2013-09-26(20:00)
コア・サテライト戦略 追記

ちょうど記事を書いていたら、コア・サテライト戦略のお話が吊られた男さんの投資ブログで書かれていたので、ちょいと気になりました。

いまいちコア・サテライト戦略のメリットがよく分からん

そんなバラ色戦略じゃないのは同意ですし、バンガード社の説明は盛り過ぎな感じはします。複数の戦略を混ぜているだけとも言えますし。



気が向いたので、もう少し思った書いておこうと思った。思った時に書かないと、ずっと放置してしまう...



コア・サテライト戦略。個人投資家レベルで考えるならば(運用機関としても同じでしょうか) 本筋となる運用方法だけでは物足りないとか、自ら探してより高いリターン狙えそうだ(けど、自信はそんなに無い)というものに少額だけベットするという事なのかなと思っています。

投資金額・割合としては「コア>サテライト」でしょうから、サテライト部分は少額になると思います。サテライトの方が多かったらそれ既にコアや。

個人投資家視点で見て、サテライト投資を実施する目的は、主に以下なのかなと思います。



・自分の予想に対してベット(でもリスクが大きい/自信はそんなに無いから、投資範囲は考慮して少額でベット)

・戦略の検証(経験/ノウハウを取得するための行動) 買わなくても値動きは確認出来ますが。実体験として重要と考える人も

・コア戦略だと保有対象外になるけれど、持ちたいものが他にあるからその理由(逃げ道)として(優待銘柄、ポリシーに賛同など)

・新しい商品をお試し購入、値動き確認してみたい

・退屈だからなんかやってみたい、手持ち無沙汰

・付き合いで持っている必要がある



書いていてなんですが、これ全部サテライト投資の範疇なんでしょうか。戦略の無い投資は別モノでしょうかね。

また、色々混ぜ過ぎたらインデックス化してしまうので厳選すべきだとは思います。固苦しい、息苦しいから少しバッファを持たせて楽しむという面が、個人投資家が行う点では強いのかな、と思います。



前回「基本軸となるコアをインデックスなり他の戦略でどっしり構えておいて、積極的に狙いたい部分はサテライトで運用」と書きましたが、運用方針決めた時のものからどっしりと構え、安易に戦略変更しないものをコア、感情や想いを入れてやってみたいものをサテライトで、という方しっくりくるのかな、と思いました。



で、結局のところ、実績のリターンが上げられるのかは、投資理論をどの程度信用するかに寄るかと思います。疑問っちゃ疑問です。特にインデックス投資を良しと思う人は、αを狙う方法には安易になびかない気がしますので、趣味/娯楽的な扱いに入るのかと思います。



結局、インデックスを上回り続けられる運用方法があるか? の話になりそうな気もしますが、あまりそこを話するつもりはないです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

吊られた男さんから吊られて、ここのブログにやって参りました。

サテライト投資を実施する理由には大いに納得しましたが、こうした見ると人間って非合理ですね。
投資の本質=儲け、とは関係ない、もしくは悪化させることを平気でしています。

私も自分のブログにコア・サテライト戦略について思うところを書いてみました。

私も人のことを言えるような立場ではなく、この投資法を本格的に始めた理由は、「本を出版したい」というものです。
誰もしていなさそうな投資法なので、チャンスがあると思ったんです。
まあ、儲けないと出版の話は来ないと思うので、間接的には儲けに繋がっているとは思います。

Re: No title

>AKIさん
コメントありがとうございます。

人間は非合理だと思いますし、ある程度それを見越しての制御が必要なのだと思っています。
(なので、感情を入れないパッシブな投資法を私は好みがちなのですが)

個人投資家として見た場合には、単に期待リターンだけでなく、その投資のリスクやコスト(費用だけではなく、メンタル面の平穏/使う時間など含む)も考えての判断になるため、一概に儲けだけで判断するわけにもいかないのかな、と思います(適性があるでしょう)

投資手法については、私も過去多くお話を聞きましたが、結局ノウハウやリスク面から私は見送っているものが多いです。本の出版、頑張ってくださいね。

No title

早速の返信ありがとうございます。

私の考え方は違っていまして、リターンが全てです。
自分にとってベストなリターンとするために、リスク、コスト、メンタル、時間などを考える必要があると思っています。
目的を1つに絞った方が、より戦略・戦術を最適化できるという考え方です。

もっともこれは些細な違いであって、、リスク、コスト、メンタル、時間が投資にとってかなり重要である、ということは間違いないと思います。

仰るとおり、インデックス投資は感情面で優しい投資法だと思います。
感情は投資成績をかなり左右するので・・・。

>本の出版、頑張ってくださいね。
頑張ります!と言いたいのですが、投資は市場任せなのがツライですね(笑)

Re: No title

私は期待リターンという意味で使っていたので、そのあたりは少し考え方が違うかもしれませんね。

人によって合う合わない、出来る出来ない、やりたいやりたくない等があると思うので、それぞれ変わってくるとは思います。
ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング