自分自治体

割引率100%以上の割引配当モデル

2010/05/30
検証 0
割引配当モデルという株価の理論価格算出方法があります。

期待収益率(割引率)をrとし、受取配当金をDとしたときに、理論株価Pは「P=D/r」で求められるというものです(実用的かどうかは別として)

山崎元の「金融資産運用論」
http://blog.goo.ne.jp/dokkyo_yamazaki/e/d053bf10983f87e2fa510f380da04824

ただ、ふと思ったのが、ここで割引率が1より小さいと仮定しているところです。
(通常の市場では考えられませんが)割引率が100%を超えていた場合(r>1)の割引配当モデルはどうなるのでしょうか。r^nは収束せず∞になっちゃわないですかね? 近似して計算してみたら「(-D×∞)/r」となったのですが...そもそも何かが間違ってる気がする。

頭がごっちゃになってわからなくなってしまった...
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
検証