--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-28(22:53)
タブレット購入を意識→ここからが長い

私はどうも、「買おうかな/これは本格的に欲しいな」というスイッチが入ってからが長い性格でして。特に数万円以上のものは、長いです。特にモノとして残る購入は気にする性格。

今のスマートフォン(厳密にはその前)も、1年間自分ベストを調べて待って買ったわけでして、自分はそういう購入スタイルということなんですね。「これだ!」ってのが無いとちょっとね・・・



そんなわけでタブレット。

先日から色々と調べつつ、他の人のモノを |д゚)チラッ っと見たり触らせて貰ったりして、なんとなく方向性定まってきた感じが。ここから自分ベストを探すのが大変。コンパクトで手軽に持ち運べて、パソコン代わりに使えてカタカタ打てる形のが欲しいんです。



【用途】

■家で寝ながら利用、外に持ち歩いて利用想定。ビジネスでは使わないけど、勉強会とかでメモをささっと取りたい。今や手書きよりPCのほうが断然速い。

■ネット/メール/ブログ更新/SNS利用がメイン。動画は特に保存して持ち歩かないのでWebから見れれば良い。

■ノートパソコン代わりにも。作業的なものはGoogleスプレッドシート使えればいいや。

■キーボード/マウス取り付け出来る形必須
 →これは出来るでしょ・・・?

■プロジェクターに接続出来るようにしたい(PowerPointとか、変換してもいいから映したい)
 →いずれ勉強会とかでプレゼンしたいのもあるので。Nexus7はこれがなんか出来ないようでしょんぼり。
 今ネット見る限り、iPadくらいしか選択肢ないような気もした。ここ切り捨てるかどうかがポイントかな。

■Googleの狗(Chrome/Gmailなどなど)なので、それらと親和性求む。使えればいい。
 →これだとAndroidになるのかな



【スペックなどなど要望】

■容量:16GBで十分。

■メモリ:2GB以上? デザインより速度と快適さ求む。ヌルっと動けばOK。

■ネット:Wifi接続のみで。スマホでテザリング出来るからOK。通信できても、これ以上の固定費は嫌い。

■解像度:11インチの大きさ必須と思ったけど、7インチ程度でも解像度が1280*1024以上ならOK。自分まだ若いので小さくても文字は見れる。
 →だけど7インチだと合うキーボードが・・・7インチカバー&キーボードは小さくてキー配列が気に食わないのばっかりだった。

■重さ:本体のみで700g以下程度。

■キーボード:持ち運び出来る奴必須。タッチ感必須。キーの大きさはそれなりのが欲しい。スタイリッシュに持ち運びたい。

■予算:本体/キーボード/カバーを含めて5万以内。だけど、完全なる自分ベストが見つかるなら5-7万でもOK。



まだまだ考慮不足で要求増えるかもですが、こんな感じで考えてます。

今のところ、新型Nexus7、iPad mini Retinaディスプレイモデルあたりなのかなとパッと調べてみていますが・・・

仕事などに必須ではないので、気長に探してみる事にします。この調子だと、買うのは来年かな。妥協するならかなりのものを妥協して、一世代前のタブレットを安さのみの観点で買うと思います。

2014/02/02追記:こちらが良さそうだと思い、詳しく調べています。


スポンサーサイト

2013-10-27(20:24)
投資哲学/運用哲学を学ぶセミナー聞いてきました。

投資哲学/運用哲学を学ぶセミナー聞いてきました。

鎌倉投信の代表取締役社長 鎌田さんのお話です。実は鎌田さん、お会いするのもお話を聴くのは初めてだったんですよね。ポリシー持っている方だなぁと思いました。

以下、拙いですが、メモ
→矢印部分はPETの感想などなどです



■どういう思いを持つ会社か?が大事
→理念が大事ですね。

■業界の常識を疑う事で、突破口がある(利益ベースじゃなく)

■会社を作るのに理念など半年熟考。なのでブレがない。やり切るという思いを持った。
→まずやってみろ、という意見もよく聞きますが、実際に「なぜやるか?」をしっかりポリシー持っている人は強いと思います。あれこれブラッシュアップしているのだと思いますが。

■口コミで現在純資産60億
→徐々に増えていますね。あまり買っていなくてすみません。

■社会的に価値を創造する会社に投資。どうあるべきか?

