--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-26(19:06)
あなたのお金を「見える化」しなさい! ~ビジネスパーソンのための新お金管理術~ 竹川 美奈子

竹川さんの本は初心者向けに読みやすくまとめられていて良いと思います。

本書は投資より以前の家計管理のお話ですね。FPのライフ・リスク・金融、そして簿記3級の導入を一般個人向けに加工して混ぜた感じでしょうか。

特に、バランスシートの考え方は、皆さん是非知ってほしいと思います。個人でも簿記に則って資産を把握することは非常に有用だと思います。「OCN家計簿」など、フリーで簡単に入力出来るソフトがあるので、そういうものを使って、大雑把にでもつけてみていいのかなと思います。(私は独自のソフトを使っていますが...)

保険・保障の話も出てきます。公的保障や企業内の保障をしっかり確認するのが先ということですね。昨今、公的保障をないがしろにする人が多いと思います。すぐ、「年金は破綻する」「不労所得だ」とか「株で1億」だとか「ビジネスで」だとか...まずは、公的保障を抑えるべきというスタンスは同意です。

遺族年金などの具体的な例に付いて載っていますが、個人的には全部細かく覚える必要はないと思いました。単語と主旨だけ覚えて、あとは社会保険事務所に行って確認する...が一番費用対効果が高いかと。ただ、何も知らないと聞くことすら出来ないので、制度の単語と主旨を知るのは大事かなと(私は役所では聞けば答えてくれると思っていますが...あえて隠す人は少ないとも考えています)

企業内保障も重要です。私の会社では、2万円以上の医療費は組合が持ってくれます。保険営業の方からは「もし会社を辞めたら~」とか言う人もいましたが(「もし会社が無くなったら~」と言う人もいましたが、さすがにそれは失礼だとおもいます(笑)) 過度に心配しすぎなくても良いと思います。保険屋さんも「必要額はライフイベントや時間と共に変わる」と言うので、将来の事を考えてどんどん悪い方悪い方に→保証を厚く厚くする必要もないと思います)

公的な制度を知った上で、更に自分でどうするかを考えるのが大事。良く、「国はダメ年金はダメ」とか行って払わずに、不労所得にやっ気になる方がいますが、順番違うと思います。

...と、個人の話になっちゃいましたが、様々なお金の制度について気づかせてくれる本です。制度は時と共に変わったりしますが、それでも知るのと知らないのでは大違いだと思います。

具体的な例・ケースごとにわかりやすい図と共にまとまっていますので、これからお金に付いて考える方については、良い一冊だと思います。(これを読んで興味が出たら、簿記・FP3級とか取ると、もう少し深く理解出来るかも。そこから先は趣味の領域ですが...)

巻末に『あなたのお金「見える化」書き込みシート』がついています。この本を機に、自分のお金の事、少しでも真摯に考えてくれる人がいれば良いなと思います。

なお、これらの管理が終わって、「自分で準備」の段階にたどり着いたら、同著者の「投資信託にだまされるな![新版]」などは、投資の基本がわかりやすくまとまっているので、オススメです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。