--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-03(16:27)
池上彰の学べるニュース 年またぎ6時間半SP

年末年始にやっていた池上彰の学べるニュース、観てました。6時間半は長い...CM飛ばして1.5倍再生でも4時間近く。長い。

自分が気になっていたのが、年金制度のお話でした。破綻するなどと言ったらマズイだろうし、そもそもどうなるかの正解もないだろうし...どう解説するかor誘導するか? なんてことを思いながら見ていました。

池上さん、「年金制度は破綻しない!」と明言していましたね。国が破綻しない限り、年金制度は破綻しない(というか破綻させられない)とのこと。死なばもろとも、ですね。

このへんの認識は一緒でした。そもそも年金制度を破綻させたら基本的に暴動が起きるか、犯罪が多くなると思っています。さすがにおとなしいと言われる日本人でも年金ナシとか言われたら暴動・犯罪が急増するでしょう(「国が悪いから!」なんて言いながら公務員を襲ったりするなんてこともあるのでは? 八つ当たりですがね) 基本的に、国はそういった暴動・犯罪は回避するだろうと思っています。暴動・犯罪が起きないまま、素直に食い扶持のために働くor素直に死んでしまうというシナリオもあるでしょうけど。

ただ、国・年金制度が破綻しない=国民の生活が破綻しない わけではないと思います。お金が足りないのは事実でしょうから。このへんは番組でも「不安が残っている」と言われていました。

以前、国民年金の国からの負担(国庫負担)を引き下げるなんて話もありましたが、下げるなんてのはありえないのでは? と個人的に思っていました。高齢化社会では出て行くお金のほうが多いわけで、どこから補填するか? と考えると、保険料をアップさせるか、国庫負担アップしかないかと。1/2から更に引き上げるんじゃないか? と勝手に思っています。

国民からの暴動・犯罪が起きない程度にコントロールし、やりくりしていかなきゃイケナイ、という国の事情を考えると、給付が徐々に減っていき、支払う額も増えていくのは確かでしょう。どの程度かと言われると微妙ですが。根本の解決策は日本が今後経済成長して景気回復していくことと思いますが...日本にその価値・能力がどれほどあるのか? に尽きるんでしょうね。

一度、がっつり落ち込んでしまえば、そこから少しずつ回復していくのでは? なんてことも思ったりする今日この頃です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

矢向

紅白を見ないで池上を見ていました。

結構面白かったです。

紅白見ないですね...

>矢向さん
池上彰の番組良かったですよねー。年越しの時の社債喋りたがりの池上さんが素敵でした(笑)
紅白はここ数年全く見てない気がします。最近の歌しらないので;;;
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。