■今の時代では、価値を出し社会貢献しないとダメ。
→昔とは違う時代になってきたのかと思います。

■本来セミナーではいい会社のメッセージを伝えているが、実際は結果に非常に拘りを持っている。
→運用責任者の新井さん、この辺りは非常に強い思いがあるとのこと。

■鎌倉投信本社。自分の思いを表現する場所なので、この場所に
→古民家。今回来たのは2回目でした。

■政府は税金から再配分。銀行は預金から再配分。だが、今は仕事していない。なので、私達が意識を持ちましょう。
→個人から動いていくのが良いと思います。結局自分たちで当事者意識持って動くしかないですね。

■鎌倉投信の投資信託「結い2101」
 「公募」「投信」「直販」

■投資リスクというのは、自分が何に投資しているかわからないこと。直販という形で、目に見えない金融商品を肌で感じてもらう
→鎌倉投信さんが投資先の社長さんとも会ってお話するという点もそうですが、直接会って感じ取るのは大事ですね。見える数字もあるけど、それだけではなくてね。

■京都で受益者総会。600人参加。社長にお話頂いたが、業績などではなく会社の想いを伝えている。

■社長に必要なもの:使命感、謙虚、人に対する関心の度合い、勉強熱心、現場主義

■いい投資は人格を磨く
→すみません、私の人格歪んでます。

■投資は値動きを追うものではない
→そう思います。懇親会でも言ったかもですが。取引システムがネットで出来るのは便利な反面、短期的な売買マネーゲーム担ってしまっている気もします。

■鎌倉投信の投資哲学
 投資哲学:投資は「まごころ」であり、金融は「まごころの循環」である。
 いい会社:「これからの日本にほんとうに必要とされる会社か否か」

■リーダーたちの生き方
 圧倒的な努力
 人の喜びを自分の喜びに変える
 今 ここ 自分 →何をなすかではなく、なすべきことをどう心で捉えるか



文章下手、伝え下手な自分がアレコレ言うより、HPみたり、各地での説明会などでお話聴くのが早いと思います。

鎌倉投信ホームページ

2013-10-26(12:38)
Fund of the Year2013と投資詐欺などの話題雑記

最近どうも、書く気力が失せていて、っていうのを2~3回繰り返している気がします。

1つの話題にまとめて色々書く気力が失せたというか。今はゲームやってるのが楽しいというか。所詮はタダの凡人ですから。

最近気になった話題等など。


■投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013

今年もあります。個人投資家側から良いと思える投資信託を選ぼうというイベントです。

2~3年くらい前から投票させて貰っています。今年も投票するつもりですが、今の体たらくブログが投信ブロガーと認識されるかということが一番心配です。

特段新しい商品を追うわけでもなく、気ままにやっているので最新の情報はあまり知りませんし・・・

あ、「eMAXIS新興国リートインデックス」が出るようですね。

ただ私の場合、REITってどうも食指が動かないのです。なぜだろう。物的財産を証券で持つ事に何か思う所があるからかな。資産が少ない個人弱小投資家は証券で持てる点がメリットだと思うんですけどね。



■ビジネスやら投資詐欺やらうんたらかんたら

なんか、良いビジネス・経営者が沢山いるのはわかるんですが、それ以上に変なビジネス・経営者も透けて見えるわけでして、どうにも距離を置きたくなる今日この頃。

あと投資関係のお話も、お金に関する事は簡単に人を信じちゃダメだって。

何十年生きてきたかわからないけれど、あなたに本当に人を見る目があるなら、本業で人事やってればそれなりの成績出せるんじゃないの?(投資では違ったセンサーが働くんでしょうか)

なんで数ヶ月ちょっと話聞いた程度の人に感銘受けて「この人は本物だ!(何が本物?)」と信用して契約してしまうのか。(→後から後悔するのか)

いくら悩んでもいいけど、最後にお金出す所はキッチリ考えて、投資先が破綻しても自分の生活が破綻しないようにしないと。



うーん、綺麗にまとめる・読者に提供という事を考えないとスラスラかけるってことは、やっぱり自分本位なんだと思う今日この頃です。あと、言い捨てで逃げる面倒くさい輩は相手にしたくないってのも、モチベ下げてる原因かも。

2013-10-20(14:20)
「質問ストーミング」の勉強会参加しました。

先週になりますが、10/12に勉強会に参加しましたので、参加メモです。

10月12日の勉強会お疲れ様でした!

