--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-07(20:13)
ヘッジファンドとやらがヘッジしているのは何なんだろう。とか

なんか書いてたらどんどん言いたいコトずれてきた。2回分けです。ファンドオブザイヤーに対する批判? 記事等です。

メイン記事
意味不明なファンド・オブ・ザ・イヤー

感想記事
Life is so crazy - 意味不明なファンド・オブ・ザ・イヤーですか

ま、感想記事と思うところは似ていたりするんですが、過去の成績で何やら結構言いますね、って事と、結局「自分は儲け方を知っています」って言うライアーゲームのヨコヤ的な発言は、どこにでも聞く話だなと。

ファンドオブザイヤーについては、結局はブロガー数十人程度の規模でしかない、と思っています。これで何が決まるという訳でもありませんし、まぁちょっとした内輪のイベントって感じと思っています。 ...ですが、大抵最初は小さく始めて、良いものなら大きくなっていくわけで、コツコツと続けていけば良いと思っています。応援。

直販投信が2つランクインしていることもあり、「インデックスブロガー」というわけではない(主催でもそれを強調していたはず)のですが、なんかインデックスオンリーみたいに思われているんですね。

また、過去の成績で話をされていますが、それと未来は違うと思うんですけどね...今から未来を見たときに何を重視するか? ってだけで。期待値なのか、感覚なのか。ま、継続的に上回れるのなら、そうやれば良いと思います。



年20も30%も出せると宣うヘッジファンドについてですが、個人的にはそんなヘッジ出来て自信があるんだったら、受益者は年利10%程度でいいから、投資リスクをそちらが負ってくださいよ、とも思うんですけどね。もっと利回りが出せたら全部そちらが頂いて良いですから、と。

要はヘッジファンド会社への債券を買う感じになるのでしょうけけど(これはこれで、計画倒産の方が気になって怖くて買えないけど) そういうの言ってる所ないよね。会社法とかに引っかかるのでしょうか。結局、何やらうまいことばかり言って、結局はリスク「だけ」を移転しているようにしか見えません。(反論しても、何もリスクを負わずに儲ける話はない、そのくらいはお客様に追って頂きたい、とか言われそうですけどね)

ま、リスク「だけ」を移転するのは、一般インデックス投信等でも同じですが、ヘッジファンド(投資信託)がヘッジしているのは別に下げ相場云々じゃなくて、「自社の利益」のように思うことが多々あります。

まぁ多種多様な価値観とやらがありますから、それを拾うのがビジネスと言われればビジネスなのかもしれませんが。一発逆転・起死回生を狙う、しかも結局他人に委ねる事しか考えられない人が多数いるので、こういうビジネスが残るのでしょうかね。

(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。