2012-07-31(18:55)
節約とか、小さい損をしてもいいじゃない、とか。

既にどこでも書かれていると思いますが。

タイトルのようなことを前から思ってます(そう言ってるんだけど、PETは1円節約するためにすごく努力すると思われているようで...なんだかなぁ)

要は数円・数十円程度の損失とかは、頻度が少なくて手間がかかるんなら無理して節約しなくてもいいでしょう、というお話。安い卵探すために一駅歩くとかがまさにそうです。人の資産額や時間単価によって変わるでしょうけど。主婦は時間がある、などもありますから。

ただ、節約するなら基本的に、節約は絶対額の大きいものからが鉄則です。数十円節約はやるけど、大きな買い物で気が大きくなるケースも。(山田真哉さんの本でそういう記述があったような)日々数十円を節約するより、車買うときに1万円安く買う事を考えたほうがはるかに絶対額が大きい。

逆に、成功者・資産額がでかい人などはこの額が大きいので、単純に鵜呑みにして真似すると危険な気もします。

ただ、数円であっても、手間がかからないものであれば、「やらない理由がない」ということでやるべきかなと。手間とリスクがポイントですかね。人によって何をリスクと思うか、何を手間を思うかという点もありますが。



もう一つ、元を取る・一つ一つの取引の損失に躍起にならなくてもいい、とも思ったりします(これは僕も心理的に分かるんですけどね...) 食べ飲み放題とか、定期券とか。損したくないのはあるでしょうけど、数十円程度損するからってあえて無理に行動を変えるのもおかしな話です。こちらも同様に、金額の多寡で考えるべき。

※勝間和代さんの本で「貼る切手は全て80円に統一して、簡素化してる」というのを見たような。それと似たようなもんです。損してもいい部分はいいと。




個人家計などを考えるのなら(企業でもそう?) 単品単品の取引で損得を考えるよりは、月単位で予算内に入っていたか、程度でいいのかなーなんて思ったりしています。個々の取引で無駄があっても月単位でちゃんと枠の中に収まっていればいいのかなと。



節約することに喜びを覚える人(僕もそうですが)もいるので、要は金銭も踏まえて満足度が高ければいいよね、って話でした。(節約しない派の人は、既にそのように考えられているかと思いますが... 金じゃないと言いながら使いまくって、結局お金で困って文句言う人もいますので)

2012-07-30(19:01)
そりゃビジネスは絶対に成功するわ...とか

「成功するまでやれば良い」。失敗したら「そのやり方が悪かっただけ」「次はこうすれば良いだけ」。途中でやめたら「あいつは続けていないから成功できなかった」

そりゃあ、ビジネスが成功しないなんて言えるはずがないんですよね、とか。「あなたも絶対に成功出来る」といえますね、と。

過度な「やる気にさせるトーク」にちょっと嫌気がさしたりとか。



ビジネスを立ち上げる方自身のメンタルとしては、失敗なんか考えたら何もできないのはわかるので頑張って欲しいと思うんですが、ビジネスを指南する人、「あなたも成功できる」って言う人がいうと、どうも煽っている感じがして、あまり好きになれません。

やる気になれば成功する可能性は上がるのも確かだと思うのですが、さすがに煽りすぎって言うのも聞きますし、「否定しない」の名のもとに、うまいこと洗脳されている人もいるなぁと思ったり。



何はともあれ、生存バイアスっていうのは知っておくべきかなと思います。ビジネス指南本が出るのは成功者のみ。失敗した人の指南本は見向きもされない。大量の失敗した人は声なく消えたり、もしくは「成功できない人間の言い訳」と耳を遠ざけていることも多いです。母数が多ければ誰かは成功します。



なんか書き方間違った気もしますが、それでも成功を掴みたい人が、信念を持ってビジネスに打ち込む。だからこその成功した時の大きなリターン(金銭に限らず、達成感とか、自分のものが世に認められるとかも含めて)なんだよなぁ、と思ったり。

なぜ成功したいのか、なぜそのビジネスをしたのか? からかなぁ、と思う今日この頃。

2012-07-22(18:19)
投資も保険も、お店を決めるのは最後だと思うんですが

保険で、「どこの保険がいいの?」という問いに専門家(大抵は売る専門家)が答えるケースを聞いたことが何度か(何十回か)あります。

この問いを聞く側、答える側の話を聞いていて「お店や商品より先に検討する事項があるんじゃないの?」と思うわけです。

「どの保険がいいの?」に対しての答えが「どのくらい、必要かを算定する所から始まってですね」という回答がもう少し増えてもいいんじゃないかな~と思ったりする今日この頃。(いえ、「一概には言えません」としっかり答えている方もいるので、色々な人がいるなぁ、と思うだけですが)



資産運用をする上の基本でもそうですけど、いきなりインデックスファンドや直販ファンドにたどり着くのではなく、資金と取れるリスク(額・率)から、アロケーション決めて、最後に商品、どこで買うか? に落としこむはずです。

暴論・安直かもしれないんですが、保険って「いつ」「いくら」必要かを考えて(ここはコンサルが必要か?)、それに合う商品をリストアップして(ここは営業が必要か?) その上で、保険料、会社の信用度、サポートを決めて加入する、でいいじゃないと。結構、最初の環境・意向さえ調査してしまえば、機械的に決まるもんかなーとか思ったりしているんですが... 評判とかお得だとかを先に考えるのがおかしいのかなと。

営業を挟んでお店とのやりとりから始まっても、まずはこっからでしょう、と思うんですよね。

何よりも、「どの保険がいいの?」の時点で、「保険に加入する」というのが前提になる論調があまり好きじゃないんですよね。リスクの回避方法は移転だけじゃないでしょう、と。



なんだか最近、ネットライフ生命ライフネット生命の安いとか実は高いとか、売り方がウマイだけだとかのお話が出ているみたいなんですが...どうやらPETは「安さが全て」「ネットが全て」と思われているみたいなので、一部の方からは「ライフネット生命万歳だと思ってるぜアイツ」と思われているようですが... 特に何も思っていなかったりします。

保険としての必要額を見積もって、それに合致する保険を片っ端から見積もって、安い所+αを見て契約すりゃあいいだけでは...とか。


+αの部分、保険会社の質や金額だけでは見えないサポートがあるのはわかります。いざという時はゴネて保険金払わないとか、対応が悪いとか、すぐに保険金が降りないとか。ただ、それってリスクへの対処を考える上で、最初に考えることじゃないよな...と。



少額な保険だったらいいんですが、トータルで大きな支払額になる保険だったら、なおさら順番考えて検討した方がいいよなぁ、とかぼやいてみました。

2012-07-21(21:56)
家計管理が杜撰に

最近、どうも油断しているのか、家計簿とお財布の中身が合いません。半月くらいで、5千円を超えるズレ(減るだけでなく、増えることも)があるので、何か色々ルーズになっているみたい。

別に家計簿の数字を合わせることが目的ってわけでもないのですが、5千円を超えてくるとちょっと問題です...増えていても減っていても。

レシートがあるものは問題無いのですが、そうでないものでなんとなく皆で払うとかのケースだと色々とズレてしまうようです。

何か対策を立てなければ...

2012-07-18(22:03)
ボケてきたか

最近、どうも頭の回転が悪すぎ&物覚えが悪すぎて...何か解決策ないだろうか。

全く頭に入ってこないというか、情報と情報が繋がらず...ボケてきているのかもしれません。

年? それは早すぎる... (-_-;)



知識が無いとかじゃなく、完全に頭が追いつかない感じ。ヤバイな自分...
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング