自分自治体

ソニーPSに不正アクセス、7700万人の情報流出の可能性

2011/04/27
マネー・投資雑記 2
ソニーが個人情報流出したようです。
再送:ソニーPSに不正アクセス、7700万人の情報流出の可能性

ソニーからの公開情報はこちら。
【PlayStation®Network/Qriocity™をご利用の皆様へのお詫びとお願い 】

クレジットカードは「可能性を完全に否定することはできませんが」という回りくどい言い回しです。最近の東電の流れとかを見ていると、情報が正しいのか穿った見方をしてしまいます...

私は以前にPS3を持っていて、ゲームのダウンロードにクレジットカードの情報も入れてました。確か、PS3を手放す時に退会しようと思ったのですが退会のやり方が書いておらず出来なかったので、消せる限りの情報は消して処分していました。本体の消去は確認したのですが、サーバー側の方は消したのか覚えてません...

クレジットカードの情報漏洩は真偽はまだわかってないですが、漏れていた場合は不正利用のケースも押さえておいた方がよいでしょう。実際には、どうやって不正利用するのかわかりませんが...ネット購入では暗証番号もサインも不要で購入可能ですが、どこに送るのか? で詰まってしまうと思います。

とりあえずは、ソニーの言うとおりクレジット会社の明細をチェックして、不正利用があれば申請することでしょうか。明細の通知から60日以内に申請し、不正利用が発覚すれば損失額は保障されますので安心です(紛失盗難保障制度)。今回は「史上最悪」ということでニュースにもなっていますし、クレジット会社も柔軟に対応してくれるのではないでしょうか。

2011/04/29追記:「60日」という保障の期限などはカード会社によって違いますので、約款を確認して下さい。

(思い返すと、リーマンショックも地震も、何か100年に1度・史上最悪・最大とか最近よく聞くなぁ...)



今回、このような漏洩が発生して、個人情報の保護について皆さん考えることがあったと思います。個人情報やクレジットカードに過度な恐怖心を抱く人もいるかと思います。 ...が、上記のように不正利用についての保障は整備されているわけですから、(クレジットカードの不正利用については)過度に恐れる必要は無いと思います。正しい対処を押さえておけば問題ないでしょう。

そもそも、個人情報が完全に漏れないようにするなんて無理です。学生時代のアルバムから漏れる可能性があるでしょうし(最近の学校の卒業アルバムには住所などは一切載っていないようですが...) 友達が携帯を落とすだけでも自分の名前と番号などは漏洩します。今回の事件とは規模が違うでしょうけれど、自分の過失が無くても漏れてしまうものなので、過度に恐れなくても良いと考えています。

クレジットカードのメリットは「現金を持たずに買い物が出来る」「ポイント・還元がある」(人によってはデメリットでもありますが)という点ですので、これにメリットを見いだせる人は過度に恐れなくても、リスク発生時の対応だけ押さえておけば良いのではないでしょうか。

ちなみに自分は、以下の点に気をつけています。

・盗難・漏洩時のカードの止め方を押さえておく
 フリーダイヤル等をメモして止められるようにしています。

・不正利用ジの保障の内容を調べておく
 毎月、家計簿との整合性のためにチェックしています。

・暗証番号は使わない
 カードによっては、暗証番号を使われた利用は一切の保障がないという旨があるようです。
 店頭で使う場合は暗証番号を盗み見られるかも知れないと思い、全てサインとしています。

・限度額を下げる
 これは万が一ですが、限度額を通常使用する額を抑えておけば、最悪の被害額が軽減されます。

「リスクは避けるものじゃなくて、コントロールするもの」という記述がどこかの本にありましたが(わ、忘れました...) 対応策をあらかじめ調べておけば、大して怖くないと思います。





話はころりと株式投資になりますが、株式投資も同じですね。「過剰に怖がってやらない」というより、「対応策を押さえた上てやってみる」と。

株式だと、(現物なら)出資の範囲までの損失だし、何かあっても資産は分別管理されている(万が一証券会社が不正を行っても投資者保護基金により1,000万まで保護される)、売ると受渡は3営業日かかる...といったことをおさえた上で買ってみると、そんなに怖くないと思います。(投信なら1,000円から買えます)

証券への投資に意味・メリットを見出せない人はやる必要は無いかと思いますが、「興味はあるけど怖い」という人は対応策を把握して少額でやってみるのも良いのではないでしょうか。仮に、ダマされたと思っても損失額が把握されていて、それが許容できれば問題ないかと思います。上記投信の例なら1,000円が最大損失額です。


新しいことにチャレンジしながらも、対策と損失額は考えておく...重要かと思います。
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

岩崎 ひろみ

こんにちは
ソニーの今回の事件も衝撃的ですね
個人情報の漏えいの部分たけを報道で流しすぎると
私を含め一般の人はますますネットでクレジットカードを使う事が不安になりますね

ジャパネット銀行などのサービスでワンタイムデビットとクレジットカードとかは
一回で使い捨てのクレジット番号を発行してくれます。今回の事件などが
あると、セキュリティの部分で良いかもしれません

本当に最近100年に一度の事が多いいですね・・・

2011/04/28 (Thu) 09:10

PET

カード不信にならないように、ですね

>岩崎 ひろみさん
コメントありがとうございます。

クレジットカードに限らず、個人情報に対して過敏になりすぎちゃいますよね...
過度に気にせず付き合っていけばいいのかと思っています。

使い捨てクレジット番号などはセキュリティ上は有効ですね。
毎回入力ってのが面倒な人はいるかもですが。

ホント、「未曾有の」とか多いですよね、もう何が来てもビックリしません(笑)

2011/04/29 (Fri) 12:16
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
マネー・投資雑記