2015-05-31(10:00)
コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 札幌 #42

PP_bear500.jpg

来週はこんな交流会に参加予定です。

6/6(土) コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 札幌 #42

運用、投資について気軽に交流が出来る、個人投資家主導の会です。勧誘、営業などないので気楽に参加出来ます。

札幌では会議室を借りてお茶菓子食べながら交流するスタイルだったはず。その後有志でお酒飲みながら二次会、という形。

最近参加出来ていなかったので、基本的な事を参加される方にきいてみようかな。

・投資歴と投資方針
・人生全体における投資の関与割合を%で
・ライフスタイルの大幅変更による投資活動の変化経験
・昨今気になるニュース(投資に関わりそうなもの)

自分は投資情報は仕入れていないので、何も言えなそう。どちらかというとお金・投資関係で良く発生しうる騙し・詐欺というトピックに興味があります(平常運転... (^-^;

2015-05-30(10:00)
プレミアム商品券のお話

102528.jpg

自治体より、定期的にプレミアム商品券が発行されているようです。意図や経緯などは以下、日経新聞の記事を参照。

プレミアム商品券 地方消費の呼び水か、ばらまきか
自治体97%がプレミアム商品券 地方創生交付金の配分決定

例えば、北海道札幌市などは以下の要領で発行されるようです。
プレミアム商品券について - 札幌市

■プレミアム商品券の概要(自治体毎に違いますので要確認)
・10%~30%程度のプレミアムが付く
・購入できる数に限度がある
・使えるお店は決まっている(一覧で要確認)
・使用期限があり、期限を過ぎると価値ゼロ
・おつりは出ない

買う? 買わない?


課題、経済効果については触れません。

「個人として買うかどうか」についてですが、「普段使っているお店で、期間内に使える金額範囲内分程度を購入」がベストだと思います。基本的に、10~30%の利回りとなるので、買えるのなら買うべきと思います。預金で10%以上確実に叩き出せる金融商品はありません。

※前回「商品券は必需品に」のお話も出しましたが、あれは使うフェーズ、今回は買うフェーズのお話です。

例えば有効期限が半年間として、普段使うお店で月2万円程消費する家計なら、2万円×半年=12万円分は使う見込みがあるわけで。その分までなら買いだと思います。どうせ普段の消費で使うんでしょ?

通常の消費でなくても、これを期に(商品券が使えるお店があれば)家電・家具などを買い換える、なども有効かと思います。(そのほうが本来の消費喚起という考え方に近いのかな)

ただ、商品券は現金とは異なります。少なからず、以下のような事は考える必要があります。

■商品券のリスク
・商品券を使い切れない可能性
 「買いすぎた」以外にも、引越、出張、仕事多忙など。
・使用期限内に使えるお店が潰れる
 よく使うお店が閉店する事もあるといえばある。
・制度変更によって急遽使えなくなる
 これは、半年の間ではさすがに無いでしょ。

思ったこと


・まずは預貯金を持つ
 数十万円の預貯金があると、こういうプレミアムが付く商品券など「現金がないから」という理由で見送らず、購入判断に至れるのですよね。そのプレミアム分が利息となり、更に家計が回るようになると思います。「そんな余裕なお金がない」という状況が、うまく回らない原因に。

・総資産が少ない人ほど、消費から見直す
 50,000円分で10%のプレミアムがつくと5,000円。これを預金利息で取ろうと思うと、かなり高額な元本が必要です。資産運用、投資を始める前に、まず家計から。消費が回らないなら投資で、となるとドツボにハマります。



自分のお住まいの自治体HPなどで確認してみてはどうでしょう。(てか、これ去年もやってた? 見落としていた...)

2015-05-29(12:10)
MVNO移行計画 その6(その後)

1000xauto-5554.jpg

MVNO移行計画 その1
MVNO移行計画 その2
MVNO移行計画 その3
MVNO移行計画 その4
MVNO移行計画 その5

移してから数日経ったので、諸々補足など。

ガラケーでミスった


■ガラケー考慮漏れ(PETが悪い)
・背面液晶付きを選ぶべきだった
 基本的に着信有無しか見ないので、いちいちパカっと開くの面倒
 不在着信/SMS受信時にランプが光るような設定にした
・アドレス帳がGoogleと紐付かない
 完全に見落としていた。出てくる番号とアドレス帳が紐付かない(PETはGoogleの連絡先でTEL管理) とりあえず通話するであろう人は登録した。
 過去半年の通話履歴を見たら、殆ど仕事関係のみだったため、そこまで困らないはず。仕事以外ならLine電話とかSkypeを使う想定。最悪、必要になったらスマホから番号見てかける。

■メール通知が消えない(PET悪くないハズ!)
・「センターにEメールがあります」表示が消えない
私、AU使っていますが、ずっと消えない。ネット接続も出来ないのでセンターからメールを受信/削除する手段がない。ずっと通知ランプが光るケータイ...通知ランプは不在着信やSMS着信の確認に使いたいのですが。

機種変更直前まではEメールはセンターに残していないし、キャリアメールは(稀に使うけれど)殆ど使っていない。もしもキャリアメール宛に送信されていたらGmailアドレスにも転送されるはずなので、偶然キャリアメール宛に送信されたケースでは無いはず。

また、機種変更後にキャリアメール宛にメールを送ったら送信エラーになったため、機種変更後に誰かが送ったものの通知、ということも考えづらい。

外部から送られてサーバーに溜まったというケースではないと推測。恐らくですが、機種変更のタイミングでAUから自動的に何かの案内メールが送られてるような気がしてならない...

