自分自治体

株価上昇に浮かれないようにしています

2013/01/30
マネー・投資雑記 0
最近の株価上昇で、色々と投資のお話や株価のお話を聞くことが多いです。一般雑誌や、巷でも「株・FXが良い」などのお話もちらほら聞いております。

そういう意見が多いと「ピークかな?」なんて思いながら、いつか来る下落にも少し不安を感じつつ、投資期間は長いのであまり気にしないほうが良いな、と思っていたり...結局どっちなんでしょうか私は。



今は全体的にどのアセットクラスも評価額は上がっているでしょうか。リスク拒否度を「率」で見ている分には資産の見直しは微修正で良いかと思いますが、「損失額」をベースに見ていると、資産額が増える→リスク発生時(-1σとか-2σとか)の損失額に耐えられなくなります。

こういう場合は、積立額を減らしたり、利確したりしているのでしょうかね。(資産が積み上がると、リスク拒否度の「損失額」も引き上がる? それって要は「率」で見てるってことですよね。簡便法だと思うので余り気にしない方がいいのか)

過去に「上がっている時は積立額を減らし、下がった時に高くする」のようなお話はありましたが、そういう投資をしたい方は、リスク拒否度を「損失額」で見ていれば、自然と同様の事が実現出来そうかな、と思いました。



昨今の株価上昇は、素直に喜ぶべきなのでしょうけど、長期的視野に立って投資しているのなら、先はまだまだ長い。(xxショックによる下落は、私が生きている中でまだ2~3回くらいはあるな、くらいに考えています)

長期投資=積立投資というわけではないのですが、素直に積立投資をしていった場合、積立期間の後半になるに連れて資産額が大きくなりますので、後半の値動きの影響を高く受けます。

「積立投資は、黒字化しやすく、赤字化しやすい」という点は押さえておいたほうが良いかなと。(積立投資のすべて (現代の錬金術師シリーズ) に書いてあります)

積み上がっていった資産は、大きな下落が来れば一転赤字化しやすい。この辺は心に留めて置く必要があるかな、と思います。(利確すればよいのでしょうけど、その後下がるとわかるかどうかは別問題です)
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
マネー・投資雑記