IMAG0866.jpg


最近はあまり真面目に頭を使う機会も少なかったため、こういう会で集中してしっかりと考えて勉強する事でネジ巻き直せた気がします。

脳みそは使わないとボケる・・・やることのレベルが高いのは主催がドSだからでしょうか。

実行動に移さないと効果割減なので、どこかで使おう。



さてさて、今回は「質問ストーミング」というテーマでの勉強会です。

「質問ストーミング」とは、テーマに対して、解決方法を出すのではなく、数々の「質問」を考えていき、質問を出しきった後で内容を取りまとめ、その質問に対して答えを考えていくという手法のようです。

解決策や不満点、改善点を出すのは後、というところが他と違うやり方、のようです。



今回は、「町の本屋を救え」というテーマで実施。

Amazonによるネット販売、大型書店の進出によってバタバタと潰れていく小さな本屋。この本屋の経営改善、救うにはどうしましょうか、という事を考えて行きました。



まず最初に、模造紙に、付箋でペタペタと質問を貼っていきます。質より量が大事のようで、あまり考えこまないで数を出していくのが大事ということ。

実際やってみると、いざ質問を考えるのは意外と難しく、「さあやれ」って言われると出てこない。

それでも、誰か一人が質問を書けば、そこから何か広がって新しい質問が出るので、複数人でやると相乗効果が出ましたね。

IMAG0867.jpg
ペタペタ、質より量。貼っていく。



ある程度質問が出きったら、それを整理する作業に入ります。

「事象」「原因(理由)」「背景(根拠)」「未来」のどのタイプの質問に属するか、付箋をカテゴリ分けしていきます。

同じペンの色=参加者1名で付箋を貼っていたので、こうしてみると、人によってどういうタイプの質問を出したのか? という所が少し見えました。

「そもそも救う必要あるの?」という根本の話「売上、経費は?」というお金の話など、人によって出す質問の傾向が違ったかな、と思います。性格が出るということですかね。

IMAG0868.jpg
カテゴリ分けしていく。


最後に、それらカテゴリ分けされた質問に対しての解決策を考えていく・・・という流れで考えていきます。

この時、何かキーとなる質問(キラリと光る質問・軸となる質問)をベースにして考えていかないと、話が発散してモヤモヤするようです。

なんだかんだで、色々と話をしていると、アイデアは結構出てくるもので、このやり方ならではの新しいアイデア・解決策が出たかなと思います。

IMAG0870.jpg
本当はここから結果を別にまとめるのだと思います。



この「質問ストーミング」のやり方、あまり日本には情報がないようで、本も英語版のものしかなかったらしいです。結構新しい考え方なのでしょうか。

質問を先に考えて後から解決策をまとめて考えるというのは、何だか既にありそうなやり方なのかなと思いましたが、そうでもなさそうでした。

質問だけを先に出しきってしまえば、解決策の際にはある程度絞って考えられるのかな。

質問→解決策、質問→解決策・・・と1セットで考えていく場合、最初に話した内容が軸になってしまいそうな気もしたので、そういう点では、最初に色々考えて質問形式出だすのはよいのかもしれません。




終わった後は、懇親会です。なぜか、この会はホッケがメインとなるようです。ほっけうまうま。

IMAG0873.jpg
倍ホッケだ! ( ゚д゚ )クワッ!!

IMAG0876.jpg
いか (・∀・)


さて、次回勉強会は、来年の1~2月辺りになるようです。予定が合えば是非参加したいな・・・

2013-10-14(18:42)
思っていた以上にお金使っていなかった(雑談)

この週末色々と遊んできました。

そんな中、思った以上にモノを買ったりお金を使った気がするのですが、総額を家計簿で見て見ると、そこまで多額でもありませんでした。

飲み代が多くの割合を占めていました。が、その他、生活必需品や、前から「あったらいいな」と思ったモノを諸々買っていたので、4~5万くらいはいったと思いましたが、2万ちょいでした。

感覚と実際の計算は違うんだねぇ、ということが言いたかっただけです。時には数値でみてみるのも大事だと思います。

この週末は、諸々と本が読めたり、勉強会に参加したりしたので、そのレポートもぼちぼち上げていきたいと思っていますが、今日はぐったりと休みます。



ぶらりぶらりと遊んできて、明日からまたお仕事なのが憂鬱です。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。