自分自治体

貸株の配当金相当額は雑所得でした。

2011/12/24
マネー・投資雑記 2
そうでした。

先日、確定申告のお話をしましたが、そういえば今年の3月末は、手続きを間違えて貸株の状態にしていたのでした。

リスクとは、自分が何をやっているかわからない時に起こるもの

貸株サービスで受け取る配当金相当額は、配当所得ではなく雑所得となってしまい、申告時には税金がかかってしまうという...このことをすっかり忘れていました。雑所得扱いでは配当控除も使えませんし、損益通算の対象にもならないですね。完全に失敗でした。

半年前の記事を見ると「納得できたら(要は信用リスクについて納得がいったら)再度貸株サービスを利用しようと思います。」と書いていましたが、もはや貸株には全く食指が動かないです。信用リスクの対価が年0.3%とは思えないからですね。



えっと、明日明後日はクリスマスのようで、自宅で鍋パーティーしようよと声をかけていたのですが、女性陣リーダーから風邪引いたと連絡がありキャンセルとの事です。野郎だけのクリスマス、もう何がなんだかわけわかめな状態になっております (´;ω;`)ブワッ
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

えふけい

配当金を受け取るために、面倒なのですが、権利付き最終日に貸株を解除します。

2011/12/24 (Sat) 07:25

PET

Re: タイトルなし

>えふけいさん
コメントありがとうございます。

優待のあるものは自動的に解除されるようなサービスありましたよね。
配当金については、自分でやるんでしたよね...ちょっと面倒かなーと思ったりです。

2011/12/24 (Sat) 11:01
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
マネー・投資雑記