2011-01-21(20:56)
401kの信託報酬ってなんで安いんだろう...と思ったら

琉球銀行のラインナップ追加の件、ちょっと盛り上がっているみたいですね。

琉球銀行の個人型確定拠出年金が最強!

で、ふと思ったのですが、なぜ同じもの(例えば外国株式インデックス)を運用しているのに、通常の投信と401kの投信で信託報酬が安いのでしょうか。国が補助を出している? なんてことを考えていたり...

と、そーゆーのは疑問に思って昔から考えてい方がいるようです。やっぱし自分が思いつく程度の疑問は既に議論されているということですね (´ヘ`;)

確定拠出年金(日本版401k)専用インデックスファンドの信託報酬は何故異様に安い?

記事内を見てみると、国の補助、個人型401kは加入手数料、管理手数料、あとは解約が無いから、規模の経済性...というお話が上がっていました。

個人型の手数料って結構バカにならんなぁ...と思っていたり。少額でちまちまやってたら手数料負けですね(ん、というか企業型401kで手数料が無いってのも、単純に会社側が経費で払ってくれるだけか...)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

もうコメントしないかと思ったが・・・

トンチンカンなところがあるので指摘。
>国が補助を出している?
>記事内を見てみると、国の補助、・・・
国の補助はないよ!勘違いとちゃうんかな?

>・・・あとは解約が無いから、
解約はあるとしても、例えば、外国株→日本国債へスイッチングとか、60歳まで「管理口座内」に留まってくれる。信託報酬手数料でお金を落としてくれると。

>規模の経済性・・・
昔は大企業の401Kに信託報酬手数料0.2%前後のものが多かったが、今、現在は、個人型でも使えるから必ずしも、そうとは言えないな。因みに琉球銀行の個人型401K加入者数は1~2百人位らしい。とても規模の論理とは言えない。

>個人型の手数料って結構バカにならんなぁ...
うん、ここがポイントだね。低信託報酬でも年間口座管理料を取れれば金融機関にとって悪くは無い。残高少ないと個人投資家(会社員?)が損。但し、個人型の場合、国年1号なら、最大掛金6.8×12ヵ月=81.6万円が所得控除で税金減らせる。例えば税率20%の人なら16万円の節税。年間口座管理料6千円取られても、「へでもない」って?2号で最大掛金2.3万円/月でも5万円減税なら、年間口座手数料払っても割に合う。まあ、こういう意味では「国の補助」と言えなくもないが・・・。

>・・・企業型401kで手数料が無いってのも、単純に会社側が経費で・・・
その通り!その分、給料が減ったとも言える。右肩上がりの昔(20~30年前とか)だったら、厚生年金基金とか、401Kじゃなくても高利回りの年金(5%とか?)が確保できた。401Kなんて不要だったんだろうね。その口座管理料を払わなくて良いぶん、給料も増えていた?のかな?

その他、指摘できるのは信託報酬手数料の内訳。中央三井の外国株式インデックスを例にとると、
http://www.cmam.co.jp/fund/file/plan00278.pdf
http://www.cmam.co.jp/fund/file/plan00021.pdf
一般販売のCMAM、内訳の委託、受託、販売のうち、マネックスとかSBI証券とか貰えるのは0.27%。ところが401K用なら、たったの0.07%。SBI証券で個人投資家の預かり残高、100億円あるとして一般販売なら2700万円が儲け。401K用なら、たったの7百万円ポッキリ(汗)!君がSBI証券の社長なら、タダでさえ儲からないインデックスファンドで401K用を売りたいと思うか?そうなら君はソビエト共産党員だはな(笑)。じゃあ、中央三井アセットマネジメントが独立系投信みたいに直販にすれば、販社取分を考えなくても良いから・・・。うん理屈上はそうなるが、そこは、オ・ト・ナの社会(汗)。

まあ、個人型も基本4資産、0.2%前後のやつが利用できるようになり、しかも新興国、REITまで追加されれば、運用商品ラインナップは下手な企業型よりは良いかもしれないね。企業型で最悪のケースは、ショボいラインナップでも、その勤務先を辞めないかぎり、嫌でも、長~いお付き合いになってしまうところ。個人型は嫌なら、A証券→B銀行→C生命とか、好きなところへ変更できるのがメリットかな。

Re: もうコメントしないかと思ったが・・・

>Werder Bremenさん
コメントありがとうございます。
401k絡みだとWerder Bremenさんからコメント・指摘頂けるかなぁと思って密かに期待していました。
ありがとうございます。

>>国が補助を出している?
>>記事内を見てみると、国の補助、・・・
>国の補助はないよ!勘違いとちゃうんかな?
>
>解約はあるとしても、例えば、外国株→日本国債へスイッチングとか、60歳まで「管理口座内」に留まってくれる。信託報酬手数料でお金を落としてくれると。
>昔は大企業の401Kに信託報酬手数料0.2%前後のものが多かったが、今、現在は、個人型でも使えるから必ずしも、そうとは言えないな。因みに琉球銀行の個人型401K加入者数は1~2百人位らしい。とても規模の論理とは言えない。

基本は資金流出の目処が立っている(60歳まで下ろせない)のが大きな理由なんですね...
国の補助はナシですね...スミマセン。国との関連は所得控除ってだけですね。掛金拠出がでかいほど、所得控除が効いてきて、年間口座手数料を上回ると。
規模的にも余り関係が無いっぽいですね。

会社型401kも会社側の経費=給料から出ているんですね。
直接関係ない話ですが、以前会社で「社会保険料は会社が半分も負担してくれてるんだから」とか言ってる人いましたが、
その半分を稼いでいるのは...? なんてことを考えてました。

401kに食指が動かないのは、販売手数料の絡み。そうですよね...同時に日本版ISAも食指が動かないのは儲からないから(システムつくる費用のほうがでかい)かなと。基本、営利目的である以上は儲からないのはやらないですし。

>じゃあ、中央三井アセットマネジメントが独立系投信みたいに直販にすれば、販社取分を考えなくても良いから・・・。うん理屈上はそうなるが、そこは、オ・ト・ナの社会(汗)。

なんか、利権が絡んでたりするんですかね...? てか、それをやると業界的に干されて潰される的な(汗)


いつもご指摘ありがとうございます。
税制絡み等を含めて外債とか視野に入れて戦略立てたりしているので、
今後もご指摘等貰えれば非常に嬉しいです。

厳密なソースなどは調べておらず、この報告自体にも疑問は出ているようですが、確定拠出は確定給付の2倍のコストがかかっているというアメリカの報告もあるようです。(近日中のエントリー予定の材料です)

DCがどれほど運用会社側にどれほどメリットがあるかはいろいろ推論は出来ますが、案外当てが外れているor今は将来の収穫への種まきの時期なのかもしれません。


いずれにしても個人投資家としては有利な商品を選ばせてもらうだけですが・・・

Re: タイトルなし

>吊られた男さん
コメントありがとうございます。

個人への資産額・運用結果通知等を送るためにコスト増になっているのでしょうか...
エントリー楽しみにしています!
何にしても、調べて安い・有利な方に乗り換えですね。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング