--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-03(19:48)
消費者金融からの借入はなぜダメなのか(ごくごく当たり前の話)

言うまでもなく、借入金利がバカ高いからです。これに尽きます。

「消費者金融だからダメ」って言う方もいますが、理由の根幹は単に金利の高さだけです(ナニワ金融道知識で申し訳ないですが、銀行系への就職がうんたらかんたらとかも? ホントにあるの? (^_^;)) 金利ゼロで1ヶ月借りられると言えなくもないクレジットカードはOKだと思いますから。使い方によって由となりますからね。



ただ、金銭的にどうしても貯蓄など余裕がなく、冠婚葬祭などで突発出費が発生した時にはやむを得ないとも思ったりしています。

※「事前に貯蓄しておけ」「生活に余裕をもっておけ」とも思いますが。(貯蓄しようと思った初期段階の場合では仕方ないケースもあるかと思いますが...)

消費者金融は「気軽に、すぐに借りられる」のがメリットらしい(僕はデメリットと思っています)ので、その気軽さサイクルにハマらないよう、注意なんですけどね。借入=預金していたお金を下ろす感覚になるそうですが...そうなるとアウトかな。



ちと話は変わって。ビジネスなどでも「借金することで成功が~」とよく聞きます。

それはその通りとも思うのですが、借金はレバレッジです。当然、借入金利より高いリターンが期待できることが大前提です。

これを抜きにして「借金=成功」を語る人は多いですが... 当然数字を見る力無く、単に借金していてはうまく回る可能性はかなり低いと思います。(借金をすることで背水の陣にすることで成功がって語る人もいますが、裏を返せば自分が儲かるスキームで借金をさせれば、自分のために働いてくれるコマが出来あがるというわけですね)

と言いますか、「ビジネスを興したいがお金が無いから消費者金融から借りよう。儲かれば利息なんて返せるでしょ?」なんて考え持つ人は...さすがにいないですよね? いないと信じておりますが。



仮に年利1514.6%で借りたとしても、20%の利回りが叩き出せる手法があるのなら、悪くない選択かもしれません...か?

→借入利息1514.6%は確実に取られる費用なのに対し、20%利回りは不確定であることが殆どです。

※一応、可能性はゼロではないと言っておきましょうか。カモから奪い取る詐欺的なモノも該当すると思いますので。ただ、その利回りの源泉は、「うまい話に乗ろうと思った貴方の懐」から出ています(笑)

なによりも、ビジネスによって借金をしたい人は、14.6%なんてアホ金利より有利な条件で借りられる所は山ほどありますので、消費者金融から借りることが優位戦略となることはまず無いでしょうね。




なんか当たり前の話かもしれませんが、基本的に消費者金融のお世話になる必要はゼロと言えます。ほとんどのケースで、より優位な選択が存在します。



※追記:一応、14.6%に合わせておきました。利息の細かいお話はWikiでもみて下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。