2011-05-11(21:54)
何が正しいのか考えてたら混乱してきた

最近、「正しい知識」と「個人の考えによる」という言葉で色々考えすぎたのか、何も書けなくなってしまいました。

例えば保険で、「医療保険は必要ない」と言う人がいるのと同時に「医療保険不要は勝手過ぎ」と言う人もいるわけで、「人それぞれ」「ケースバイケース」「個別に聞かないとわからない」と話は流れます。「人それぞれ」なんて書いても、読み手は嬉しくないので、判断基準のファクターや仕組みを書いてあげれば良いのかと思うのですが、もしかしたら自分の知らない事実などもありそうで、その状態ではダメでは? などと考えてしまい、まとまった文章が書けなくなる状態が続いてました。

株式運用についても同じようなことを考えたりしています。結局、株式運用は「減るかもしれないお金」であるわけで、それに資金を投じるかは(当然ですが)人それぞれの責任になります。未来の不確実な事について何か言うのは非常に重く、何かを言っていいのだろうか? と思ったりするのです。(別にその通りにしなさいと明記していないので、深く考えなくていいと思うのですが)

「増えるか増えないかはわからない」「期待リターンはプラス『と想定』」って聞くと、株式運用って全くメリットのあるものに見えなくなってしまいます。政府の「貯蓄から投資へ」もまやかしで、実は株式市場は権力者にお金を渡す場だけなのかもしれません。真実を知らないので(そんなものはどこにもないのでしょうけれど)

「個人個人、より良い生活をしようと合理的に生きているのだ」と考えると、運用しないならしないで、保険は気にせず入って、お金の勉強はせずに、それでそっとしておくのも...なんて考えたりもしてました。ひっかきまわして結局損しました、となるケースもあるからです。

というのも、保険は「入らなくて良かった」と思うことがほとんど無いと思います。保険に入っていたら、何もなければ「何もなくて良かった」、何かあれば保険金が下りて「保険に入って良かった」と悪い感情を抱かないです。安心料です。そこに付加保険料などによる損失の合理性をどこまで考えるのか? ボッタクリだとして、適正利益は何か? など考えます。株式運用も一緒で、株式を買っていないケースで「損をした」と思う人ってあまりいないと思います(物価が上がったりしても、株式に資金を投じていなかったせいで購買力が追いつかないとは考えないでしょう)

ただ、結果、そのような話を誰もしないから、業者が顧客無視のボッタクリ商品を売ったりしている現状となっていることを考えると、これまた「言わないと駄目でしょう」となるわけです ...ってな具合に、ぐるぐるっと回って巡ってます。

ここは個人のブログだし、他で話をする時も前提条件はつけて話しているのだから、気楽にやれば良いと思うんですが、何か止まってしまいました。

実は、半年くらい前にも別口で似た様な事がありました。その時はマルチ商法の是非についてです。マルチ商法自体は違法では無く(連鎖販売取引)、これを「正しい」「良いもの」と思ってる人もいるわけですが、これを「人ぞれぞれ」の判断として良いのか? と考えていました。でも、違法・強引な勧誘・「営業ではない」と言いながら営業をする人間が沢山いるのも確かです。でも、真面目にやっている人もいる(らしい)です。

自分はマルチ商法否定派で、基本的にはやるべきではないと考えてます(理由はまたの機会にアップします) 一方的に「駄目」と言っていいものやら何やら... でも、下手に「中立・人それぞれ」とか言っていると、強引な勧誘の元に片方のバイアスのみで流れそうだとも思っていました。

さて、どういう伝え方が正しいのか...と思ったところで、そういった方面に詳しい経営コンサルの知人にも相談してみたら、「情報を沢山与えてあげればいい」とのことでした。当然、嘘や誤解のある情報は駄目ですが、裏の部分の実態なども知ってる範囲で詳しく教えて、後は個人に判断を委ねるとのこと。要は「正解が無いので、情報を与える」って事らしいです。

この話を思い出したら、「とりあえず、主張したいなら正しい情報を公開していくしかないやね...」とまとまりました。少なくともブログは「見たい人」だけが見に来れるツールですから、あまり考えなくても良いのかなと考えたら、少し楽になりました。

ただ、誤解・嘘のないよう、そして決めつけのないように、少しずつでも書いていこうと思う今日この頃でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング