自分自治体

長期投資に対する不安

2011/11/10
マネー・投資雑記 2
時々、長期投資に対して不安になることがあります。

長期的には株式は成長し、売買コストも薄まり、年齢や環境が変化した時に株式→債券等にシフトすることでそれなりの成果が得られる(だろう)、とは思ってやっているのですが...

たった一度の人生において、数十年にも及ぶ長期投資はたった1回しか試行出来ないわけで。

とは言っても、考え方としては「長期投資よりも勝率が高そうな(要は短期投資・トレードの世界)手法があるか?」と考えると無さそうなので、長期投資から方針を変えるつもりはないのですけれども。

「xxがダメ」という考え方ではなくて、「xxより良い手法があるか?」という考えが大事でしょうか。

...って考えると、日本の社会保障はダメなのは良いとして、じゃあどうするのが一番ベターなんだろな、とか考える今日この頃です。
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

Bobおじさん

私は最悪平均を取れればいいのかな、と考えています。
周りと同じぐらい蓄えてたら平均的な生活はできるかなと思ってます。

30代なら日本の30代の家庭の一般的な貯蓄、生活様式を保てればいいのかな、と。
貯蓄の中身を一般の家庭では恐らく定期預金や財形貯蓄が多いでしょうけど
我々は自分の中で最適なポートフォリオを組んだ物を使用するといった具合です。

2011/11/10 (Thu) 21:52

PET

Re: タイトルなし

>Bobおじさんさん
コメントありがとうございます。

私も株式については平均程度を取れれば良いのかなと考えてます。
資産は貯蓄等を含めたポートフォリオで保有する、と言う考えがしっくり来ますね。

当然、平均値を上回ると確信出来る手法があるのなら選択肢に入るのですが、手間がかからず平均を上回ると確信出来る手法が見当たりません...

2011/11/10 (Thu) 22:00
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
マネー・投資雑記