自分自治体

ライアーゲームに学ぶ詐欺/悪徳商法/セールストーク対策 - 最終章:「自分で意思決定を」「諦めなければ、策は出る」ライアーゲームでそれを言うかの巻

2013/02/21
詐欺・不正 0
主旨はこちらから 「ライアーゲームに学ぶ詐欺/悪徳商法/セールストーク対策 - 序章

長く書いてきたこのシリーズもそろそろ締めます。ゲーム中に思った事は大体書きつくしました。それ以外にも詐欺対策として思う所/言いたい所は沢山ありますが。ゲーム中のお話ではないので、割愛します。またこういうゲームに触れる事があって、思うところがまとまったら、書いてみようかなと思います。

正直、統計データも一切無く、ただ自身が一度だけ体験したケースを元に思ったことをまとめただけですので、説得力が薄いと感じてはいます。弱小ブロガーの読み物として読んで頂ければと思って書きました。

今回は、ゲーム中での動きをお話しましたが、「ゲームの中だからあえてあれだけ騙したりしてるんでしょ?」なのか、「ゲームの中ですらこれだけ騙すのだから、リアルマネーがかかった場合、本気でどれほどやってしまうのか?」という点は序章でも触れた所です。

一応、念押ししておきますが...

◆私はゲームの中だからやっているんですからね!(←重要)
◆リアルマネーでは、こういう事は私はやらない(やれない)ですからね!(←重要)

後々が面倒すぎますし、失うものがでかすぎます。付いた嘘の辻褄を合わせるより、他人の発言に嘘がないか確かめる事に頭を使いたいのです。良い事ばっかり言っている人のほうが、裏で何考えてるか信用ならんと思ってたりします。



私の理念として、「世の中に悪い人間は必ずいる」「悪い人間は、かなり賢いし、なんでもやる」という点をベースにしているので、その上で、最低限自分で考えて、自分で意思決定して、責任も自分で追う。という点が全般的に言いたいことです。

全員が物事を判断して、最低限の考える力が付けば、詐欺師/悪徳業者は利益がなくなり(信用させる/騙すためのコストが上がって)割に合わず市場から退場するだろう、と言うポリシーです。

規制や、業者の悪い点を指摘するのも大事ですし、騙すほうが悪いというのもありますが、本当にそういう悪質な業者等を消すなら、やはり消費者のレベルアップ/考える力を付けるアプローチだろうな、と思います。

その上で、判断した以上は個人が責任を追うべきです(今はまだこの段階に至っていないと思います)

実際には、価値観/思い違いなどは多々ありますから、詐欺/悪徳業者などを無くすのはかなり難しいと思いますが、基本理念としてはそう考えています。



もうひとつ。私や、他の方々がゲーム内で色々と動いてきました。

「こんな戦略、考えつかねぇよ。よく思いつくね」と思われる方もいるかもしれませんが(そう思われるほど、ここでは具体的なルール等を書いていませんでしたが) 「人間、本気で考えると、崖っぷちでも、それなりの対抗策は出る」という点は思いました。

これはゲームだから現実では...と思われるかもしれませんが、多分現実の方が解決策は沢山あると思います。物も人も溢れてますし、アナログです。

ゲーム内では、「嘘/騙し」が許されている枠内であったので、存分に騙したり嘘を付いたりして行動していましたが、きっと「騙したり/裏切ったりすることはダメ」なルール内で動いても、必死で真摯に考えれば、解決策はそれなりに出るのではないかな、と考えています。

起業される方、人の役に立ちたいとポリシーを持った方などは、やると決めたら、最後まで考え抜けば色々と策は出てくるのだと思っています。

少しは前向きな事も書こうと思っていたので、書いておきました。



<まとめ>

「私は騙していたりしたのは、ゲームの中だからです。ホントダヨ」
「自分で考え、自分で意思決定し、自分で責任を取る」
「最後まで諦めなければ、なんらかの策は出る」





本シリーズもこれにて一旦終了です。長らく、お付き合い頂きありがとうございました。



ピンポーン 「PETさん郵便でーす」



おや、郵便が届いたようです。



黒い封筒ですね。えっと...ライアーゲームのご案内?



どうやら、次回大会の招待状が届いたようです (ΦωΦ)



俺達の戦いはこれからだ! PETの次回作にご期待ください。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.