自分自治体

基本プラスアルファ部分の受取

2018/12/22
未分類 0
building_nenkin_jimusyo.png


ぺてこちゃんいきてるよ (´・Д・)」

厚生年金基金の、老齢厚生年金の一部を代行していた分(プラスアルファ部分)について、受け取り方法とやらのお話がきましてん。



基本プラスアルファ?


もういろいろ忘れててつらい。

企業年金連合会 プラスアルファ部分

厚生年金基金は、老齢厚生年金の一部(代行給付)を代行し、これを上回る給付を行わなければならないとされており、この代行給付に上乗せして支給する独自の給付区分のこと。一方、代行給付を支給する給付区分を「代行部分」という。



老齢厚生年金の一部を代行で運用してた分、国に返したのでその分どう受け取るか決めてね、ってことでええよな?

ぶっちゃけ、このへんはよくわかっていない・・・上乗せ給付部分はいままで一部代行してたけど、もうやーめたってことよな。まぁ、これによって減ったか否かってのはもう変えられない事象だと思うので置いといて、結局この代行部分ってのを以下のどれから選ぶか、ってお話に。

受け取り方法



1.一時金。いま多めにもらう
2.5年確定年金。60歳から5年間貰う、死んでも遺族に一時金(要は金額確定してる)
3.終身年金。自分なら65歳から死ぬまで貰うが額低い、死んだら終わり

要は長生きするか否か? いまお金がほしいか? という観点での選択のようです。2・3は年金の雑所得として課税になるようですが・・・

1は論外、今は別に現金を欲していない。2か3か? だが・・・経過年数に対する価値とかを無視すればざっくり10年以上生きれば(75以上生きれば)3がお得ではありますが・・・その後の年金制度変わって受け取り時期が変わるとかありうる? (先を不安視するなら1しかないんですがね)

と、いちおう、老後年金というのは長生きに対する保険であるという考え方があるので、今回は3にしようと思っています。



|Д´)ノ 》 ジャ、マタ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
未分類