2012-04-10(00:04)
株式投資=出資

「株なんか持ってても、社会貢献にもなんにもならないし、意味がない」とか言われることがあります。逆に聞きたいんですが「じゃあ、誰が株式を保有しているべきなんですかね?」とか。

別に「自分が頑張って保有しているんだ!」とか、「株を買う事を社会貢献だ」とか、あまり綺麗に美化するつもりもないのですが、自分が買わなかった場合、その前の売り手が保有している状態なわけで。その場合は、その売り手に同じ事を言うのでしょうか。発行した株は誰かが保有(所有)しなきゃダメなわけです。

もう少し言うと誰かが、潰れた時の金銭的リスクを追わなきゃダメなわけですよね。その代わりの利益の享受なわけで。株なんか持ってても意味がないとか言う人は、じゃあ誰が保有していれば納得するんでしょうか。

これを、ずーっと突き詰めると「株式なんて悪いものを発行しなければ良い」まで遡ると思います。

ただ、株式発行って結局のところ出資なので、出資を否定すると、金持ちしかビジネスできなくなりますよ。と思うのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング