--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-05(19:53)
モノポリー感想

自宅でモノポリーをやりました。なんやかんやで、2週連続の開催でして。

色々と思う所、勉強になる所がありました。モノポリーに精通されている方からは色々とあるのでしょうけれど、好きだ好きだ言いながら結局素人に毛が生えた程度の初心者ですので。 (^^;



■自分にその物件が必要があるかどうかは別として、交渉材料として必要なら他プレイヤーから買っておくのは十分アリ。取引仲介者ってそんなもん?(内情や意図を伏せていいことばかり言うのが業者の定石か)

■↑の物件も、自身が持っていれば力を発揮する可能性はあるが、個々の取引単体で見てしまえば、売ってしまう可能性がある(事実、売ってしまった) 行ったもん勝ちな世界か。

■モノの価値が一瞬で変わる時がある。自分がオレンジを揃えて経営出来るようになる前後で、自分の持ってたダークブルーの価値が価値が大きく変わった。損得感情だけで見ると、確かにそうなるな。

→実際には、人情だったり、その後の付き合いもあったりするので、一概には言えない所。(モノポリーは最終目的が現実とはかけ離れているので、そのような立ち振る舞いになる) が、時間と共に情勢は変わるのは事実。その時と情勢をコントロール・自分のモノに出来るかどうかは別話。

■先にやった人が勝つ、とは思った。ビジネスはスピード勝負。同じ事考えて同じ事やろうとしてる人なら(能力に大きな差がなければ)先にやった方が勝つと思った。1名の方の物件を先に買ってしまえ、みたいな感じで。(他の方もその物件があると、後々やりやすいと感じていた?)

■ゲームでは「先見性」っていうのは大体有限(モノポリーではサイコロとカードしか不確定要素がない)が、現実ではファクターが多すぎて無限。だが、大雑把には読めないことも無い(と思う人が起業して、実際に読めれば成功するのだと思った)



基本、ネガティブ思考の人間が今回考えたのはこんな所。ポジティブに考える人だと、もっと違ったゲーム展開や考察になると思う...
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。