--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-08(21:51)
相場の予測とか

相場の予測・相場を当てて人より儲ける事については様々な意見が飛び交ってます。

最近、様々な考えを持つ人と話すのですが、思想は様々ですし、未来のことは誰にもわからない以上、正解もなくこの議論は一生続くのかなと思ってます。「投資=株価の上げ下げ」だけでは無いのですが、今日はこの辺について少し思ったことを。


相場が読めるか・当てられるかについての意見は、大きく以下の4つくらいに分けられると思ってます。

1.当てられる
2.ある程度わかる。確率的には高く当てられる
3.無理。当てられない
4.原則わからないけど、「さすがにこれは」ってことはある

こんな感じでしょうか。

1は能力があればいくらでも相場を予測出来るというお話ですが、あまりこういう人はいない気がします。詐欺的な感じがしています。

2は現実的ですかね。「必ず」ではないですが、傾向をつかんでほぼ当てることが出来る、確率的には高く、最終的に高い利回りを出せるであろうという考え。アクティブファンドで良い成績を残すという点ではここに入るでしょうか。

3はインデックスファンドを保有する人の考えですかね。当てられないがために平均値を取る、もしくはそもそも投資自体に手を出さないという話になるでしょうか。

4は、バブル・恐慌時の考え方。「さすがにこれは...」と思ってしまうケースです。

皆さんはどれに近いでしょう?

自分、振り返ってみましたが、3と4の間くらいかなと思ってます。1は詐欺(あえて断定)、2はちょっと自分に合わないです。

ビビリなもんで、自分の意思決定に身を委ねられないのです。意思決定が出来ないわけではないんですが、「人より優れているのか?」「裏をかかれないか?」と考えると身を委ねられないです。ここ一発で予想をして外れてしまったときのことを考えると、長期短期問わず、どうも2の方法は自分にあいません... そうは言っても、「さすがにこれは」という時は今回の震災時に思いましたし(この時は配分が大きく変わったのでリバランスしました) 長くやっているとアレって思うことはあるかもしれないかな、と思ってます。

基本的に自分は平均値でまったりです。それ以外のアクティブな行動は株式投資以外で行ないたいというのが一つの考えだったりします。

また、株式は最終的に個別出資でやりたいんですよね。起業する段階での出資がしたい。筆頭株主になることが株式投資における最終的な夢です(全然インデックスでも平均値でもない!?) 「事業をやりたいけど資源が無い」という人に火種を与えて、それが大きくなる。その役目を担いたいなぁとか、勝手に思ってます。

そうなると必要となるスキルが上場株式を買うのとは全く異なってくるし、必要な資金量も桁違いになるので、いつになるやらです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。