--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-30(23:19)
家計簿で家計を把握しよう(PETの場合)

過去何度かお話しているのですが、私は家計簿をPC上のデータ&簿記形式で付けており、四半期に一度、自分決算を行ってB/S、P/Lをまとめています。

丁度今日はその四半期決算日。これから少しだけ作業が入ります。(実際には明日なんですがね)

仕事じゃあるまいし、そんな面倒くさい事をやるのか? 主な理由はなぜか? 私は以下のような理由で行っています。



・純資産額、収入/支出額の予算と実績のズレをチェックしたい

・証券投資の評価損益額を把握したい(四半期毎/投資開始時点)

・せっかく覚えた簿記を忘れないよう身に染み込ませておきたい

・過去、使ったものについて、記録を残し、振り返りに利用したい



家計簿はつけるべきか否か、という話題も時々あがっているのを見ますが、それぞれ好みやスタイルがありますから、自分のやりたいようにやれば良いと思います。

面倒な方は、貯蓄したい額を天引きして、残りは使う、などでも良いとは思います。(何度も言うように、それぞれ好みやスタイルがあります)

家計簿を付けずに家計を把握出来ず後で困る事態になったり、家計簿をつけることが目的になって時間を多く使ってしまったり、そのような両極端は良くないと思います。程々に付き合うべきです。

家計簿をつける事自体では確かにお金は貯まりません。が、記録はデータとして残ります。支出の変動を知ることが出来ますし、資産額増減の推移なども知ることが出来ます。

投資商品の成果は、過去の実績が未来の実績となるかは不透明ですが、家計は過去を見て自ら改善することは出来るはずです。



私は、家計簿を付け、データに残すことで、様々な振り返りが出来ました。

収支の増減や貯蓄額の把握、残業代の把握、特別支出(という名の毎月経常的に発生する支出)の額、突発的収入の額などは記録されているので後から把握が出来ます。

簿記形式ですから、クレジットカードで買おうが、現金で買おうが、商品券で買おうが、「費用/資産」or「費用/負債」の仕訳になります。費用面で使った支出を考えられます。要は、財布に10万円あろうが、100円だろうが、カードだろうが現金だろうが、使った費用で判定出来るということです。

また、お金以外に、一例として「数年前に購入したと思うシェーバーの外刃、交換時期かな? いつ買っただろう?」なんて思った時も記録を追えばわかるわけでして、替刃検討時期を検索出来たりするのは重宝しました。不精な私は、「前回散髪いつ行ったっけ?」というのにも検索したりします。

家計簿じゃなくても残せるものもあるかもしれません。が、お金の管理と共にこういうメモも取れますから、セットで記録を取ってしまえと思っています。

資産を管理する目的とは別に、付随して色々な効用はあるでしょう。(一番の目的は家計を把握しようという意識が生まれることでしょうか)



さて、偉そうに(?)「簿記形式で~」などと言っていますが、簿記など覚えんでも、最近のマネー管理ツールは、現時点での資産額や負債額がわかるB/S(バランスシート・貸借対照表)、一定期間内での収入や支出が分かるP/L(損益計算書)が、かっちょいいグラフで見えるようにできているものが多いです。

基本お財布の増減だけ入力さえしていれば、グラフィカルにデータを表示/分析することが出来るようです。さすがIT革命から10数年、便利な世の中ですね。

私も、いくつか試してみたのですが、今ひとつ自分が目指すベストチョイスが見つからず、決めあぐねています。

それでも、「マネーフォワード」というサービスが、自分が思っているのと近い事が出来るかなと思い、更に見た目もカッコいいので使いたいと思っていました。

ですが、検証当時、ちょっと私の使い方にマッチしない所があり、利用を見送っていました。クレジットカードの扱いがしっくりこなかったの見送っています。

(クレジット仕訳を入れた時、すぐに引き落とし口座からマイナスされるのがちょっと嫌、というだけ。今は仕様変わっているかな・・・) また、私の利用している地銀が対応してないのもちょっとマイナスです。

それでも、少し前に独立系投信会社もいくつか対応がなされてTwitter上で話題になっているのを見かけましたし、色々対応も早そうかな、と思っているので期待しています。

利用ありきでさっさと使えば幸せになれるかもしれません。人に合わせてシステムを使うより、システムに合わあせて運用を変える方が、とは思うのですが...いずれ改善するだろうと思って気長に待っています。ベストにならないと完全移行しないフットワークの悪さは、PETの悪いところかもしれません。



頑張っているのにお金が貯まらない、と嘆いている方は、一旦デジタルに記録を付け、家計を把握した方が良いのかな、と思う今日この頃です。
スポンサーサイト

2013-09-29(17:15)
コツコツ投資家がコツコツ集まる会 in 所沢 #14 参加しました

今日は、コツコツ投資家がコツコツ集まる会 in 所沢 #14 に参加しました。

8名の方が参加されており、うち1名が初参加のようでした。料理も美味しく、たっぷり2時間(+α)お話お聞き出来ました。



話題メモです。

■自己責任の原則。これは投資損益だけを言うのではない。メンタルなど、私生活への影響も自己責任。

■リスクの文言説明はするが、どういう時にリスクが発生するのかをセミナー等で言うべきだし、投資する側は考えるべき。

■個別株など検討する時、どういう時に値上がりし、どういう時に値下がりするのかを把握するのは大事。円高/円安然り、災害なども然り。(要はリスクの把握)

■分散投資の説明で、卵を一つのかごに盛らないという話が出るが、分散していれば大丈夫ではない。転んだら卵は幾つかは割れると言う事実がある。(分散投資は損をしない方法ではない)

■理論と実体験の違い。数字の上での損失額許容と、実体験での損失額許容は違う?

■どの投資方法が良い/悪いはない。自分にあった投資方法を見つけることと、何よりも自分で考えることが大事。

■仕事をしていれば、その業界がわかる。業界がわかれば投資する上でも判断する材料/ノウハウが増える。(インサイダーに注意)

■必ずしも投資をすぐやらなければいけないわけではない。勉強してからやる選択肢もある。最初に少額買うだけで、勉強してから乗り出すのでも良い。

■MONOQLO記事でブロガーさんが掲載した某金融商品の記事について。

■某ブログの記事について。なぜインデックス投資批判になるのか、そこまで他の投資を批判している声は少ないハズなのに。

■インデックス投資への批判が来るのは、インデックス投資家が低コストしか言わないから?

■某ワインファンドについて。利殖に使うのはチョット違うのでは。楽しむために投資する、同好会のような出資の形は良いと思う。

■世界経済が、このまま成長し続けるのか疑問視というお話も。

■地域活性化、地域の中で経済を回していく動きがあっても良いのでは。少しずつ行われている。

■日本株式市場が低迷している原因と対策。労働生産性を上げていくのが大事。

■日本株式市場を悪く言うのは構わないが、そこからどうやって回復させていくかなど、対策を考えるのが大事ではないか。

■スウェーデンなど、海外と比べてどうか。新陳代謝を高める。ダメな所は潰して、成長する所に資金を流す。

■一次産業、二次産業が大事。



新しい観点でお話聞けたかなと思います。日本株式市場のお話、どう動いていくかという点はもう少し考えるべきかな、と思いました。デジタルな視点も必要だと思いますが、本来はモノ作りなり生産するなりの活動が必要なわけですね。

1テーブルで全員が話題を共有というところは凄く良いと思います。次回もお話聞きたいなと思いました。

2013-09-26(20:00)
コア・サテライト戦略 追記

ちょうど記事を書いていたら、コア・サテライト戦略のお話が吊られた男さんの投資ブログで書かれていたので、ちょいと気になりました。

いまいちコア・サテライト戦略のメリットがよく分からん

そんなバラ色戦略じゃないのは同意ですし、バンガード社の説明は盛り過ぎな感じはします。複数の戦略を混ぜているだけとも言えますし。



気が向いたので、もう少し思った書いておこうと思った。思った時に書かないと、ずっと放置してしまう...



コア・サテライト戦略。個人投資家レベルで考えるならば(運用機関としても同じでしょうか) 本筋となる運用方法だけでは物足りないとか、自ら探してより高いリターン狙えそうだ(けど、自信はそんなに無い)というものに少額だけベットするという事なのかなと思っています。

投資金額・割合としては「コア>サテライト」でしょうから、サテライト部分は少額になると思います。サテライトの方が多かったらそれ既にコアや。

個人投資家視点で見て、サテライト投資を実施する目的は、主に以下なのかなと思います。



・自分の予想に対してベット(でもリスクが大きい/自信はそんなに無いから、投資範囲は考慮して少額でベット)

・戦略の検証(経験/ノウハウを取得するための行動) 買わなくても値動きは確認出来ますが。実体験として重要と考える人も

・コア戦略だと保有対象外になるけれど、持ちたいものが他にあるからその理由(逃げ道)として(優待銘柄、ポリシーに賛同など)

・新しい商品をお試し購入、値動き確認してみたい

・退屈だからなんかやってみたい、手持ち無沙汰

・付き合いで持っている必要がある



書いていてなんですが、これ全部サテライト投資の範疇なんでしょうか。戦略の無い投資は別モノでしょうかね。

また、色々混ぜ過ぎたらインデックス化してしまうので厳選すべきだとは思います。固苦しい、息苦しいから少しバッファを持たせて楽しむという面が、個人投資家が行う点では強いのかな、と思います。



前回「基本軸となるコアをインデックスなり他の戦略でどっしり構えておいて、積極的に狙いたい部分はサテライトで運用」と書きましたが、運用方針決めた時のものからどっしりと構え、安易に戦略変更しないものをコア、感情や想いを入れてやってみたいものをサテライトで、という方しっくりくるのかな、と思いました。



で、結局のところ、実績のリターンが上げられるのかは、投資理論をどの程度信用するかに寄るかと思います。疑問っちゃ疑問です。特にインデックス投資を良しと思う人は、αを狙う方法には安易になびかない気がしますので、趣味/娯楽的な扱いに入るのかと思います。



結局、インデックスを上回り続けられる運用方法があるか? の話になりそうな気もしますが、あまりそこを話するつもりはないです。

2013-09-24(20:17)
守りの運用と攻めの運用(コア・サテライト戦略)

インデックス投資家で、本当にインデックス投資のみという方は少ないと思っています。

個別銘柄も保有/売買していたり、アクティブファンドも保有していたり、タイミング投資を資産の少額を割いて入れている方も多いのではないでしょうか。(私が今までに投資家さんから聞いた感じですと、色々されている方、半数以上はいました。私も日本株式クラスは個別株で保有しています)

アクティブな投資家であっても、贔屓するファンド1本だけに集中している方もそんなに多くないと思います(バランスファンドなどで保有している方もいると思いますけれど)

別に銘柄や戦略を1つに絞る必要もないのですよね、と言うお話です。



運用を考える時、全て1つの戦略で行くのではなく、大きく攻めと守りに分けて考えるやり方があります。

「コア・サテライト戦略」といいます(私は、I-OWA 岡本さんの著書/セミナーでこのやり方を知りました)

個人投資家のためのコア・サテライト戦略

運用の中核となる守りの部分(コア)と、積極的に運用益を狙いに行く攻めの部分(サテライト)の二本立てで行うやり方です。

基本軸となるコアをインデックスなり他の戦略でどっしり構えておいて、積極的に狙いたい部分はサテライトで運用、という形が、色々とやりたいことも出来ますし、しっかり資産形成も出来るので、無理なく資産形成・運用が出来るのではないか、と思います。



追記で。

ブログなどで記事を書くとき、記事は何かの話題についてトピック立てて書いているわけですから、その1エントリだけでその人の運用方法やポリシーがわかるわけではない、ということですね。最近そういうの見ますから。

2013-09-23(17:21)
第2回k2k2ダービー出ます

rennyさんのブログ「rennyの備忘録」にて、第2回k2k2ダービーを行うとのことで、エントリーしました。(多分エントリーは届いてるはず)

順に内容が公開されるとのことで、いずれ出てくると思います。今回はベタに自分の運用方針を反映させました。

前にも書いた気はますが、期間は半年ほどと、長期投資から見ると非常に短期間ですから、ここでの運用結果が良かった/悪かったということで、ポートフォリオ自体の良し悪しはあまり下せないとは思います。ゆるい気持ちで参加です。

色々とルールに制限がついたみたいですが、前回、毎月購入する商品を次々と増やしていった人がいたからでしょうか。 (´・ω・`)

ディーラーが大変なのはよく分かります。

今回は、賭ける側の事を用意したりしないんですかね。あまり予想当てる等行うと、短期的な値動き目線になるからやらない方が良いのでしょうか。とぼんやり考えます。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。