--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-20(20:23)
海外投資の利回りに「異議あり!」

危ない危ない、勘違いするところだった。

海外「で」投資をしている方とお話してきました。利回りが10%程度出ているとのことです。リーマンショック時も元本割れしなかったそうです。そこで、自分も海外「へ」投資をしている旨をお話したら、「利回りは何%ですか?」とのこと。「今はちょんちょん・マイナスになってますけどねー」と答えましたが、先方は「所詮日本」的な考えを持ったのかも知れません。

そうは言っても長期投資(という言い訳?) 相手はヘッジファンド。「アクティブ投資なのでたまたま上手く言っただけなのでは?」などと考えていました。丁度最近の自分テーマが「インデックスvsアクティブ」だったので、頭がインデックスとアクティブな比較の考え方になっていました。

ただ、、、今日職場から帰る途中にハッと気づきました。インデックスだのアクティブだのにとらわれて、根本のところを忘れていた。

「ちょっと待て、相手はドルベースの利回り、こっちは円ベースでの利回りだ」

危ない危ない、危うく勘違いするところでした。ドルベースで比較するのなら(日本から見て)為替リスクが入っていませんが、円ベースで比較するのなら為替リスクが絡んできます。入っているリスクが違うもので単純に利回りを比較するのはナンセンスです。

リーマンショックの頃(2008年)の頃は1$100円程度でした。現在は1$80円程度です。約2割(20%)程度円高になっていますので、利回りも円で見るかドルで見るかでかなり変わってきます。ドルベースで元本割れしなかった(プラマイゼロ)としても、円換算で見ると約20%の元本割れです。また、日本では現在ちょんちょんの結果ですが、これをドル換算すると円高になっていますので、ドルベースでは増えています。

米ドル/円相場 10年チャート

当然、通貨は等しくなおして比較しないと良し悪しが判断出来ません。「海外で使えばよいのだから、為替は関係ない」とも他の方から聞いたことがありますが、だったら日本から投資したものも売り払って外貨に交換すればいいんですよね(手数料などは色々あるかと思いますが) ドルにしろ円にしろユーロにしろ、通貨をどちらかにあ合わせた上で判断しないとダメです。

海外投資の「利回り」と聞いた場合、どの通貨での利回りかを意識して下さい。超基本的な話ですが、混乱すると頭から飛んでしまいがちです。

仮に、海外の投資において、「海外の利回りは高利回り! 日本の利回りは低い」の通貨が統一されずに比較されているのなら、それは非常に悪質と判断します。



※あ、書いた後で気づきましたが、「ちょんちょん」って北海道の方言なんですね(笑) =プラマイゼロってことです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

この手の外貨建てでパフォーマンスを「意図的に」高めに見せるような説明もありますね。

Re: タイトルなし

>吊られた男さん
コメントありがとうございます。

外貨預金での広告はすぐに気づいているのですが、どうも頭のピントがズレていたようです。
今回話をした人が意図的なのか無知なのかは微妙ですが、気をつけるべきですね。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。