2014-11-27(18:36)
投資雑感

ちょっと証券口座にログインする機会があったので、証券の残高を覗いてみましたが、思っていた以上に含み益が出ていてビックリでした。円安効果ですかね。

今後どうなるかは私はよくわからないので、気ままにリラックスして投資しておきます。売っても税金かかりますし。

...と、リラックスとか言いながらも、ちょっと前に初めてNISA口座で個別株を1銘柄買いました。少額なので、全体への影響はごくごく軽微です。こちらもまぁ気ままに。

個別株はあれこれ持っていますが、全体でみた時の証券資産はインデックスが最多なので、インデックス投資家の気持ちではいます。

私の基礎能力が低いのと、αを取るために継続してアレコレ知識や相場をブラッシュアップして追いついていくのが面倒な点でαを取ろうという気持ちになれません・・・逆にやられる結果しか思い浮かばないです。

2014-11-25(19:46)
節約なんたらかんたら

ふと思ったので思いつくままに書いてみる。

■大きな出費ほど、吟味する

大きな買い物ほど(ケチるのではなく)調査して、安くて希望に叶っているものを買うのがベター。500円のものを400円で買うより、20万円のものを19万円で買うほうが金銭的にもお得。

調べる過程で「本当に自分が欲しいもの」を考えてチョイスすることにもなる。でも、欲しい機能はちゃんと妥協せず買う。

■貯蓄天引き

私は天引き貯蓄はしていないのですが、基本的に貯蓄したい場合は天引きして、残ったお金で生活するのが鉄則。

■ストレスのたまる節約はしない

お金よりストレスた貯まる。缶ジュースなどのラテマネーなどは使っていますが。資産・収入額によって変わる所はあるかも。

■見栄と無駄

バランスでしょうけど、特に見栄は営業戦略が無いならいらないと思う。営業戦略にこじつけるかどうかは個人の感情操作によりますが。

■資源は限られている

自分のしたいこと全てやりきりたい時に金銭的制限が無い人って極稀だと思う。取捨選択が必要。

■で、いくら貯めたいの?

って目標は多かれ少なかれ持ったほうが良いと思います。

2014-11-13(22:30)
ふるさと納税しました

雑談レベルです。

先日、ふるさと納税を行いました。はい、特産品欲しかったです。

さてさて、ふるさと納税。名称は納税となっていますが、実際は寄付扱いとなり、寄付金控除の対象になります。寄付って名称でいいじゃんとは思いますが。

「ふるさと納税」制度とは

地元の自治体も見てみたのですが、イマイチ食指が動かずで・・・もっとアピールできる所あると思うよ!

ただ、寄附行為に対して特産品を送るなどについては、賛否あるようです。

【ふるさと納税 】 自治体がサービス合戦  贈り物に賛否両論

どうなんですかねぇ・・・私は特産品欲しさではありますが、諸々届いた広報など読ませてもらって、多少は知るきっかけになっていますが。


それはそうと、Yahoo!公金支払(クレジットカード払い出来る)ところがめちゃくちゃ増えた・・・ような気がします。去年はほとんどメールや郵送で申請の後、銀行振込などだった記憶があります。今年は殆どクレジット払いで完了出来ました。

2014-11-09(17:31)
第3回 投資にチャレンジ! eMAXIS ポートフォリオの達人 にエントリーしました。

第3回 投資にチャレンジ! eMAXIS ポートフォリオの達人にエントリーしました。

ポートフォリオの達人とは?


以下、サイトより引用です。

仮想資金100万円で、9種類のeMAXIS を組み合わせてポートフォリオを作り、リスク当たりのリターンの大きさを競うコンテストです。

ご応募いただきましたポートフォリオは、リスク値の大きい順に、3つのリスクタイプ(積極型、中立型、堅実型) に分類いたします。

<コンテストの当選対象>
●個人戦:
各リスクタイプの上位10名様を当選といたします。
●チーム戦:
個人戦へ参加いただくと、3~10名のチームを結成することができます。
チーム内上位3名の合計順位で競い、合計順位の一番小さいチームが優勝。上位5チームを当選といたします。



私もお気楽に参加します。今回のポートフォリオは、自分が目標としている資産配分と同じ形でいきます。考えるのがめんどくさいわけではありません。すなわち以下のベタなポートフォリオです。





このコンテスト。順位の付け方が少しひねってあり、「最も儲けられた人が上位」ではなく、「リスク当たりのリターンの大きさが高ければ上位」となっています。

「リスク」と言うと、「損をする可能性」のことを考えている方も多いのですが、金融商品における「リスク」とは、上ブレ・下ブレの、値動きの大きさを表しています。

つまり、今回の判定基準ですと、どれだけ最後に大きく儲けていたとしても、期間内に大きく乱高下を繰り返していると(つまり、リスクが高いと)、評価点としては低くなってしまう仕組みとなっています。

この大会を通じて、金融商品における「リスク」というものの考え方について、少しでも理解が進めばよいですね。

~チーム戦って?~


こちらも引用。

個人戦へ参加いただくと、3~10名のチームを結成することができます。チーム内上位3名の合計順位で競い、合計順位の一番小さいチームが優勝となります。
したがって、チーム用のポートフォリオ作成の必要はなく、手軽にチーム戦へ参加できます。



はい、チーム戦も参戦します。前回は3人までの登録でしたが、今回は10名まで登録可能とのこと。私が所属しているチームは・・・

おっぱいバレー ( ゚∀゚)o彡°

メンバーは以下の方々。

ゆうきさん @yt94
とよぴ~さん @toyop129
okuzawatsさん @okuzawats
つばささん @m_tsubasa
モ人SYO_GOさん @mojin_syo_go
shimoさん @shimo1974
森村ヒロさん @HiroD51
あんこもちさん @annkomochi216
ちんあおさん @chin_ao

とりあえず、気ままに参加します (^-^;

応募期間は今月末まで


応募期間ですが、2014/11/30まで。今月末までまだ参加可能ですので、興味がある方、是非参加してみてはいかがでしょう?

応募期間 2014年10月1日(水)~2014年11月30日(日)
コンテスト期間 2014年12月1日(月)~2015年3月31日(火)

2014-11-08(18:53)
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014 投票しました

C777_tabeleniokaretat-cuptomemo500.jpg

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。



数年前から投票していますが、今年の分について、つい先程投票してきました。

何に何票投票したのか・・・内容は公開しません。他ブロガーさんの投票内容なども、あまり気にせず、まったりと発表を待とうと思います。

「票」と聞くと、票の売買だの、ガヤ連合だの、ライアーゲームを思い出してしまいますねぇ・・・ (´∀`*)ウフフ
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング