2013-10-02(19:25)
某件のメモ

圧力怖いのと面倒で避けていた人間が、黒確出てからアレコレ言うのも卑怯なので、某件は直接触れません。



「切羽詰まっている人はなんでもやる」「悪い奴はあの手この手で巧みに動く」って所なのかな、と思いました。この後の行く末が気になる所です。

金融商品において、一気に広告が出始めたものは危ないな、なんかあるな、と2/2と少ない母集団ですが、経験しております。



どんな商品、契約であれ、「理解出来ない商品には手を出さない」「騙されても、相手の業者が破綻しても、自分の生活だけは破綻しないようにする」のが大原則だと思います。やれることが「祈ること」になったら終わりです。

モノポリーやライアーゲームで学びましょう。

「価値観の違い」「双方同意」のもと、リスクだけを押し付けてリターン配分をより多く持っていく業者/人がいます。金融商品に限らず、ビジネス屋でもそういう考えを由とする人がいます。



ペテン師は 天使の顔して やってくる



ってことだと思います。見分ける能力、ノウハウがありますか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング