自分自治体

固定資産・資本的支出

2010/01/24
会計 0
固定資産について一通り勉強してました。

級数法という減価償却法がでましたが、ブロック化して決められた分償却するだけなので簡単ですね。
それよりも、圧縮記帳で少しつまづきました。
圧縮記帳は課税の繰延効果があるところまでは知っていたのですが、積立金方式の場合で躓きました。繰越利益剰余金と圧縮積立金の勘定科目とP/Lとの関係がわからずに迷ってました。調べても勘定科目はどちらも純資産とあるので、いつP/Lに出てくるんだろうと思ってました。
ここが税効果会計と絡んでくるところなのですね。P/Lには法人税調整額とかで考慮するのでしょうか。次の本にのってるみたいなのでおいといてすすめます。

次は資本的支出・収益的支出の部分ですが、これは簡単に理解できました。2級の部分ですね。
ただ、資本的支出があったときの減価償却法が想像していたのと違いました。当初の資産と資本的支出を行った部分を個別に償却すると思っていたのですが、合算するのですね。


次はリース取引ですが、今日はここでやめることにしました。
なんかオンバランス・オフバランスがどうとか最近変わったってことだけ知ってます。
ビックカメラがオフバランス化がどったらとか言っていたので。

まぁ、明日またやることにします。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
会計