調べたら、似たような人がおった。 「センターにEメールあり」表示消去の経過

自分も157に連絡したけれど、回答は同じく「EZ WINに加入してお客様でお金払って受信して下さい」という回答だったので、 ( ̄д ̄)エー と思いあれこれ突っ込む。結果、サーバー側のメールは30日で消えるため、そのタイミングで通知も消える・・・かもしれないとのこと。

機種変更後にキャリアからのメール送信されるか、通知の話などは直前に確認してからGoした方が良さそうですね。30日経ったらもう一度話題に触れるかも。

その他 その後


■機種変更後の後処理
・前スマホの不要アプリ削除(Wi-Fi接続では使用可能だけれどね)
・写真と録音が入っていたため、SDカードは新スマホに移した
・Lineのトークバックアップ→新スマホでインポート
・キャリアメール利用不可
 Gmailへ転送設定済だから、転送だけはされるかな? と思ったらNG。
 メールアドレス自体なくなっている様子でした。

■Zenfone5 所感
・結構大きいなぁ
・胸ポケットに収まり、そこまでサイズの不都合は感じない
・Wi-Fi、テザリング、GPSオンが楽に設定切替出来た
・DMMのアプリを使って高速/低速切替が楽だった
・メモリ開放機能がついてたのでメモリ開放アプリを削除
・ねこあつめのデータ移行出来なかった ←【最重要】

■DMM mobile 所感
・現時点では問題なし
・再設定でSMSを一切使わなかったのでSMS不要か?
 しかし、「アンテナピクト問題」とやらがありSMS有りのほうが良さそう
 
 SMS付きSIMカードのメリットって何?
 mvnoでは『SMS付き』のSIMカードの契約が絶対にオススメその理由とは?

■追加初期費用
・約1,000円でケースとシール購入
 保護シール付きでこの価格、まんぞくさんです。シリコンケースじゃないと、胸ポケットに入れて屈んだ際とかにするりと落ちて危険なのを前のスマホで経験した。
 


その他


■MVNO業者 DMM選定理由の後押し
・1GBから2GBへの増量など、細かく設定出来るのでマッチしていた
 自分は現在まで、月2GB程度で運用出来ていたので、1GB→2GB設定にする可能性も見越しての選定。
 もしかしたら、+110円して月2GBにして常時快適な方を選ぶかも。
 ※テザリングも含むと2GBでも足りないかも?

■AU+MVNO選定補足の後押し
・通話時間のベースが変わる可能性があったため。
 AUキャリアであれば通話量の増減にあわせてプランを変更して無料通話分を月単位で最適化出来る。

■AU端末は従来のスマホを通話専用で使っても良かったのでは? の後押し
・そもそも、バッテリー持ちが悪い
・スマホのモバイルデータオフは分かったが、初期化時などに気を使いたくない&面倒になった
 →月500円+パケット代程度なので金額としては通話専用スマホの方が良いと思われるが。

■今後の見通し
ガラケーは裏がAndroidになるようシフトしているが気にしていない。
気にしているのは「データ通信が裏で走って自動課金されるか?」という点。
見たところ、au独自&スマホで通信料節約するパターンのみの様子。
ガラケーにおいて勝手に通信されたら苦情殺到のはずで、特に今後も問題ないはず。
制度が変わったらその際に検討。

2015-05-28(12:10)
買値が異なる商品を複数持ったら有利なん?

122245.jpg

複数持つか、単一で持つか


「取得単価の異なる同一銘柄を別口座で保有した場合、単一口座で持つよりも、売却時の節税選択肢の幅が広がる可能性があるのか」と思いました。

個別株で「損失が出ている方から売る」などを聞いたことはありますが、それではアロケーション自体変わってしまいます。(個別株トレードとは考え方が異なるのでしょうけれど) ですが、同一商品であれば特に配分を変えずに(手間以外の)デメリットなく、保有出来るのでは、と思いました。

例えばA証券で積立していた投信を、ある時期からB証券に積立変更した場合など、取得価格が異なるので以下のような状態になることもあります。(販売手数料は同じとします)

【例】

ア)
■A証券で投信:含み益30万円(元本100万円)

イ)
■A証券で投信:含み益40万円(元本50万円)
■B証券で投信:含み損10万円(元本50万円)

