--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-02(00:36)
いつまでに決める? コミットと意思決定2

昨日の日記は勢いで書いてしまったせいか、色々とおかしい所もあったようで。結局言いたいことは、「期限を決めれば、人は動く。逆に言えば、動きたければ、期限を決める」ってことですかね。

>(1ヶ月で100の作業があれば、半日で50終わるくらいの目処はつけます)
内容量によって違うでしょう? と言う意見を頂きましたが、確かにボリューム量によってはこの前提はおかしくなります。確かにその通りで、例えば10日後の会議までに100枚のコピーを取る仕事を受けた時、「5日で50枚はコピーが終わってないと」と考える人はいないでしょう。言われた日にさっさとやっちゃうか、最終日に(頭が回る人なら前日に、コピー機が空いている時間を狙う等して)一気に済ませます。ボリューム感がわかってるから、目処が付いてるわけです。

じゃあ、この「ボリューム」がそもそもわかっていないときは? まず、手探りでもボリュームを模索する所、規模やそれに付随する問題を洗い出すところから始まります。ただ、このボリュームを模索する段階でも、時間は有限です。

無限に引き伸ばせる類のものでしたら(自分の寿命はあるでしょうけど) 自由に引き伸ばして良いと思います。他人に迷惑もかけないのなら、やらなくても問題ありません。ですが、他人が関与したりするもので、最終的に何かしら決めなければいけないのであれば、期限を決めることで人は動き出す、と思います。



私、お仕事でプログラム作ることがありますが、この場合でもプロセスは一緒だと思います。プログラムを10本を期限1ヶ月でと任された。まずはどんなものか見てみます。10本と言っても簡単なものから難しいものまであるでしょうから、なんとなく規模感を掴みます。どう考えても3ヶ月かかりそうなら、ハナっから申し出ます(それを1ヶ月でやれと言われるのがITの世界...とか言ってみる (-_-; )

他への影響が全くわからないような、検討も付かないもののシステムを打診されたら、まず調査期間を1週間なら1週間で貰って、その時点で完成出来るか・できないか、どのくらいの期間がかかりそうかを見積もります。(要は1週間後に意思決定をすることを決定する) 仮に1週間の調査で、影響度が大きすぎて完成のメドがまだ立てられない程のモノだったら、「影響が大きすぎて、まだ判断つきかねる。あと1ヶ月で何とか規模を見積もります」と本格的な調査1ヶ月を貰うなど、要請します。これらは全て、期間を決めてその間で動いています。

「まだわかんないです、まだまだ時間かかりますね」ばかりでは、いつ終わるのかがわかりません(ある程度調査したら、せめてその後の調査期間が数日なのか、1週間程度なのか、1ヶ月程度なのか、数年程度なのかの規模感くらいは出るでしょう? と)



当然、事情が変われば、期限を後で変更してもいいと思います(何度も延長すると、お国の政策の引き伸ばしのようにに見えてしまって信用ならなくなりますが) ともかく、動かなければならない期限を決めておけば、人は動かざるを得なくなります。(中には約束なんか破っても良いと考えるアホもいますが)

「今度返すわ」はまず返しません(実体験として...) 「時間が出来たらやります」はやりません。ってな感じで、期限が無いと、基本的に人は安心してしまい、優先順位を下げてしまいがちと思うわけです。

ですから、とりあえずでも期限を決めると、その日を意識するようになり、逆算して考えるようになります。なので期限のコミットが大事だと思うわけで(中には「明日から本気出す」と毎日言ってる人もいますが)



他人との人間関係や感情が入ると、難しくなります。が、だからこその期限だと思います。感情が入ると基本的にゴネて決まらないわけで、(決めなくても良いと言う判断があれば良いですが)決定が必要な場合はズルズル長引きます。

また、人から勝手に与えられた期限なら納得行かないでしょうが、自分で決めるのであれば、納得もいく、と思います。経済学に「コミットメントと一貫性」なるものがあり、人は言ったことそこから逸れないようにやるようなので、(変更の裁量も含めた上で)関係者に公言して同意をとっておくと、スムーズに事が進むと思います。



決める内容は前回も書きましたが、必ず決めなきゃいけないんじゃなくて、「いつまでに、最終的な期限を決める」でも、「決めないことを決める」でも、「状況によって判断することにする」でも、「来年までに、やるのか・やらないのかの目処をまず決める」などでも良いと思います。要は、その後につながる事を余裕があるうちに約束して公言しまったほうが、先に進めるかなと。(これ、「いつかは決める必要がある」「先に進みたいと思っている」のが前提ですからね)



自分も何か約束をするときは、とりあえず期限を決めるように心がけています。そのほうが期限を過ぎて何もしてなかったら俺が悪い、とハッキリ言えるんです。(期限を決めないと、色々言い訳できちゃいますし) 判断基準・Yes/Noをハッキリさせないと、曖昧・なあなあになっちゃいますよ、と思うわけです。

これが全てではないし、どの問題にも全て当てはまるかはわかりませんが(自分のケースだけは特別で違う、というのはオーバーコンフィデンスに入るでしょうか) 基本的に余裕のある時に期限をコミット・周知しておくことは人が動くキッカケになる、と思っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。