--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-09(19:25)
直販

最近、直販投信をちょこちょこっと調べていたりします。

※すんません、偏見・間違いなどあると思います。直販投信へ投資されているかた、色々と教えてください。

自分は購入するつもりはあまりないのですが、コツコツ投資をされている方の中で結構な比率を持っていそうな感じがしたので...個人的には、「なんだかんだでアクティブファンドだよね?」という位の感覚だったんですが。長期投資やらで長い視点で見て、積立が特徴? で、販売会社を通さないから信託報酬が安いファンドだと考えてます。(でも、他のインデックスファンドと比べると信託報酬は高めなのが疑問です...が、今はそうだって言うだけでしょうか。昔は?)

...ただ「同じ志を持つ人と交流可能」「リバランスをやってくれるので楽」などのご意見、お聞きしました。

確かに、よく直販投信ではセミナー? 等の集まりがあるようで、交流が出来る点は良いのかなと思っています(その分、コストが上積みされてる?) また、細かいことは色々とやってくれるので、あまり考えることがないのも良いのかと思います(物によってどこに投資するかまちまちなので、最初の選択は重要そうですが)

なんにせよ、「直販」の人気の秘密がもう少し知りたくなりました。





話は変わって、直販は直販でも、お米の直販を探しています。今年は「特Aクラスの米を食べまくりたい」と思っていたのですが、どこが信頼出来るのかさっぱりです。スーパーのは偽装だったり、魚沼産とか言っても、産地が広すぎて、微妙な土地の魚沼産コシヒカリだったりとかするらしいので。とりあえずうまいと言える米を食べたいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

低コストなインデックスファンドに魅力を感じる人にとって魅力的かどうかは別として、こんな特徴があります。

運用会社サイド:
・相場が冷めていて今株を買いたいという時に投資家向けセミナーなど開催しようとしても販売会社が認めてくれない反面、相場が加熱していてお金いらないという時に販売会社から絶好のチャンスといってセミナー開催の打診があったりと運用会社の思いが投資家に伝わらない
・直販にすることで販売会社を通さず直接投資家にメッセージを出すことができる
・販売会社を通さないことで販売会社の分コストを抑えられる(アクティブファンドにしては)

投資家サイド:
・運用会社と直接コミュニケーションがとれる(一部はセミナーのUst配信なども実施)
・現金ポジション含め全ておまかせできる投信が揃っている
 →自分で資産配分を決めたい人にとってはコントロールできない分デメリットになります
・独特の運用哲学を持ったファンドを購入できる
 →直販に限った話ではありませんが、直販は尖った運用をするところが多いと思います。
  当然尖ったからといって成績が良いわけではありませんが。
・長期保有で信託報酬が下がるファンドもある(ひふみ投信)

という所でしょうか?

かつて大和投信が直販事業をやっていた時があって、その時はDC向け低コストのインデックスファンドを直販していました。

デメリットは直販投信毎に口座を開かないといけない。
ネット証券などに比べて購入/売却のシステム化が遅れている
決して低コストではない

というところでしょうか?

アクティブ運用に共感できてコストも納得できるレベルなのであればいいと思います。
セゾン投信は設立当初はかなり低コストでした。
その後STAMやeMAXIS、CMAM、野村などなど低コストのインデックスファンドが登場して個別に組み合わせを自分でする人にとっての魅力はコスト面で薄れたのは否めません。

直販投信も直販のお米のように、農家の顔が見えてどんな風に育てたお米なのかわかった上で気に入ったら農家から直接お米を買う。そんなような仕組みです。
ただ、いいと思う基準は人それぞれなので、これは成績が良さそうだと思う人もいれば、運用哲学が気に入る人もいるし、コストが低いのが好きな人もいるので万人向けかと言われるとそうではありません。

ちなみに自分はインデックスのリターンでは満足しきれないので、いいアクティブファンドを探した結果、一部の直販投信を購入しています。

顔が見えること、お任せできることですかね

>m@さん
コメントありがとうございます。

会社都合でセミナーの開催が認めてくれないこともあるんですか...
やはり、直接顔が見えている点と、リバランスなどお任せと言う点が特徴・メリットでしょうか。
ある程度は任せてしまいたい人にとってはオススメですね。

歴史を知ると、今で言う低コストファンドが出る前の直販はコスト面でも魅力的だったのですね...
やはり歴史を知らなきゃ駄目ですね (汗 今の面しか見えないので。

人それぞれの判断にはなると思いますが、
直販投信、アリなのかなぁと最近思い始めています。

情報ありがとうございました!
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。