2011-08-23(22:10)
脱税は当たり前?

ちょっと最近会ったり聞いたりした事で、「納税」について自分の価値観と大きく違う出来事が発生しています。

「真面目に申告する人間がバカを見る」
「個人事業主は厳しいんだから過少申告するのは当然」
「申告せず、バレたら過怠税を払えばそれで解決でしょ?」
「少額なら申告してもバレないでしょ?」

皆さん、「国はボッタクリ・ヤクザみたいなもんだから」というのが「このような行為は当たり前」という拠り所のようです。大多数の一般サラリーマンのように、税をいくら払っているのか関心が無いことも問題ですが、私としてはこのような価値感も同様に問題だと考えています。

実際の所どうなのでしょうか。私がサラリーマンで、のらりくらりとお花畑の中で生きているから「甘い」のでしょうか。このような税申告議論について「真面目ですね」とも言われたことがありますが、倫理的には当然の行為だと思いますが。なにも「1円単位でしっかりと」とか言ってません。納税する・される側共に全てを把握は出来ないでしょうから、ある程度の裁量はあると思っています。車に例えると「40km制限の道を50kmで走ってても事実上捕まらない」と言ったように、多少の幅があってその範囲内で色々と「調整」があるのは私も納得・理解できます。

ただ、それを乗り越えて「バレなければよい」とか、真っ向からルール違反する考え方はイマイチ納得できません。「私がサラリーマンで問答無用で取られているから」とかそういうことじゃなくて、そういうことを言ってる人間が「みんなの為とか、幸せをとか、価値のあることを提供したい」だの言っているのに腹が立ちます。結局は「より多くの金が欲しいための自己正当化」としか思えません。

税金は無駄遣いやら何やらがあるのは当然で腹は立ちますが、少なからず巡り巡っているものだと思っています。

なお、節税と脱税は全く別のモノだと思っています。(「合法的な脱税」などと聞くこともありますが。それは節税でしょ? と思うのですが...あまりにもあくどいものは除いて) 一方節税はルール上の元で申告を行い税金を安くする方法で、例えば事業所得の申告で費用を経費化するとか、法人化する・しないによるもの等です。これは私も十二分に使うべきと思います。グレーな部分もあるでしょうが、その部分こそ議論すべきポイント・価値感が分かれる所と思います。

ですが、明確な脱税は、そもそも「ルールを犯す」ということですよね。複数人が生活する上で少なからずルールありきで成り立っているわけですから、そこは真っ向から反抗すべきじゃありません(理不尽かもしれませんが、そのような税法を変えたければ民主主義に則るべき。嫌なら日本を出る選択肢は用意されている)

えーっと、やっぱり綺麗ごとなんですかね。「バレても過怠税を払えばいい」なんてのは、「レイプしてもバレなきゃいい。仮に逮捕されても、刑期分だけ刑務所で過ごせばいいだけでしょ?」としか聞こえませんけど。

まだ、生活が困窮しているならまだしも(?) 金持ちになるとか、資産を増やしたい人においてその考えはなんだかなぁと思います。ルールの範囲内で駆使してこそ、じゃない? とか思うんですけどね。

やる人はやる人で、私とはちょっと価値感が合いませんが、少なくとも「ルールは破っても良い」という人と約束・契約なんか恐ろしくて出来ませんよ、ということでしょうか。いつ自分が裏切られる側になるかわかったもんじゃない。

※「海外口座で良いファンドを」と仲介している人の商品で、月単位で配当が来る商品。年間配当は20万超えるハズなんだけど、日本の居住者なら確定申告が必要とか「あえて」言っていないんでしょうかねぇ。それが実態なんでしょうかね。



「反論・実情お待ちしています」とか思いましたが、公開されてるブログ上で、反論が来るとは思えませんね (-_-;)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

(脱税推進派ではありませんが)

脱税もルールを守っているという考えがあります。
不法行為に対する懲罰もルールであり、脱税した時に「懲役5年以下または罰金500万円以下」という処罰を受けて、それに従えばルールに従っていると言えると思います。(法治国家で定められた法律に従っています)

私の好きなサッカーにおいても、オフサイド、相手の足を引っ掛けるなどの「ルールを犯す行為」が規定されています。しかし、そのような行為に対して罰則も規定されており、それを含めてサッカーというゲームのルールという考え方もあります。

よって契約では「ルールを破っていいと思っている人」にも備えて、契約違反の場合の罰則なども規定している。


どうでしょう?

Re: タイトルなし

>吊られた男さん
コメントありがとうございます。

この話題は誰も触れないと思っていましたのでありがたいです。

> 脱税もルールを守っているという考えがあります。
> 不法行為に対する懲罰もルールであり、脱税した時に「懲役5年以下または罰金500万円以下」という処罰を受けて、それに従えばルールに従っていると言えると思います。(法治国家で定められた法律に従っています)

確かに、違反時の対応に従えばルール通りとも思うような気がしますね。
ただ、事前に「破っても良い」という考え方がしっくり来ないんですよね...

確かにスポーツ等の違反ついては「戦略」という形で自分でもすっと受け入れられるんですが、
税金などになるとどうも拒否反応が出てしまいます...
お金が絡んでいるからなのか、それとも「人として」のような問題だからか、自分でもちょっとわからない状態です。
(単に、自分が守っているからと言うのが濃厚かも)

理解は出来るんですが、納得がどうも出来ず、もやもやっとしています。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング