自分自治体

投資も保険も、お店を決めるのは最後だと思うんですが

2012/07/22
保険 0
保険で、「どこの保険がいいの?」という問いに専門家(大抵は売る専門家)が答えるケースを聞いたことが何度か(何十回か)あります。

この問いを聞く側、答える側の話を聞いていて「お店や商品より先に検討する事項があるんじゃないの?」と思うわけです。

「どの保険がいいの?」に対しての答えが「どのくらい、必要かを算定する所から始まってですね」という回答がもう少し増えてもいいんじゃないかな~と思ったりする今日この頃。(いえ、「一概には言えません」としっかり答えている方もいるので、色々な人がいるなぁ、と思うだけですが)



資産運用をする上の基本でもそうですけど、いきなりインデックスファンドや直販ファンドにたどり着くのではなく、資金と取れるリスク(額・率)から、アロケーション決めて、最後に商品、どこで買うか? に落としこむはずです。

暴論・安直かもしれないんですが、保険って「いつ」「いくら」必要かを考えて(ここはコンサルが必要か?)、それに合う商品をリストアップして(ここは営業が必要か?) その上で、保険料、会社の信用度、サポートを決めて加入する、でいいじゃないと。結構、最初の環境・意向さえ調査してしまえば、機械的に決まるもんかなーとか思ったりしているんですが... 評判とかお得だとかを先に考えるのがおかしいのかなと。

営業を挟んでお店とのやりとりから始まっても、まずはこっからでしょう、と思うんですよね。

何よりも、「どの保険がいいの?」の時点で、「保険に加入する」というのが前提になる論調があまり好きじゃないんですよね。リスクの回避方法は移転だけじゃないでしょう、と。



なんだか最近、ネットライフ生命ライフネット生命の安いとか実は高いとか、売り方がウマイだけだとかのお話が出ているみたいなんですが...どうやらPETは「安さが全て」「ネットが全て」と思われているみたいなので、一部の方からは「ライフネット生命万歳だと思ってるぜアイツ」と思われているようですが... 特に何も思っていなかったりします。

保険としての必要額を見積もって、それに合致する保険を片っ端から見積もって、安い所+αを見て契約すりゃあいいだけでは...とか。


+αの部分、保険会社の質や金額だけでは見えないサポートがあるのはわかります。いざという時はゴネて保険金払わないとか、対応が悪いとか、すぐに保険金が降りないとか。ただ、それってリスクへの対処を考える上で、最初に考えることじゃないよな...と。



少額な保険だったらいいんですが、トータルで大きな支払額になる保険だったら、なおさら順番考えて検討した方がいいよなぁ、とかぼやいてみました。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
保険