2010-10-27(22:04)
確定拠出年金からのお知らせ

勤めている会社が確定拠出年金(401k)を導入しているため、定期的に保有資産の評価額を示した書類が送られてきます。「Webからでも見れるんだから、紙とかいらんやん」と思いながら中身を見ると、半年前より資産額が減っていました。円高が効いてたのでしょうか。まぁ、下がったのはしゃあない&安く買えるのでいいじゃない、ってことで。

僕は401kの資産は全て海外資産で占めています。外国株式(とわずかの外国債券)インデックスファンドのみで保有・運用です。理由は単にコストのお話で、信託報酬額が通常の証券会社で買うより低いからです。401kの基本的な考え方として、「401k内の資産単体で考えるのではなく、普段の貯蓄・投資資産額などもひっくるめてトータルで考える」というのがあるので、これに則って考えると海外資産保有が一番最適かなと思っています。

一般のインデックスファンドの信託報酬と、401kの信託報酬を比べた場合、一般的に401kの方が優遇されています。で、その優遇されている差分をそれぞれ見てみると、外国株式のファンドが最も差が大きかったんですね。なので401kの資産は優先的に海外株式を割り当て、通常の資産で他の資産クラスを持ってアセットアロケーションを考えるようにしています。

ただ、これは「海外資産を組み入れる」というアセットアロケーションありきの考え方なので、そこは要注意(「海外株式が上がると思っているから一点買い」と言われたこともあるので...) あくまでも「何の資産をどれくらい保有したいのか?」で、低コストに保有する方法を考えるのが良いと思います。

で、気になったので、通常のインデックスファンド信託報酬と401kのインデックスファンド信託報酬を比較してみた。

インデックスファンドと401k比較

 401k・・・DCダイワxxインデックスを採用
 http://www.daiwa-am.co.jp/funds/dc/index.html
 通常の証券会社・・・CMAMxxインデックスeを採用
 https://www.sbisec.co.jp/ETGate

CMAMは設定してからまだあまり時間がたっておらず、401k側のファンドと単純に比べるのもどうかと思いますが、一応差はでました。やっぱ、海外資産(外国株式・外国債券)が最も差が大きいです。

ただ、「海外株式で損が出たら? 老後どうするの?」とか言う人もいましたが、もし評価損が出た場合は普段の預貯金から当てればいいんです。「海外資産を組み入れる」のが前提の持ち方なので、401kで海外資産を保有していようが、通常の証券口座で保有していようが損益は一緒ですから。(ファンドが違うと微妙に差がでるかもしれませんが、ベンチマークが一緒ならほとんど同じでしょ?) 老後の資金を401k内で完結させる理由もないですからね。

もし401kのみで老後の資金を十分にカバー出来るだけ用意できた場合は、401k内の老後資金意外の部分については、無理して海外資産にする必要はないと思いますが。そうは言っても、僕の会社は401kの積立額が低すぎて(会社で勝手に決められている)ちょっと不満です。そういった点で、会社が積み立てている分だけ、個人でも401kに積み立てることが出来る「マッチング拠出」制度に期待しています。


老後資金は少なからず必要と思いますので、大雑把でも目標を決めて、時間を見方につけて(貯蓄でも投資でも)資産を築いていくのが必要かなと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「普段の貯蓄・投資資産額などもひっくるめてトータルで考える」

この考え方は大賛成です。そう考えると一般的には外国株式の比率が高くなりますよね。



また、「海外株式で損が出たら? 老後どうするの?」という質問に対しては、「元本保証ばかりで資産が十分に増えなかったらどうするの?」と質問を返したくもなります。リスクを適切に取れば資産が増える可能性が高いのに、それを放棄しておいて将来にお金が足りないと文句を言う老人にはなりたくないものです。

Re: No title

コメントありがとうございます!

トータルで考えると、生活資金などですぐ必要になりがちな、流動性の高い資産は手元に置き、
普段使わない資産(海外資産)は流動性が低い401kで保有、というのが合理的かな? とも思いました。
するとやっぱり、国内在住の人は海外資産比率が高くなりますかね。

>「元本保証ばかりで資産が十分に増えなかったらどうするの?」
確かにこれは思います。
「証券投資=企業が今後価値を生むか?」だと思うので(インデックスだと市場全体が価値を生むか?)
自分も含めて企業が今後価値を生み出しそうにない(今の人間は付加価値を生めない無能ばかり)
とまで本気で考えている人は、そんなにいないと思うのですが...
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング