2010-05-21(22:00)
対数正規分布? (?.?)

株価は正規分布ではなく、正確には対数正規分布を取る...ようです。
普通の正規分布ですと、元本が-100%以下になる値も取り得る分布になるためだとか。
対数正規分布だと、0以下の値は絶対に取らないらしいです。
(何乗したらその値になるか? なので、マイナス値は取らない)

言われてみると確かに納得なのですが、まだよくわかっていないトコロがあります。
(100円が101円になるのと、1000円が1010円になるのは同じ、と言う扱い?)

こちら様のサイトで長期投資と複利効果について研究されているようです。
http://www.fund-no-umi.com/blog/2008/12/post-a11f.html

このようなシミュレーションによる分析は凄いと思います。
自分もこのくらいの分析を行い、プログラムを作らねば、と思ってしまいます。

以前の記事で、株価が変動する以上、複利効果があったとしても
単純な複利(終価係数の値)の値は取らないのでは? と思ってまとめたことがありました。
http://amayaho.blog66.fc2.com/blog-entry-37.html
何か関連はあるかなぁ...?

とにかく、株価の変動を突き詰めていくと統計学の知識が必須なのですね...日々勉強です。



最近、自分だけで悶々と考えていることが多く、
数多くの投資仲間が欲しいと切に願っております。
札幌で何人かを集めて投資の勉強会を開くことまでは決意したのですが、
もっと詳しい人と直に喋りたいと言う気持ちがあります。

東京の方では今年の頭にインデックス投資ナイトという投資家達の集まりがあったとか。
(勝手に)師と仰ぎたい、山崎元氏も参加されていたとか...凄く行きたいです。
札幌人なのが悔しい... (´ヘ`;)
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスクをヘッジできない本当の理由

ブラックマンデー以降の主な金融危機 1987年10月 ブラックマンデー、米国株式市場が1日で22.6%の大幅安、米国のインフレ懸念、双子の赤字に対する警戒感、そこに西ドイツが短期金利を高めに誘導したため、市場が日米欧の金融協調体制のほころびと解釈し、売りが殺到した。 1980年代末~90年初頭 米国S&L危機 貯蓄金融機関(S&L)は不動産投資の失敗で88年頃から倒産が急増した。89年に救済...

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング