじゃないの? とは思います(これは、株式投資はパソコンの前にいなければ出来ないもの=トレードするもの、という考えが根底にあるからでしょうか。それでは増えないのでしょうかね)

・株なんて損をするからやめれ
当然、損をする可能性はあるので、無理して株式投資をする必要は無いと思います。ただ、インフレによる実質資産価値の減少や、住宅/車/保険等の投資(?)効果(誰も金額に換算しませんが、満足度を金額に換算して比較するなど、やらないですからね...) などとも比較した方が良いと思います。目に見えない損失は多々あります。株式投資は(ノウハウや人脈を得られる等の副次的要素は置いといて)良くも悪くも数字でしか成果が表示されませんので、損の事実を見たくない人にとっては辛いと思います。

年収を上げたり、消費活動をしたり、人脈を作ったり、趣味/家庭に時間を費やすなり。投資=株式投資ではないので、色々と投資すれば良いと思います(浪費はオススメできませんが)



というか、なぜベスト(と思っている投資先)の1つだけに、と考えるのかがわからんです。複数やってもいいじゃないと。



で、株式投資ですが、そもそも「株式投資にどのくらいの利回りを求めているのか?」と言う観点でも、意見が分かれると思います。日本株式をホールドしていた場合の期待リターンは税引き前で4~6%程度のようです(インデックスですが) 昨今の日本株式のリターンは低いので、当てはまらないかもしれません。また、過去のリターンが将来のリターンを示すわけではありません。が、ここから「株式は年20%も増えないからダメ」と言うのはお門違いと思います。現在の株式における期待リターンはその程度のものです。

株式が他と比べて良いところは流動性と、ホールドしたままなら時間がかからないこと、だと思います。(私個人の考えですが「時間を使って利益を稼ぐのは、投資先の会社とその社員。自分が長時間働く必要はないっしょ」と言う考えが根底にあります)

確かに株式はコントロールが効かない点があります、株価の動きは基本的に自分でコントロールできません(実際には「売る」と言う行為で損失のコントロールは出来るのですけどね) また、元本も割れる可能性があります。(一括投資の手法しか知らない方は)大量の資金が無いと出来ない、という意見も聞きます。投信はリスクを取らない運用会社が儲けてるだけだからダメとも聞きます。(これは、まぁそういうファンドも多々ありますが、ハッキリ言っておかしいです。ビジネスや不動産の仲介の奴らはどう説明すんだよ、と)

また、本人のリスク拒否度によって、どのように投資するのかは全く変わります。私の実行している長期投資(長期保有+国内外+分散+積立投資)は一つの投資の形であって、全てではありません。デイトレードなり、テクニカルなり、IPOなり、銘柄分析するなり、色々とあります。



株式投資をダメと思うかどうかは、「自分が何を目指しているのか?」「どこまでのリスクは許容出来るのか?」をベースに考える必要があると思います。

目的に対する手段であるのかを考えて行けば良いのでは。例えば、年収300万円世帯の人が、私の実行している長期積立投資だけを行なって億の資産を作るのはほぼ無理です。仮に億の資産を作りたいのなら、それなりのリスクを追う必要があります。逆に、絶対に路頭に迷いたくないという人は、借金して投資なんて考えられないでしょう。

ですから、100億以上の大金持ちを目指す人に取っては「株式(長期投資)はダメ」だし、借金苦には絶対に陥りたくない人に、借金をして不動産投資や元手のかかるビジネス・FXでレバレッジ一杯のデイトレなんてしちゃダメなわけです。そういう方にとっては「不動産/借金はダメ」なわけです。



どのような投資でも、リターンを底上げする/リスクを低くする源泉は「ノウハウ/能力」だと思います(これは、株式は特に難しいと思っていますが) これが無いまま、夢だけ見ている人が多すぎると思います。(そして、そういう儲け心をくすぐるのが上手い人が多いこと多いこと...)

不動産投資においては立地・物件を見る力だったり、入居者の管理だったり。不動産業者に勤めていた人は強い。ビジネスも営業をされていた方の方が強い。株式だって、その業界にいるか否かで、入ってくる情報やノウハウが異なります。これを抜きにして誰でも儲かる/これが一番、などを語るとおかしくなります。人の能力によるわけで。

私が長期投資をベースにしているのは、「時間がかからない」「自分にはさしたる能力がないと自覚している」「質素でも自由に暮らしたい」という観点からです。

株式だのビジネスだの不動産だの仕事だのとは別に、「明らかにこれは...あかんでしょ」というのが、どの投資にもあります。成功のスピードは遅くなるのかもしれませんが、それをふるいにかけて最低限排除することが、まず考えるべき事なのかな、と思う今日この頃です。

2012-02-26(22:54)
ゲーム三昧な日々

先日、ボードゲーム飲み会を開催しました。

まぁ、基本的に私周りの友人を集めて開催したボードゲーム+飲み会って感じです。

ボードゲームで遊ぶのって、結構難しいんですよね。それなりに人が集まらなきゃいけないし、レベル感も合わせなきゃいけないし(特にモノポリーなどはレベル差が出ますし...慣れた人と初めての人が交じると、手加減しなきゃならない&感覚がわからないってことで、お互い大変です)

以下、諸々遊んだゲームです。ベタなものが多いですが。


モノポリー
IMAG0372.jpg

IMAG0377.jpg
ごめん、マジになりすぎて俺が勝っちゃった。こんなげーむにまじになっちゃってどうするの。序盤でオレンジを揃えられたのが大きいかな。全員一色は経営出来るようにしたかったんですが、中々土地に止まらず難しかったのかなと。所得税と物品税、チャンスカードでカネ払えカードばかり出た方がいて、目に涙でした(笑)

今日はただ遊ぶゲーム会でしたが、交渉などを踏まえた上て、ビジネス的な観点でやると色々と得るものがあると思うゲームです。

ドメモ
IMAG0380.jpg
個人的に超好きなゲームです。1~7までの数字がある中、自分の手牌だけが見えず、他の人の手牌は全て見える中、自分が何の数字を持っているか推理して当てるゲーム。相手を惑わす嘘もつけて、ぷちライアーゲーム気分を味わえます。「読むのは数字よりも、相手の心です」のキャッチコピーの如く、相手の心理を読むのが大事。とは言いながら、一番大事なのは「自分が宣言した数字を覚えておく記憶力」かもしれません。

アンバランス
IMAG0373.jpg

IMAG0374.jpg
昔からある、ベタなゲームですね。頭で考えるのが多い中、こういうのもあって良いんじゃないかな、って事で前日に購入してみました。隣のテーブルでモノポリーをやっていたのですが、崩れる音にビビったりしてました (^^;)

ブロックス
IMAG0376.jpg
家庭向けゲームですかね。とにかくタイルを沢山置ければ勝ちなゲームなんですが、邪魔しあったり、以外な所でタイルが置ける活路を見出したり、奥深いです。

パンデミック
IMAG0378.jpg

IMAG0387.jpg
地球上にウイルスが蔓延してしまって、プレイヤー全員で協力して、地球を救うゲーム。モノポリーのように、プレイヤー間での富の奪い合い・裏切りがないので、ケンカになりません(笑)

写真がぼけてますが、スペシャリストチームの行動により無事地球を救うことが出来ました。このゲームはプレイヤー全員が勝つか、全員が負けるかと言うゲームなのですが、あと1ターンで負け、と言うところでギリギリで勝利出来ました、さすが。

最初はウイルスを舐めていて、後からヤバイ事に気づいてマジ相談し始めたのを見ていて、非常に面白かったです(私は見学でした) さすがプロのチーム、素晴らしい連携でウイルス治療薬を作っていました。

一番の敵はウイルスでは無く、うろ覚えのルールで「xxがカードの中にあったハズ」などと、嘘を教えていた自分だったようです。俺の一言で地球が終わるとか、マジで洒落になりません、反省。

このゲームは中々面白いです。拡張版も売っているようなので、今度購入してみようかと思っています。

カタン
IMAG0390.jpg
ボードゲーム好きな方の間ではベタなのでしょうか。僕はイマイチ勝ち方がわからないのですが、やってて楽しいです。写真は、独占カードを使って、鉄を集めた状態。集まりすぎだろ...

どうぶつしょうぎ
IMAG0389.jpg
将棋の簡易バージョン。かわいい絵柄で、簡単ながらも奥深い将棋でした。なんか、途中で棋譜とか読み上げてましたが、何とも気が抜ける。。。「先手、2Bひよこさん」「後手、3Cきりんさん」(笑)

人狼ゲーム(汝は人狼なりや?)
写真は無いのですが、一番盛り上がったゲームかなと。最低参加人数が9人以上なのがハードル高いです。今回、10人が集まったので遊べました。

これは、狼チームと村人チームの団体戦。誰が狼なのかわからない中で、村人は狼を見つけて処刑、狼は見つからないように村人を襲う... 中々ブラックな怖いゲームです。最初に僕が狼役になったので、うまいこと予言者のフリをして騙しちゃいました。

初回プレイじゃ、立ち回りがわからないゲームだと思います。始めて遊ぶ方に、どうやってコツを掴んで、楽しんでもらえるかがポイントでしたが...杞憂だったようです。これはまたやりたいですね。

「自分、VILLAGER(村人)ですから」がこの日、流行語大賞となりました。自分が村人であることを言いたいようですが...お前ら「VILLAGER」って言いたいだけやろ(笑)

■諸々思ったこと・反省点
・モノポリーをもう一度ガチでやりたい。
・人狼ゲームが思いのほか盛り上がってなによりだ。
・人数が増えすぎても、ルール説明などに追われて回らなくなっちゃいますね。人数多すぎだと注意。
・会場探しが難題。酒飲めて遊べる所ってあまりないのよね...次は自宅かな(基本、知り合いだけでやるからアリかも)
・食べ物/料理の数が少なかったようでした...申し訳ないです。

反省点/改善点もあるので、もう少し楽しんで遊べるように調整してみようと思ったり。次回はたこ焼き等を作って、こじんまりと開催してみようかなと思う今日この頃でした。

TVゲームと違って、対面でやるゲームは表情も間近で見え、相手の事情も分かります。交渉と言う観点でも、相手の都合を考える(騙されない)という意味でも、ボードゲームにはちょっと教育面で可能性を感じています。

2012-02-26(14:20)
コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べin札幌#15

ブログでの告知忘れてました。(前回も忘れてたような)

全国で展開されています、「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」の札幌版が開催されます。

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 札幌#15

■日時:2012年03月16日(金) 19:30~21:30(終了時間は目処)

■場所:だんまや水産 アーバン札幌店 (北海道札幌市中央区南三条西4-11-1 アーバン札幌ビル 1F)

■参加費:4,000円(税込)

■定員:15人


3月のテーマは「投資と保険」です。保険料は人生の出費の中でも高額です。色々と皆さん疑問に思ったり、皆に聞いてみたい事など有ると思います。是非、交流してみて下さい。

今回は、日本経済新聞コラム「保険会社が言わないホントの保険の話」を執筆しております、後田亨さんが参加予定です。
※後田さんも一個人として参加されますので、保険の営業/勧誘等はございません。

今回は、初の平日開催(金曜日)、3/16(金) 19:30からの開催となります。
海鮮料理など、食べ飲み放題のお店を用意していますので、ゆっくりとお話して頂けます。

2012-02-23(20:29)
積立額を減らしました(当初計画通り)

現在の投資について、月額の積立額を引き下げました。

今までは、毎年の貯蓄額を上回る額を投資に回していました(貯蓄分から取り崩し)

別に"相場が回復してきたから"というのではなく、当初想定時のリスク資産投資額に達したため、額を下げました。

これで、無リスク資産とリスク資産の配分はおおよそ想定通りに。これからは、毎月の貯蓄+賞与から積立を行っていくことになります。

※各所ブログを当たればわかるのですが、長期投資(バイ&ホールド)を行うにあたり、手許に既にあるお金を2~3年で分割投資しても、さして効果は無いのですが、気持ちの安定を取り「気休め」と割り切って数年で完成させていました。(手許に既に資金があって投資することが決まっているなら、一括投資の方が効率良いです。それよりも、その時点でのアセットが個人のリスク許容度に収まっているかどうかの方が大事)

今後は気にせず積立ですが、当初計画より投資額は低めに見積もっているので、結果として現金比率が高くなってくると思います。どこかでまた差分を投資(もしくはまたビビって、分割投資で増額?) になるかと思います。




それにしても、最近の相場の回復具合を見たら凄い事になってますね、怖いです。積立脳(?)になってしまったせいか、下がってた時の方がメンタルは安定してた気がします(笑)

これを期にリレー投資等も考えてましたが、まだ生活スタイルが確定しておらず、躊躇なく降ろす可能性もあるので、海外ETF等にはしないつもりです。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング