--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-07(17:30)
2013年末 - 資産運用状況

PPW_memotosya-pen500.jpg

2013年アセットアロケーション


四半期恒例のまとめです。

投資目的・スタンス・保有証券会社・緊急予備資金・リスク拒否度・主な投資先などはこちらを見て下さい。

2013年末の資産配分




目標資産配分




概ね、範囲内です。

現在保有/積立している商品(※がついているものは積立中)


【日本株式】
・日本個別株いろいろ(1306 ETF含む)
・結い2101
・セキュリテ被災地応援ファンドいろいろ

【日本債券】
・個人向け国債(固定5年)
・三井住友TAM-日本債券インデックスe(※)

【海外株式】
・三井住友TAM-外国株式インデックスe(※)
・確定拠出年金 外国株式インデックス(※)

【海外債券】
・三井住友TAM-外国債券インデックスe(※)
・確定拠出年金 外国債券インデックス

【新興国株式】
・eMAXIS新興国株式インデックス(※)

年間の損益率


なお、1年が経ちました。2013年1月~12月の損益率は以下でした。

日本株式日本債券先進国株式先進国債券新興国株式合計
31.83%2.91%37.70%17.17%15.57%29.55%

※「年間損益額合計÷年末時資産額」で算出。途中売却などあるのでずれているかもしれません。低い方に・・・


諸々感想


2013年は俗にいうアベノミクスの効果もあって、大きく上昇した年でした。

とは言っても、私の資産は、特に日本株式クラスが全然インデックスについていけてないです。バカは考えずに平均値とっとけって感じですね。

アロケーションとしては、途中でリスク許容度を超えたと判断して売却したのもあり、概ね範囲内に収まっています。

現在、日本株式クラスの積立はしていません。これは日本株式クラスの上昇がそれなりに大きかった事と、個別株の増加にて額を増やそうとしているためです。ETF(1306)も持っていて、かなり適当・大雑把な分散でやってます。

全体的に投資額は抑え気味。これは単に、暴落時に耐えられないと考えているためです。預貯金が多く、資産効率が悪いことは承知の上ですが、ある程度投資額が積み上がってからの暴落に耐えられるか心配なんです。

もう少し積み上がれば、考え方が変わるとは思っています(「仮に-2σが起こっても、x万円は割らない」という考えが・・・)

実際、暴落した時には必然的に純資産額も減ってしまうので、投資割合を元に戻す作業はすると思います。

相場全体の所感


ロイター 再送-記録的な2013年の日本株高・円安、日経平均56%・ドル/円21%上昇

ロイターにて2013年の相場変動がまとまっています。こちらをを見るに、2013年では日経平均が56.7%、TOPIXは51.4%と5割超の上昇となったようです。

運用を考える時によく、リスク=標準偏差(σ)のお話が上がります。「リスクは2σまで」「2σ以上の暴落は、100年に2・3回起こるかどうか」など、聞いたことがあると思います。

今回の上昇はこの2σを超えた値上がりでした。

日本株式のリターン4.8%、リスクを22.48%とした場合、2σ以上の上昇は、4.8+22.48×2=49.76%と計算出来ます。

※リスク・リターンの参考値はこちら
年金積立金管理運用独立行政法人 - 年金積立金管理運用独立行政法人の中期計画(基本ポートフォリオ)の変更

基本理論に則って考えますと、生きているうちに、もう一度こんな上昇を体験出来るのか? リタイア前に起こるか? あることを前提に・期待して運用はしたくありませんね。

そのくらいの稀な上昇であったことを頭に入れ、暴騰と同じく2σを超えた暴落もあることも意識します。

方針としては変わらず投資額とリスクをコントロールしていこうと思っています(リターンはコントロール出来ませんから)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。