ここで、例えば緊急事態が発生して50万円を売却しなくてはならないケースを考えた場合、後者の方が選択肢が広がる。

「ア」:
 必ず15万円の利益が発生→課税が発生
「イ」:
 A証券を10万、B証券を40万売却で±0
 B証券だけ全部売って、含み損10万円を繰越
 他の配当/分配金と通算
 など

現在割引価値の考え方もありますから、支払いを遅らせられるのであれば、なるべく遅らせるのがベターだとは思います。

ただ、両方値上がり/値下がりした場合や、全額売却が必要な場合は効果が無いです。また、管理は面倒になります。

証券会社が別だと面倒だけれど、例えば同一証券会社内で、特定口座とNISA口座で保有すれば、(NISAは含み損益に対する課税が0なので、例とはケース分けが変わりますが)同じ考え方でやれると思います。



やるかどうかは置いといて、パズルのように考えると面白い。

2015-05-27(12:10)
FP2級試験を模擬で受けてみた

125883.jpg

ファイナンシャル・プランニング技能検定試験が先日、5/24(日)にあったようです。

FP技能検定とは?


FP協会HPより。

FP技能検定には1級、2級、3級の3つの等級があり、それぞれに学科試験と実技試験があります。学科および実技試験に合格すると等級ごとにFP技能士(例:2級FP技能士)を名乗ることができます。

また、試験は、顧客の収入・支出、資産・負債、保障(内容)などのデータを収集し、現状を分析したうえで、顧客のライフプラン上の目標を達成するため、貯蓄、投資、保険、年金、税金、不動産、相続などについて、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するための知識が問われます。


ざっくり言って、お金についてまんべんなく相談出来るようになれる資格というところでしょうか。

私も、この試験は数年前に受けて、FP2級を保有しています。ですが、その後しばらく新しい知識を入れていないため、知識が古くなっています。今も使える部分は何割あるやら。

過去問を解いてみた


試験問題が試験翌日(模範解答は当日夕方)に公開されていました。翌日に出るって凄く早いですね。

Twitterを見るに結構受験&自己採点で合格ライン突破された方もいたようでして、PETちょっと火が付きました。どの程度覚えているか、制度変更を想定して正答を見つける勘がはたらくか試してみたくなり、問題を解いてみました。

画面の横でゲームしながら&時間未計測で解いたため、正式な試験形式ではないのですが、自己採点してみました。

※点数配分は公開されていないので全て同じ点数で、途中点無しの完全正答で1点扱いとして計算しました。

H27/05 日本FP協会実施 FP2級試験 資産設計提案業務 自己採点


■学科試験
・ライフプラン(01-10):7/10
・保険(11-20):4/10
・金融(21-30:10/10
・タックス(31-40):5/10
・不動産(41-50):5/10
・相続(51-60):6/10

合計:37/60≒61.67%

■実技試験
40問中26問正解≒65%

ギリギリ合格か? あと雑感


点数配分はともかく、6割超で合格よね? とりあえず、合格ライン前後というところでした。あぶねー

実技試験を解いてみて、きんざいとFP協会、団体2つが試験を実施していることをすっかり忘れていました。問題形式が思っていたのと全然違う!

まず、実技試験の試験問題数が多いですね。当時きんざいの方で受けていたのですが、問題数は15問だった記憶があります。FP協会の2級実技試験は、40問かつ計算問題も結構あったので、時間配分が重要になってきますね。ちなみにFP協会の3級実技試験を見たら20問でした。

正答率から自分を振り返ると、金融だけ満点だったのはまだ覚えているってことかな。他は微妙でした。タックスはもう少し自信あったつもりなのですが、結構忘れているようです。

それと、試験設問に出てくる商品の手数料が高かったり、家庭の資産額がやたら多いので ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ とやりたくなりました。

個人でも、さらっとFP知識を覚えよう


お金の教育・知識と言うとうまい儲け話とか、FXで利益を取る方法とか、法の穴をかいくぐって自分だけ得する方法とかを聞いたりもしますが、地道に基礎を押さえるのが大前提だと思います。

制度変更により、時間経過によってそのまま使えなくなる知識もありますが、骨格となる・普遍的な考え方や知識も多く混じっています。

※ビジネスに誘導したい方などは、「知識より実際にやった経験だ」とも言いますが、知識も経験も両方必要です。正しい知識は、経験による回り道を幾分か短縮してくれます。

FPの試験範囲は、一部個人にはあまり使わない部分もありますが、ライフプラン、保険、金融、税金、不動産、相続の6分野、人生において必要な知識がまんべんなく入っているので、FPを業とする方以外にも、FP3級レベルの基礎知識はさらっと・ぼんやりとでも押さえておいて良いと思っています。(資格は取らなくても良い)

細かい金額・数字はその時に検索すればよいので、「こういう制度・仕組みがある」という事だけでも知っておくと、自身の生活に大きく役立つと思います。

自己投資として、悪くないと思いますよ。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング