--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-11(15:01)
株式に求めるモノ

皆さんは株式に何を求めていますか?

パッと考えて、こんなものが出てきます。

・一攫千金
・自分年金(老後資金)
・安定した収益
・資産クラスの分散
・経済の発展に寄与
・企業の応援
・楽しさ
・面白さ

私が思いついたものはこれくらいですが、他にも沢山あると思います(新しい観点、教えてください) ちなみに上にあるものほど「実益」を重視し、下に行くものほど「気持ち」を重視しているようにまとめました。皆さんは何を求めて株式・債券などに投資していますか?

というのも、先日の勉強会にて基本的に自分がインデックス投資であることを伝えた所「インデックス投資、楽しいですか?」と率直な質問を受けて、少し振り返って考えてみたのです。

インデックス投資家であれば、「経済の発展に寄与」「安定した収益」「資産クラスの分散」当たりがメインになるでしょうか。また、アクティブな投資家であれば、「面白さ」「楽しさ」などの気持ちが重視されたり、もしくは「一攫千金」などが該当すると思います。アクティブファンド(直販投信)のセミナーを聞いても「楽しさ」「面白さ」が重視されているようです。



私は以下の考えから原則インデックス運用にしています。

・基本の運用は極力感情を入れたくない(感情に流されると良い結果を生まない)
・予想を立てても、相場を意図的に操作する権力者などに裏をかかれて騙されそう
・財務分析をしても、粉飾の可能性があって見抜ける自信がない
 (上には上がいる。素人の調査で分析し、その決定に身を委ねられるか? 会計は合法の範囲でいくらでも操作可能)
・「自分の自信の無さ」がコアにある(これに尽きますね)

こんな理由からです。とは言っても全くのインデックスではなく、少額の資産はアクティブにしていますし、仕事・余暇や趣味の時間等をアクティブにすればいいかな、と思っています。当然、人それぞれの考えになりますが、流動性の高い「株式運用」については原則パッシブでいいのかな、という思いです。

インデックス運用に対する反論として、「インデックス投資は説明責任を果たすことが出来る投資」とも聞きます。要は負けたときの言い訳が出来る投資。ですので大きな機関が運用するにはそういったものが必要というお話です。小さいお金でインデックスにするか? などの意見もあるようです。これはその通りと思います。デカイ機関で求められるものを小さな個人に同じく適用しても良いのか? というと疑問も残ります。

自分はまだ、運用に興味を持ち始めてから5年くらいしか経っておらず、インデックス運用も始めて2~3年程度なので、日が浅く歴史を知りません。昨今の自分の周りで聞くインデックス運用も、10年20年前にも同じようなブームがあり、タダの流行りものなのかもしれないです。インデックス・アクティブと行ったり来たりしているのか、やっぱり個別株が中心な歴史の中で、最近やっと投信のコストが下がってきて個人でもインデックスが手に届いたために注目され始めたのか、その辺の経緯がわかってないんです。

まぁ10年程度考えていれば、その期間の歴史を追いかけられるので、コツコツと続けていって場の流れや動きを見ていこうかなと思っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

あれ、投資歴5年だったんですね。
ツイッターでは私の方が長いという認識で書いてしまいましたが、そんなに変わんないんですね。すみません。

私のインデックスに対する認識は、全滅したくないの1点です。
日本株インデックスに投資したとして、世界的にみればアクティブ投資ともいえます。
じゃあ世界分散投資って何ってことになりますが、これはあまり興味を持てていません。

香港株ETFにせよインデックスですが、香港株全体と言うアクティブと思っています。
だから「インデックス=つまんねぇ~」とは考えた事がないし、負けた時のいい訳にはならんと思います。
どのインデックスを選んだかを決めたのは私自身ですもん。 

インデックスというよりパッシブでした

>うさみみさん
コメントありがとうございます。

投資歴は5年くらいですが、最初の1・2年はわけもわからず言われるままに個別株を買っていましたね...

記事、パッシブな投資とインデックス連動投資を混同して話してたようです。
自分は国内外分散で考えてるので、パッシブな投資というのが当てはまりそうです。

インデックス→全滅しない は大事ですよね。
確かに国に対するインデックスなどは、全世界で見た上ではアクティブに見えますね。(香港株ETF等は特に)

どんな投資であれ(しないことも含め)、自分で選んで、責任・結果を受け止めるというのが大事かなと。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。