2011-05-20(19:40)
「htc EVO WiMAX ISW11HT」で(うまいこと)ezwebアドレスの送受信をしてみる

スマートフォンを購入してから、ゲームボーイを与えられた子供のように色々といじってます(年代がバレる表現...)

今回購入した「htc EVO WiMAX ISW11HT」ですが、ezewbメールアドレス(~@ezweb.ne.jp)の送受信が出来ないようで、二の足を踏んでいました。色々と考えた結果、GMailアドレスを作成してアドレス変更連絡をすると言う形で完結したのですが、「え、フリーメール?」と思われ、携帯を手放したように見えてしまい、ちょっとうまくありません(そのリスクを許容して買い換えたわけですが)

また、中には迷惑メール対策としてフリーメールの受信は拒否している人もいるようで、こういう方にメールを送っても、エラーになってしまいます。AUではエラーすら出ない設定もあるようで、困ったものです。(このリスクも、許容した上で買い換えました。例外設定をお願いしたのですが、それでもされなかった場合は、ご縁が無かったということで)

でも、送受信できなくてもezwebアドレス自体は残るんです。スマートフォンに変更した後のプランで「IS NETコース(月額315円)」を契約すると、ezwebアドレスがそのまま残ります。が、EVOでは送受信が出来ずにエラーメールも相手に返らない、ゾンビ状態となります。「IS NETコース」はウェブやメールを利用するために必要な契約であり、契約しない人はいないと思いますので、大抵の人は事前にアドレスを転送しておき転送先のアドレスを使う必要があるのでした。

そこで、ちょっと調べてみると、EVOからでも擬似的にezwebメールアドレスとして送受信出来る方法を見つけました。フリーメールの受信拒否についても、完全ではありませんが「ある程度」対応出来そうです。

デメリットは標準のメーラーではなくGMailアプリを使う必要がある点と、送信時にezwebのアドレスを選ぶ必要あってめんどうという点ですが、AUからEVOに変更した時、アドレス変更の連絡を皆にしなくて良いので受け手にやさしいかもしれません。

大まかな流れは以下の通り。

【機種変更前】
 1.GMailメールアドレスを取得
 2.ezwebアドレスをGMailアドレスへ転送する設定を行う
【機種変更後でも可】
 3.GMailアドレスの送信元にezwebアドレスを追加する
【最後】
 4.注意点

順を追っていきます。


1.GMailメールアドレスを取得

まずは、新しいアドレスを取得します。アドレス名は何でも良いです。

GMail 新規アカウントを作成する



2.ezwebアドレスをGMailアドレスへ転送する設定を行う

ezwebのEメール設定から、作成したGMailアドレスへ転送する設定を追加します。これは契約変更前に行わなければいけません。(一度機種変更をするとEVOからは転送設定の追加が出来ないため) 救済策として、店頭に修理を出し代替機で転送設定、その後すぐに修理キャンセルをすれば可能とも書いてありました(以下サイト参照)が、EVOはSIMの取り出しなどが出来ないようで、不明です。機種変更前に転送設定をするほうが無難でしょうか。

【トラブル対応】HTC EVO WiMax ezwebアドレスからgmailへのメール転送をし忘れた場合の対応

転送設定を行えば、ezwebアドレスに送られたメールは全てGMailで受け取る事ができます。そしてGMailアドレスをEVO側で設定すれば送られてくるメールの受信は出来ます...が、送信・返信する時はGMailアドレスとなってしまい、アドレス変更連絡をしていない場合は、誰のアドレスかわかりませんし、受け取り側がフリーメールの拒否をしている場合はメールを送ってもエラーになったりしてしまいます。

そこで最後の設定です。



3.GMailアドレスの送信元にezwebアドレスを追加する

GMail側の設定を追加します。GMailでは送信元のアドレスを追加することが出来るようです(一歩間違うと「送信元なりすまし」の扱いになりますが...) 詳細は以下URLを見て欲しいのですが、GMailの送信元を追加する設定でezwebアドレスを選択することで、送信元の追加が出来ます。追加するアドレスには確認のため、許可のメールが飛びますが、既に転送設定をしているため、GMailアドレスでの受信・認証が可能です。

ezweb.ne.jpのメールをgmailで管理する

こうすると、GMailを送信するときに、送信元アドレスを選択できます。

メールアドレスの変更連絡と携帯メールでないことの説明が面倒な人、フリーメールを拒否している人の対策として、こういう解決策がありました。



4.注意点

ただ、注意が3つあります。

1つ目は、送信に手間がかかることです。メール送信時にはGMailアドレスで送信することになっていることになっているので、ezwebアドレスを選択しなおす必要があります(タップ2回で終わる程度のものです)

2つ目には、初期のメールソフトが使えないことです。EVO標準のメールソフト(起動時にあるアイコン)だと、送信元アドレスが選択できないので、別途のGMailアプリ、送信元が選択できるメールアプリを使用する必要があります。

3つ目はフィルタリングによってメールが届かないケースがあるということです。

(上記サイト「ezweb.ne.jpのメールをgmailで管理する」内の注意引用です)

注意!!
携帯電話への迷惑メールが多いため、各社で成りすまし対策が強化されています。メールを受信する相手の設定次第ではメールが届かない場合があります。その場合は素直にgmailを利用しましょう。


このように、受け手側の設定次第で結局送れないこともあるようです。決め手は、「相手の受信拒否設定が、送信元アドレスを見てフィルタリングしているのか、メールヘッダ情報(Sender・Delivered-To)の内容でフィルタリングされているのか?」です。送信元アドレスを変更しても、メールヘッダ内の情報は変更されておらず、GMailから送ったことになっているため、メールヘッダ情報の内容でフィルタリングされていると、やっぱりメールは届かずエラーになります。この設定は携帯会社各社、及び受信者の設定によるようです。

自分でフリーメールをフィルタリングしている人に送って試したところ、1名(ドコモ)の人がダメでした。

Gmailで全てのメールアカウントを管理する方法

※この事実、送信元を変更しても、GMailのアドレスがメールヘッダ内に残っていることを意味しています。今回のケースではGMailアドレス=携帯専用アドレスとしているので、GMailのアドレスが受信者にバレても問題ないですが、普段使っているGMailで他アドレスをPOP受信している人は要注意ですね。GMailで送信元を他アドレスとしていても、GMail本来のアドレスが裏で送信先に送られているってことです。受信者がメールの詳細を細かく見ないとバレないのですが、見ないとは限らないので、GMailアドレスが漏れると困ったりする場合は要注意です。てか、こういうの気付かずに使っていました...

以上、調べてみたので、まとめてみました。他にもっと簡単で良い方法があれば誰か教えてください。



うーん、しばらくはちょこちょことスマートフォンネタが増えそうです(笑) 購入に到るまでの検討など、お金に関わる部分(固定費・移行)に関する意思決定も多く計画したので、ブログにお越し頂いている方にも参考になるかと思っています。

ちなみに、投資の方は相変わらずコツコツと積み立てています。マネックス証券では積立したことをお知らせしてくれますし、SBI証券では電子交付の連絡が来るので、積立が実感出来ます。コアとなる投資は基本的にこの確認をするだけになっていて、なんか手持ちぶたさです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング