2011-07-03(19:09)
直販投信とヘッジファンド

直販投信が人気のようです。ファンドマネージャーの理念に賛同し、お金を預け、運用してもらって収益を得る。「運用者の顔が見える投資信託」としてさわかみファンドを筆頭に数多くの直販投信があり、セミナーなども多数開催されており、成績も順調のようです。

ふと思ったのですが、この「運用者にお金を預けて運用、収益を得る」形って、パッと聞く感じでヘッジファンドを想像したことがあるのですが、具体的には何か違うのでしょうか。それぞれの単語を聞いてイメージするものは違うので、「なんか違う」とはわかるのですが、理屈上何か違うのか? と考えると「...?」と答えが全く出なかったのです。自分が思う限り、以下の違いがあるのかと思っているのですが、誰か明確な違いなどあったら教えて下さい。

・理念の有無?
直販投信は「顔が見える投資信託」とのことで、運用理念や想いなどを強く前面に出しています。ヘッジファンドはと言うと...カネ・カネ・カネと言うイメージも浮かぶのですが、実際のところお話を聞いたことがないのでわかりません。ヘッジファンド=理念はない物だ、と言うのはただのイメージでしょうか?(実際のところ理念のない運用ってあまり無い気もしますが)

・資産額・積立の有無?
ヘッジファンドと言うと、億単位のお金が必要なイメージがありますが、直販投信は1万円以下でも積立で購入可能です。裕福層をターゲットにしているのがヘッジファンド、一般層をターゲットにしているのが直販投信、というイメージがあります...が、最近は海外には積立ができるヘッジファンドもあるようで、「???」と思っています。

・相対リターンと絶対リターンの違い?
ヘッジファンドはその名の通り、ヘッジ(空売り・デリバティブ)をして絶対リターンを目指しているイメージされるのですが、直販投信は買いポジションを持ち、どちらかというとベンチマークを上回る相対リターンを目指しているように感じます(実際のところはどうなのでしょう? ヘッジをかけて絶対収益を目指しているような直販投信ってあるのでしょうか?)

・長期投資・短期投資の違い?
長期投資をメインにしているのが直販投信、短期投資をメインにしているのがヘッジファンド...ともイメージされるのですが、実際のところ明確な分けが無いように感じます。長期的な視野に立ったヘッジファンドもあるようですし。

以上、純粋に疑問だったので書いてみた次第です。耳で聞いたイメージでの違いは何となくわかるのですが、明確な違いってよくわからないままでした。Google先生に聞いても何もヒットしないですし。何か定義上などで明確な違いがあるのなら誰か教えてください。なお、ヘッジファンド自体を別に悪いとも思っていないので、理念や考えが自分と合っていれば、投資すればいいのだと思います。



個人的には、証券会社の外で販売される投資信託ということで、万が一のことがあった時に投資者保護基金の対象外であるという点は頭の片隅にでも押さえておくべきと思っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ヘッジファンドで1億円

いつも楽しい情報ありがとうございます。

ところで私はヘッジファンド投資を始めました。

手続きは意外なほど簡単(投資助言業者がほとんど手続きしてくれました)。超富裕層しか相手にしないイメージがあったのですが、意外とそうでもないことに驚き(積立なら月々5万円から。500万円あれば一括投資も可能です)。

投資方法については、以下のサイトが参考になりました。
「みんなの海外投資」(http://www.minkaigai.com/

トラックレコードを見る限り、日本の運用会社とは運用力は比べ物になりません(日本は3年間利回りでマイナスが多い)。

ヘッジファンドは年利10~15%が当たり前なのは、それだけ競争がし烈な生き馬の目を抜く世界で生き残っているということでしょう(今年はこれまで不調ですが、相場の混乱期ほどヘッジファンドのチャンス)。

長期投資に徹する覚悟で、ズバリ!金融資産1億円が目標です!

個人的には懐疑的です。

>MILLIONAIREさん
コメントありがとうございます。
(スミマセン、一度間違って消してしまったので、メールに送信された内容から、同内容で書き込みしました)

ヘッジファンド、他の記事でも書いたのですが、挙げられた利回りがドルベースである事は要注意と思います。
少なくとも、ここ2年で1$=100円→80円となっていますので、それだけでも20%近くは円ベースで値下がりしています。

また、解約が出来ない期間や、いざ解約した時に違約金がかかるなど聞いていますので、その辺も踏まえて検討が必要かと考えています。

私の知っているものは月250$ですが、トラブル解決が難しいなども考えており、海外慣れしていない人には難しいのかなとも思っています。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング