自分自治体

投資家飲み会

2019/05/26
マネー・投資雑記 0
1556409ad2eecc2225b176d929962d1b_s.jpg


別口でありましてな、お話してきてん (´・Д・)」
と言っていいのかあれですが、今までは結構常連さんとかコツコツ周りで知ってる人もいましたが、知らない人ばかりというのは、少々新鮮で、楽しくお話できました。

話題メモ


出た話題と、それに関して色々お話したこと、その後思ったことなどをメモです。若干脱線して個人の話してるかも。

■買ったら忘れろ
Buy & Holdじゃなくて、Buy & Forgetですよ、というお話をしました。まあ、投資とどのくらいの距離感で付き合っていくのか、というところだと思いますが、インデックス、というか長期的に資産形成と付き合っていくのなら、このくらいの感覚でいいのかな~ とは。四半期なり1年なりで見ていけばよいのかと思っています。

■下がったときに買えば良い、は相場予想
まぁ自分も考えてはしまいますが、下がったときに買えば良い、という所に対し、下がったとき(その後上がるから・戻るから)買えば良い、という前提を置いてしまっているんですね。その前提は正しいのか? というところを立ち返ってみるのは良いのかと思っています。

ただ、大きく上げたり下げたりしたときはリバウンドがあるのでそこを取る、という戦略を取る方もおり、それはそれで良いのかなと思っています。(もうここからは投資に対する考え方なので、個人個人にあった戦略を取るべき、で良いかなと)

■為替はわからん
為替は本当にわかりません。分かるという方もいますし、FX投資で成功している方もいるのでそこは各々の向き不向きと思いながら、為替は必ず円高・円安になる、というような決め打ちはやはり自分はできないですね。

■投資手法は合うものでやるべき
私は長期的な資産形成という点でインデックス投信をベースに積立を行うやり方をしています(日本株式は個別分散)が、人によって合う投資は様々です。投資にかける時間、損に対する免疫、目標とするゴール、家族構成、取れるリスク... そういうのがあるので一概にこれがその人のベストと言えるものは無いと思います。

その前提を置いた上で、個人的には、パッシブに毎月入金をしていく積立投資、国内外の分散投資がベターだと思っています。タイミングでの売買については、慎重になるべきと思っています。

それでも、人によってはリートだったりタイミング投資だったり、不動産投資だったりビジネスだったり。個人個人の持っているスキルをどう使うか、そこにお金をどう混ぜて化学反応を起こすか、だと思います。

■損したときのことを考えろ
やっぱり、個人は損したときのことを考えるべきだと思います。国が破綻しようが、会社が破綻しようがしったことではない、が個人の家計が破綻したとき、これを見るべき。

投資資産はリーマンショック級の暴落によって半分になりえます。そのときにどう考えられるか、メンタルを保てるか、だと思います。これは投資している額によって損失額も変わりますし、実際に体験しないとわからない部分だとは思います。が、それでもある程度危険な方に考えておいたほうがよいのかな、と感じます。(特にここ4-5年は上がり調子ですので...最近投資を始められた方は、投資というものに対してだいぶ軽い、というか楽観視しているのかな、と思っています)

■真の敵は?
真の敵は相場や株価下落ではない、人である。とは思います。Twitterなどは気軽に意見を出せる反面、様々なノイズも出てきます。今は「投資儲かるのにやらない人とか損じゃんw」というメンタルかもしれません。10年前は違いました。「株式投資の時代は終わった」「これからはxxで」みたいな論調もあり、まぁ詐欺的商品が出回ったりお話を聞いたりしましてね。(詐欺師は相手の不安につけこむやりかたが得意です。このあたりはぺて語ると長いのでまた今度)

要は時代と共に論調はいくらでも変わる、常識も変わる。更にいうとその人のビジネスによって言い方も変わる、ということでして。

■投資はルールを作ってその通りに
こういうときに大事なのが「投資方針書」と呼ばれるような、事前に決めた自分のルールだと思います。下がったから買うとか、このときは売るとかはかまいませんが、当初のルールに則ったものなのか、そこが大事だと思います。そこも柔軟にやりたいのなら、そういうルールにすればよいのです。

ルールを決めておきながらコロコロ変えるのが一番よろしくない。変更は構わないが、吟味して自分の戦略を決めること、だと思います。

■配当控除
微々たる額ですが、株式の配当金に対する二重課税分を一部確定申告で取り戻すことは可能です。個人的には学習・身につけるための勉強と思ってやっていますが、一般の方にとっては面倒だしそこまで投資額が多くないならメリットもそんなないし、下手に所得が上がることによるデメリットとかもあるので、ほんと色々全般を学習してから、のほうがよいかもしれませんね。

■NISA口座
これは自分がやっているのですが、NISA口座は一般とつみたてがあります。自分は一般NISAでやって個別株を保有。配当金の課税をゼロにしています。まあNISAは損したときにNISA期間が終わればその分の損失額の損益通算ができないなどの面倒なあれこれもあり、自分は個別株あるからNISAで持って確実に配当金の税額をゼロにしてやれ、程度の考えです。

■株主優待は無税?
株主優待に対しての是非は議論されていますが、自分は株主優待はまぁあるなら貰うという感じです(けど優待目当てで買うのはほぼほぼしない。なぜなら某タ○コシステム絶許→話すと長い)。株主優待は無税というお話でましたが、実際は無税ではなく一時所得。50万円の控除あれこれありますが、まぁそれを超えてやりすぎると申告必要ぽいよね、という。ただ、割引の優待などはどうやって額出すんだろうね? というのは疑問に思いながら。調べたら多分色々出てくると思います。自分は課税対象になることもないだろなと思って調べてすらいませんが・・・

■現代貨幣理論MMT
なんかあるんだね、位の感じで後日もっと調べようと思いました。日本破綻やら借金についてのお話。日本はお札刷れば良いのです、、、と。

ただ、お金を刷れば国の破綻はないと思いますが、インフレにはなると思いますし、その分金利変動やら物価上昇やら、色々あるとは思っています。この手の話は、個人で完璧にカバーするのは無理と思っています。(国が破綻しない≠個人が破綻しない)

ただ、あまり悲観的になる必要もないと思ってます。特定のxxだけやっていた人が完全に救われて、そうじゃない人は全員死ぬ。ノアの方舟にのるか否か、それがたかだか1つの証券に対する投資法のみで二分されるわけはない、と思っています。

(要はそれで助かる人はビジネスや世界情勢、人脈に長けていて学習意欲もある。もしくはすごい人脈や金を持っていて、その投資をしたか否かにかかわらず救われている。逆の人はたかだか投資したところで立ち回れなくて死ぬよ、という考え)

結局生き延びる人は優秀で、バカはちょっと投資が当たった所でバカやっていつか死ぬんです、みたいな考えを持っています。(宝くじ当たった人のその後、みたいなのを見るとよく分かるかなと)

■日本と海外を単純に比べるなかれ
日本と海外の制度。医療制度、福祉制度、年金など。昨今日本では年金制度で騒いでいますが、一長一短というか、どこの国も別にバラ色という話ではないよな、と。制度諸々も、国という塊の中で構築されているので、その中の制度一つだけで良し悪し判断してもいかんよね、とは前から思っております。良い面だけみてその制度になぜしないのか? みたいなことを言ってもあまり有効ではないのかな、とは思います。

■新興国
そいや昔はBRICKsとかVISTAとかあったなぁ~と思ってましたが、最近MINTとかもあるそうで。色々あるんねぇ~ PETENとかいずれでてこないかね '`,、('∀`) '`,、

■証券口座
口座は楽天orSBIが多かった気がします。自分は「楽天経済圏」という単語だけ説明してきました。お得らしいけど自分はSBIなので、、、楽天ポイントでファンド購入資金にできるとかきいて( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーってなってた

■セミリタイア
セミリタイアは手段だと思う。セミリタイアしてなにをするのか、どういう状態になりたいのか、なのかなと。仕事したくないとかはあるとして、結構な割合の人がその後やることなくて仕事しているとはちょこちょこ見ます。

また、家族や世間の同意目線など、そこが大丈夫なのか? という点は本人がそういうのを気にするのかによって向いてる向いてないありそう。(保険加入も、配偶者及びその親からの理解が得られず入らざるを得ない、などもちらっと聞きます)

色々楽しめました


色々と話題は多岐に渡り、上記以外のお話もありましたが、色々交流できてよかったです。二次会まで行って色々話混んでましたわよ!

他にも色々聞けたけどナイショね!(´∀`*)ウフフ



|Д´)ノ 》 ジャ、マタ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
マネー・投資雑記