2012-10-28(13:44)
東京証券取引所+YOUニッポン応援全国キャラバン 参加しました

東京証券取引所+YOUニッポン応援全国キャラバン
「ニッポンの未来を拓く日本株投資の魅力」


参加してきました。草食投資隊のお三方が講演されました。



簡単にまとめと思ったことだけ。
→の部分はコメントです。



■レオス・キャピタルワークス 藤野さん

・経団連会長・副会長のグループ銘柄はさして良くないパフォーマンス
→派閥というか、こういう会長類は出来レースで決まってる感じはしますね...

・投資家自身が文句を言って社長を変えさせるなど
→モノ言う株主なども過去話題に上がっていましたが、ちゃんと経営にモノ言うべき姿勢が大事ですね。保有割合が低い小口投資家でもしっかり言うべきことは言うってのが大事かなと思いました。

・東証2部指数の成績は過去10年で+32%
→東証2部もインデックス作って欲しいとこの前FBで呟いた気がする...

・四季報で良く出ていた単語が「最高益」のフレーズ
→思っていたより、ちゃんと利益を出している企業が日本にあるんですよ、ということですね



■コモンズ投信 渋澤さん

・日本は30年スパンで破壊と成長が繰り返されている
→次の30年に期待。というか、季節と一緒で、巡り巡るもんだとも思います

・自分のためだけじゃない、子供・孫へ
→投資を自分だけじゃなく、家族、一族という範囲で考えるのは良いこと


■セゾン投信 中野さん

・日本と米国の比較。投資額が少ない、短期売買が多い
→ファンドの生存期間が圧倒的に短いというのが日本の特徴。人口の違いなどもあるのでしょうけど、投信を手数料目当ての使い捨ての道具に使っている印象があり、それを許しているのは投資家自身とも思います

・預金と投資
→今回、一番納得、というか自分のモヤモヤしてた所の解決ができてよかったです。「投資が良い、悪い」「預金が良い、悪い」という観点で、「投資は良くて預金はダメ」みたいなフレーズを過去に聞いていました。

が、その根幹は「今の銀行は、国債ばかりをかって企業に貸し出しをしない。国債を買った国はまともな事業に投資しない。だからそんな所にお金を置いていてはダメ」というロジックを説明して頂いたのでスッキリしました(自分が過去に思っていたことと一致していました)

要は、「ちゃんと有効活用する所にお金を流しましょう」ということですね。銀行や国が、今は(昔はよかったが)大した所にお金を流さないから、直接金融である株式投資の役割が重要である、という事ですね。




懇親会もありまして、楽しい時間を過ごせました!

2012-10-26(00:04)
コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 札幌 #22

毎月恒例、コツコツ札幌の集まりです。お金や投資のコト、気軽にお話しませんか?

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 札幌 #22

来月は、会議室開催です。会議室と言っても重役会議をやるわけじゃなく、お茶菓子と共にゆるくお話しましょうというスタイルです。(休憩室で、お茶菓子を用意しているので、気軽に色々喋りましょう! という雰囲気です)

参加費もワンコイン(500円)と安く、気軽に参加出来る場となっております。

詳細は以下です。

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べin札幌#22 【詳細】
■日時:2012年11月10日(18:00~20:00(終了時間は目処))

■開催場所:札幌エルプラザ 大研修室B
(札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ4F)

■参加費:500円

■定員:20人

■締切:当日参加OK(出来るだけ、事前の申し込みを)



そして、、、今回は私は諸事情のため、不参加になります。ですが、代行で開催して頂ける常連の方がおりまして、開催することが出来ました(ありがとうございます!)

これも、コツコツで広がった輪です。感謝と共に、今後もこういう繋がり、交流の輪を大事にしていきたいと思います。


申し込みはこちらからお願いいたします。
コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 札幌 #22

2012-10-25(23:38)
数ヶ月分のフローを

こちらのブログ記事を見て思ったことがあります。

投資の第一歩はまず30万円の貯金から


世の中? 「あるから使え」っていう人は沢山いるので、そういう方はいくら貯めても使ってしまうかもしれません。ですが、直近数カ月分の預貯金があると、全体的に細々としたお金が浮くことになります。精神的にも、時間的にも、金銭的にも良いと思います。

1~3ヶ月分生活費分の預貯金額があるまま生活すると、精神的に慌てることなく、何かと細々としたお金が浮きます。思いつくのは以下でしょうか。

■銀行・ATMに並ばなくて済む
直近の生活費に困っている人は、給料日にお金を下ろしに行き「ATMが混んでいて昼休みが...」というお話を聞きます。直近の生活費もカツカツな人は、ここで多くの時間を使ってしてしまいます。逆にストレスは溜まります。

■ATM手数料がかからない
なんにせよ、「今すぐお金が無いと!」という人は、多少の手数料を払ってでも、すぐに下ろさざるを得ません。

今でこそ、ATM手数料無料の銀行がありますので、さほど困らないかもしれませんが(それでも給料振込み先をメガバンクにしている方は多いと思います)

私は、ATM手数料無料の銀行が無かった頃は、家に10~20万をタンス預金していました(自宅銀行と呼んでいました) 土日にも手数料がかかってしまう時代でしたので、時間に余裕がある時にまとめて10万単位で下ろし、原則自宅からお金を下ろす行為をしていました。

数百円の利息を稼ぐのに数百万を1年間預ける事が必要な時代ですから、ネット銀行が無い人も、少額のタンス預金なら良いと思います。(家庭の事情などはあるでしょうけど)

■商品券、プリペイドカード
札幌では、ですが、地下鉄やバスを乗る方用に「ウィズユーカード」「バスカード」があります。これは千円・五千円・一万円がありますが、一万円だけ、11500円分使えます(単純に言うと15%利回り。千円・五千円では10%) 1年で数万円以上、公共交通機関を使う人は、長い目で見れば得をするはずです。直近のお金があれば、目先の「財布に一万円が無いから、切符を買う」という事を考えずに、購入ができます。(プリペイドカードは、紛失リスクもありますが...) 商品券もプレミアムがついていれば、同様の考え方になります。

100万未満の資金で、多少高い定期預金利率を探すよりも、十分に高い利回りが確保できます。

■突発的な冠婚葬祭
皆さん、お金が無い状態で冠婚葬祭があった場合、どうしているのでしょうか。消費者金融でしょうか。30日以内は無利息なども良く見ますが、こういうところに駆け込む必要もありません。

■安い時を狙える
やや高価な商品でも、安い時を狙って買うことができます。「安いのに今手持ちが無いから!」という機械損失を回避できます(最近ではカードもありますが、日々の生活費がカツカツで、クレジットを使うということは、リボ払いで高い利息を払うコースでしょう...)

数万円クラスの家電など(掃除機とか?) は手元に資金があることで、安い時にチャンスを掴む事ができます。




パッと思いついたのはこのくらいですが、多少のお金があることで救われる時間・お金・メンタルなど沢山あると思います。

まさか、「預貯金はダメ=数十万円すら持ったらダメ」って考えの人はいないでしょう。直近数ヶ月分の預貯金は円滑に生活するために、役に立ってくれます。



なお、こういう数百円単位の積み重ねと生活習慣が、更にお金が溜まり、これが数百万になったら、もっと多くのお金が浮くことになります(骨折で数万円降りるだけの特約、低額な保障を外すとか。あとは利用料の年払など。年金などもそうですね)



小さい話ですが、金持ちは更に金持ちに、貧乏はさらに貧乏に、というのは、小さい金額からでもある話だな、と思います。

2012-10-22(19:21)
株式投資と投機

投資でも投機でもどっちが悪いとかいいとかじゃない、って事を伝えた上で、なんですが。



FXはゼロサムだから、利益を生み出していないから、奪い合いだから投資じゃなく投機なのでは、という話を聞くんですが(私もそうだと思っていますが) 株式投資において、企業本来の成長・利益以上のキャピタルゲインを儲けた部分・行為も、投機に当たったりする? と思ったりしました。

株価は、常に企業と同等の価値じゃないですし、期待や価値観、予想の違いが含まれる分(これはFXでもそうなんですけどね)ブレはあると思いますが。

企業が儲けた利益率分までは、企業の成長における利益分配なので投資として、それ以上の株価のブレに対して利益を得る行為は投機...と考えて良いのでしょうか?(要は企業利益を上回る分については、参加者間で利益の取り合い)

こういう形で利益を得ていたら投資(インベストメント)というより取引(トレーディング)という枠組みに入るから別ですかね(この境目も非常に曖昧な気はします)



結局本来の企業価値以上の分は、結局は価値観の違いによるもの(奪い合いと言っても同じ気がする)と思ったのですが...



余り気にせず「その値段で買う人、売る人がいるのだからそれでいい」なのかもしれませんが、この発言がビジネスになるとどうも胡散臭くなるなぁ、と思う今日この頃です。

2012-10-19(21:53)
αは十分に取れそうな予感だけはする

いつもどおり、ただのボヤキですが。最近更新ストップ気味ですので...

株式市場でαを狙うのは、ホントはできそうなのかもね、と最近思う今日この頃です。

ただ、自分が出来るかというと出来ると思えませんが。

ルールの変化についていかなければならず、幅広く深い知識やノウハウが必要だと思いますが。

誰かが、市場の歪みをいち早く修正するので、誰かはαは取れる?(コストに勝てるかどうか?)

ただ、流動性が高すぎるので、ちょっと大変だよね...とは思っています。やっぱり流動性の高さが儲けるチャンスを減らすのかな、と。




最近、ちゃんとした更新全くしていない気がする...
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング