2011-08-31(22:05)
ガイアの夜明けを見て投資について考える

昨日、ガイアの夜明けを途中から見てました。以前から放送されることは知っていたのですが、(なぜか)録画に失敗したため、途中からの視聴になってしまいました。鎌倉投信の紹介(のハズ)とセキュリテ被災地応援ファンドの紹介でした。

どちらも、「投資の基本」に振り返っての内容だと思いました。投資の原則は、付加価値を生みそうな事業・人に資金を投じ、事業がうまくいったら収益の分配を貰う、という流れが基本ですよね。付加価値を産みそうかどうかの判断ももちろん大事なわけですが、単純にお金が産まれるかという点だけでなく、その裏には人・付加価値があることを忘れてはいけません。

上場株式に(特にインデックス投信などに)投資していると、時々ついお金の先のことを見ずに株価だけを見る傾向があるのですが(ん? 俺だけか?)

自分も、株式投資を始めてからなんだかんだで5年くらい経っています。デジタルに考えるスタンスは変わらないのですが、「投資とは何か?」という点をよく考えます。同時に、自分の資産も「どこにお金を投じるべきか?」と言った考え方をするようになりました。儲けることは、それはそれで必要なのですが、必要とされるところにお金を流すという点は忘れないようにしたいと思います。「それでインデックスかいな」とツッコミもありそうですが、市場全体にお金を投じる意味はありますし、個人の資産額でリスクやら分散やらの観点も冷静に考えると、無難だとも思います。

そんなわけで、私は(半分寄附感覚ですが)直接事業者への出資をしてみたかったということで、被災地応援ファンドに少額だけ出資しています。鎌倉投信は、スタンスには非常に賛同出来、食指が動いている状態なのですが、多分購入には至らないと思います。仮に買うとしても、スポットで少額購入してホールドという形になりそうです。

投資本来のあり方を教えてくれる、お金・投資が新しい活力になることがわかる、良い番組だと思いました。




(ここからいつものネガティブ入ります)
...とは言いつつも、私は「基本的に、投資は感情で動かない」をベースにしていますし、TV番組というものは往々にして美化されがちですので、感情に任せすぎるのも危険とも思います。そのへんは冷静に判断すべきですね。なんというか、ポジティブな部分とネガティブな部分は両方併せ持って判断すべきだと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング