2011-07-05(21:11)
自分投信の結果を見てみる。

さて、以前より何度もブログで書いています通り、自分は日本株式クラスについては、ETF・投信積立の他に個別株式を分散するスタイルで保有しています。(当時読みあさっていた時に目にした、『新しい株式投資論 「合理的へそ曲がり」のすすめ(山崎元著)』を参考にしていました) 20~30銘柄程度をうまく分散して保有すればリスクはインデックスとほぼ同等となるだろう、ということで構築を目指しています。

※その後で知りましたが、実際にTOPIXに連動するようなインデックスファンドを作るとしたら、銘柄数は数百は無いと精度の高いポートフォリオは作れないようですね。

第七十五回 インデックス・ファンドと銘柄数

まず、私が日本株式クラスを個別で保有したい理由は主に以下です。

・財務分析とやらを試してみたくなった
・信託報酬が0%
・株主優待が受け取れる(過去に痛い目を見ているので、決して優待メインではないけれど)

決算書を見る勉強もしたので、自分で構築してみようと思い立ったのが2年前の春頃でした。いくつかの銘柄を財務分析をした後に銘柄分散を念頭に購入してホールドしています。また、分析した銘柄だけでなく、その前から保有していた銘柄、財務分析をしなかった銘柄もあります(適当に買った銘柄ということですね) 振り返ってみると、分析した銘柄としていない銘柄、銘柄数が丁度半々くらいでした。よい機会なのでここ2年間の実績を振り返ってみようと思います。



自分が分析して購入した銘柄(分析銘柄)、TOPIX連動型投信(1306)、適当に買っていた銘柄(適当銘柄)について、比較してみました。要は、自分で財務分析をしてみた銘柄は平均より高い利回りを出せているのか? 適当に選んでいた銘柄と違いは出ているのか? を調べてみます。

実際には購入日も購入金額もバラバラですので、今回は「銘柄選びがどうだったのか?」に着目して、一律2年前の4月1日にそれぞれ同額を購入したものとして比較してみます。配当金・分配金については加味しない形で出しています(どの時点で再投資? など考えると、なんかややこしくなったので)

注:あくまでも2年でぶつ切りにして出した結果ですし、銘柄数は合計で20にも届かない程度の少なさですので、今回の調査で良し悪しの結論が出るはずもありません(特に、今回は震災もありましたし) そのあたりを念頭に入れておいて、参考までにというコトで見てください。



期間:2009/04/01~2011/03/31の2年間。

各々の銘柄で投資していた場合のリターンは以下になります。

個別株分析チャート




日々の騰落率を元に、ExcelでSTDEVP関数を使ってリスク(標準偏差)を出したところ、以下のようになりました。

インデックス:1.32%×16=21.12%
適当銘柄合計:1.25%×16=20.00%
分析銘柄合計:1.09%×16=17.44%
個別銘柄合計:1.08%×16=17.28%

※日々の騰落率について出したリスクは日単位の標準偏差なので、年単位に直すには「√営業日」を乗ずる必要があると思っているのですが、認識あってるのでしょうか...? 年間の営業日がほぼ256営業日ということで、√256=16倍としています。

リスクについては、インデックスの方が大きかったのはたまたまでしょうか? 購入していた銘柄値動きがゆるいだけでしょうか?

結果(実績リターン)についてはなんだか銘柄分析したものとしていないもので、非常に差が出たように見えます。適当に買った銘柄はあまり芳しくありません...最低でもセンター試験の足切りチェック位は必要、ということでしょうかね。

なお、実際には等額での購入ではありませんので、このグラフの通りにはなっていません。それでも、たまたま上向いた銘柄の総額が多かったためか、この2年間ではインデックスよりは含み益が出ていました。



原則、時間をかけなくても良いのが株式投資の大事なメリットだと思います。2年前の分析では正味3~4日くらいかけていたと思いますが、それ以上の時間をかけるつもりは無いですね。また、このような分析・購入は趣味の世界ですし時間もかかります。楽しみながらで無ければストレスが貯まるだけなので、無難に投信での分散保有が無難と思っています。




新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書)新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書)
(2007/10)
山崎 元

商品詳細を見る



決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール
(2007/10/25)
勝間和代

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング