2011-01-05(20:47)
「時として、最良の方法が最善の結果を生むとは限らない」

2011/01/06追記:「預けてお得だった」と書きましたが、円高時に外貨で受取になるタイプでは、このままいくと外貨で受け取る可能性が高そうで、円建てで元本割れしている可能性が高いですね...言葉足らずでスミマセン。

各種銀行が「仕組預金」を販売し始めてから、もう何年経つでしょうか。5年位経った感じなのですが...

さて、知らない人のために。「仕組預金」とはなんでしょう? 新生銀行のサイトに以下の説明がありました。

仕組預金とは、オプション取引などのデリバティブ(金融派生商品)を組み込んだ預金商品です。


これだけ書いてあっても良くわからない感じだと思いますが...以下参照。詳細はこちらのサイトがありましたのでこちらでどうぞ

【特徴】

  • 一般の定期預金より高金利
  • 満期まで持てば、元本保証
  • 原則、途中解約不可(解約時には違約金等が発生、その際は元本割れの可能性あり)
  • 特約が存在するものも
     -商品によって預金期間の延長を銀行側が行う、
     -為替レートの判定により外貨によって支払われる、など

満期まで持てば定期預金のようなものですが、解約が出来ない・出来ても元本割れの可能性があると言った預金です。高金利が魅力ではありますが、以下のようなデメリットがあります。

【デメリット】

インフレに弱い

仮に将来インフレになると、市場金利が上昇します。すると、相対的に預けている仕組預金の金利の魅力が落ちてきます。そうなっても解約出来ず、解約したとしても元本割れの可能性があります。


円高時には外貨受取のケース

ある一定以上円高になった場合、外貨で受け取るというタイプのものでは、円高になったときに外貨で受け取る場合、円換算すると元本割れしています。そのかわり、どれだけ円安になったとしても、貰えるのは仕組み預金の金利分のみとなります。


期間延長のケース

銀行側に期間延長の判断を委ねるため、銀行の有利な意思決定が可能となります。要は金利が低いままなら延長なし、金利が高くなっていれば延長ありとして預金者が金利・為替変動のリスクを負います。インフレになった場合、銀行側は過去の安い仕組預金金利にて資金調達していることになり、延長の可能性が高まります(より高い預金への乗り換えが不可)


解約できない

「預金」という名称から、これがわからないまま預けてる人...いるのでしょうか? 基本的に「使う予定のないお金」を使うべきですが、病気になった・失業した等を加味して「使わない」と判断しているのか、微妙な人も多いのでは?



そんなわけで、数年前にブーム(?)になった時には、「仕組預金には手を出すな」と言った内容ばかり聞いていました。でも、いざ数年経ってみると、日本は低金利のままです。このまま続けて低金利時代のまま無事満期を迎えれば「預けてお得だった」ということになりそうです。

当然このケースは結果論なわけで、別に仕組預金を応援するわけではありません。「今」から「過去」を振り返ると得だっただけで「過去」から「今」を見通したときに、そのような確定は出来ません。

要は、偶然平均以上の結果になることなんてザラにあるから、いちいち「凄い」とか言って目移りする必要は無いってことですかね。(そういった商品はまず「回避」じゃなくて「検証」すべきでしょうね)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

事前の選択と結果が必ずしも一致するとは限りませんよね。堅実に節約と資産運用をするよりも、カジノに行ってスロットで大当たりを当てた方が金持ちになれますし。

事前の選択と事後の結果をしっかり分離するのは重要だと思います。

>吊られた男さん
事前にわからないからリスクであり、
リスクをとるからリターンがあるのでしょうね...
結果論で話をする人も多いので、発言の判断が必要なのかな?
と思っています。
※世の中、偶然成功して数億儲けた人が「絶対の投資法」として本を出したりするようですので...

大学講義で仕組預金の勉強をした時のことを思い出しました。
外貨と円貨のクライテリアと償還時期を銀行側に握られている状態ではかなり不利ですよね。

ただ、日本の低金利を背景にセールストークとしてはリスクが減ってるように見えるし余ってるお金がある人は簡単に話に乗ってしまいそうです。(我が父も話に乗ってしまったひとりです。)

このような仕組預金に簡単に乗らないためにしっかりした金融リテラシーを身につけないといけないですね。

自分に決定権があるのなら良い商品なのですが...

>Black bulletさん
コメントありがとうございます。
低金利が長く続いているので、どうしても高金利に食指が動いてしまうのでしょうね...
預金という名前が、初心者(知らない人)を引き寄せるポイントなのかもしれませんね。
金融リテラシーをはじめ、安易に飛びつかないようにしないといけませんね。
(教育機関を用意して欲しいです!)
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング