2014-05-31(13:21)
家計簿を見なおし、調査と軌道修正

気を抜いてだららん。魅せるための記事は無理っぽ (´・ω・`)



5末ということで、家計簿を見なおしてみたら色々放置しすぎていて、ポツポツ気になる所が出てきた。

【ストック】

■預貯金過多
特にコレに使いたいっていうのが無いのでこのままです。もしかしたら、株などちょっとだけ買ってみるかもしれません。投資投資、副業副業とお話は諸々浴びますけど、自分は気ままに慎重にやりますよ。

■商品券バラバラ
商品券、図書券、クオカードなどパラパラあって、さっさと使って整理してしまいたい。数値で合算・分割出来て扱いやすい現金がやっぱ楽に管理出来る。

【フロー】

■不明入出金
よくわからない入出金(主に入金)が多くて家計簿合わないです。少額なら雑益扱いでいいんだけど、でかいのがいくつかあるのよね。こういうのはいずれ後半にごちゃごちゃになった状態で整合性合わなくなる。要チェック。

■支出過多
今月諸々生活費が2万円程オーバー。交際費及び食費が主要因です。それぞれ+1万円分。

交際費は新しい方との交流が多いのでこれは必要と割り切り。ただ、一部反省する使い方は個別にあったので、反省と軌道修正。

食費については反省点が多い。

習慣を作るというお話
こんなこと書いていましたが結局直ってない。一人飲みと外食が多くなっているのが家計簿から浮き彫りに。

そうは言っても、かなり気にせず使いすぎたと思った状態で月に2万(まずいと感じている増加分は、食費1万程度)というのは、どう考えればよいのかね。10万も20万も使ったのならまだしも、1万程度で、しかも預貯金多いならいいんじゃね? と言う意見はあるだろなと思ったりはしている。



ホントは6月末に四半期ごとの見直しするんですが、今日はふとやってしまった。

時々軌道修正する時の、原因追求のネタとして、家計簿はあったら良いと思っています。統計も取れるしね。

マネーフォワードにしようか未だに迷ってそのまま放置している・・・

2014-05-23(18:35)
最近の投資活動など

ほんと何も書いてないですね。。。投資ブロガーさん見捨てないで下さい。

えっと、投資活動は淡々と積立しています。

そういえば、債券クラスの買い足しをしました。買った理由は以下参照。配分調整です。

2014第一四半期決算 - 資産運用状況

また、3月末で権利確定した個別株式の配当金が多数到着しています。日本企業の皆さんありがとう。配当貰ったからと言って特に何に使うわけでもないんですが。優待は届くのであれこれ消費に使うと思います。

それ以外に目立った投資活動はしていません。あ、5月上旬にコツコツ女子部のゲストとしてお邪魔させて頂きました。ありがとうございます。大した話も出来ず申し訳ない・・・次回は結構なゲストがいらっしゃるみたいなので、皆様参加されてみては?



そういえば、鎌倉投信が純資産総額90億円を突破した様子。もう少しで経営ライン乗るんですかね。(当時聞いていたのは100億で損益分岐点だとか)

純資産総額が90億円を超えました!! (かとう)




最近食費がオーバーしています。1週間で1万円使ってたとかゾッとします。身体に良い食事とか計画内だったら良いのですが、そうでもなく、だらだらとコンビニスーパーご飯&お酒という最悪な食事・・・今日から気を引き締めなおして自炊です。

仕事のストレスからくるものなのですが、ちょっとこれは良くないですね。勤務時間は問題ないのですがね・・・

2014-05-03(10:19)
だららんモノポリー

現在やる気ないブログの管理人PET(ぺて)です。

最近モノポリーにちょっとずつハマってまして。ちゃんと競技として考え始ると諸々面白くてですね。気力の有るうちに少し動いている所です。

酒飲みながらゆるゆると遊ぶのも良いと思っていたけれど、それなら他のゲームの方がいいや~、なんて思い始めています。ガチに向いているゲームや。

最近やって思ったことメモです。

■ちょっと沈んだ程度では案外死なない。トップを叩く事が優先なので安易に狙われない。
→弱者を殺すと、給料を貰える人が減る(トップ独走なら1周200$。トップを落とそうとする人が4人いれば1周200×4=800ドル) 要はトップを落としづらくなる。そのため、安易に潰されない。

■3枚以上の鉄道を甘く見てはいけない
→家が建てられないとか言うけど、倍鉄(チャンスカードの次の鉄道会社に進んで2倍支払う)とか、何度も止まったりすると、すぐに1000$程度収入が入る。それはオレンジのホテルに匹敵するので馬鹿にならん。

家は建てられないけれど、鉄道は最も止まる確率が高いグループですから、ちょこちょこ入ってくる。

■安易に仮破産の救済をしてはいけない
→救済するってことは、支払いは肩代わりしなきゃいけないってことで。相手にお金を流して良いのか? 抵当物件ばっかりなら無理して救わなくてもそれ以上手が伸びないのなら...むしろお金渡しちゃ危険、ってことも。

■揃ってない物件は躊躇なく裏や!
中盤以降は、抵当にする・他人へ売る以上の価値はそんなにない。抵当にしても相手には渡せるわけで。要は持っている資本の選択と集中をしましょと。

■家建ては計画的に
→1軒ずつ"なんとなく"建てるのは無意味。止まりそう(お客さん)な人がいるなら、「その人からいくら欲しいのか?」 を計画して建てる。ビジネスと一緒で計画がなければ、ということ。

相手のホテル街を潰したいなら、潰せるだけのレンタル料を徴収できる建て方を。

■交渉時の"相手の形"
→これ、ぺてがよく抜けがちなんだけど、交渉が成立したときの"自分の形"はイメージするんだけど、"相手の形"をイメージしなきゃダメですね。

熟練者の交渉が、見ていて凄く魅力的に見えるのは、相手の形のイメージをちゃんと持っているからなのよね。

■相手の性格をみる
→コレ重要ですね。交渉を渋る(よっぽど有利な条件じゃないと乗らない)人、どうしても物件が欲しいのが見える人、買いたいオーラ満載の人...しっかり見ておけば、ちょっとコチラが有利な条件でも乗ってくれるはず。

■あえてトップを作り出す
→魂を売って、相手の物件に家を建てさせる展開にさせつつ、やや割安で鉄道手に入れましたが、トップ潰しのことを皆考えて、そんな恨まれる結果にならんかった。

あえて相手に色を揃えさせて焦らせる(取引を促す)ということは過去に思いついてやったことがあるんだけど、トップを作り出すのも、時と場合によるだろうけど、アリかなと思った。

■適材適所のカラーグループ
→お金がない人はライトブルー、お金がある人はレッドなどのように、資産に応じて経営するカラーグループを合わせてあげて交渉するのが大事ですね。

お金ないのにオレンジ渡されてもオーバースペック。お金あるのにライトブルーではパワー不足。

「ライトブルーは1色のみでは勝ち切れない」の意味がやっとわかってきました。お金だけあっても...ってことやね。




モノポリーはマネー教育には良いと思ってるんですよね。不動産投資がうんたらとか言う人いるけど、そういう所じゃなくて、いち消費者・投資家として、ややネガティブな意味で。


「相場や基本ノウハウを知らない奴はカモにされる」

「運要素はあるが、基本的に敗者のゲーム。ミスした奴から死ぬ」


最終的に1人勝ちが目標かどうかは違うけれど、それ以外の部分はある程度投資だのを考えるときに非常に役に立つとは思います。ぺては役に立てられていないけど ヽ(・∀・)ノ
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング