--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-29(18:56)
会社経理め

出張に行くのはいいんだが、通勤費の変更申請を行わなくてはならないのです。そこはまだ良いです。経理のヤツが間違えて、俺の今月の通勤費をマイナス値にしやがった。苦情を言ったら、「翌月に上乗せして精算しますので?」とは言うのだが...色々納得いかん。

「別に適正に修正するのだから、いいじゃん」というかもしれませんが、通勤費を変更すると社会保険が...という話になります。

会社の給料は「固定的賃金」と言う概念がありまして、基本的に決まっている賃金を「固定的賃金」と言うようです。この固定的賃金の内訳は「基本給」+「通勤費」(他にもあるかもしれませんが...)で構成されており、通勤費が変わるということは「固定的賃金」が変わるということになります。

何が困るのか? 「固定的賃金」が変わったとき、そこから3カ月間の給料の平均値で大幅に賃金が増加・減少した場合に社会保険料が翌月から改定されてしまうのです(随時改定といいます) クセモノなのが、この「3ヶ月間の給料の平均値」というのが、「残業代も含めた支給額」で計算されてしまうということです。

※具体的には2等級以上、賃金が上がった・下がった(固定的賃金が上がった・下がったによる)によって社会保険料が改定されてしまう可能性があります。

つまり、どういうことか? 通勤費をマイナスにされた→翌月は上乗せされる→上乗せされた月から3ヶ月間での平均値が2等級以上上がっていたら、社会保険料が上がってしまう。。。というワケです!

自分は以前に、この随時改定でがっつり保険料が上がった(月に数万円単位ですよ!)ので、過剰にビビってるのです。

厚生年金は支払額に応じて将来の年金給付も増えるのでともかく(とも思っていないが、、、どうせ厚生年金も減額の方向だし)、健康保険なんかは受けるサービスが同じなのに給料の多寡で保険料が決まると言うミスマッチな形になってるので、あまり払いたくないです。(雇用保険も同様? こちらは、失業給付を受ける時の収入が重要なのである程度は関連あるかも)

自分、みみっちく、定時改定の時期である4?6月は程々に調整していたので、ちょっと面倒です。「気にせず働く」というのもありますが、なんかムダなもんは払う気が無いので、出来ることなら社会保険料は下げたいです。

※ちなみに、固定的賃金が上がって、3ヶ月で等級が下がっても何もなし、固定的賃金が下がって、3ヶ月で等級が上がっても何も無しです。
詳しくはコチラ↓
http://www.shakai-hoken.com/shaho04_1.htm

通勤費は所得税・住民税は(10万円までは)非課税なのに、社会保険には報酬月額に算出されるし、なんかおかしいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。