自分自治体

第二四半期決算

2010/06/30
会計 0
私、一昨年くらいから複式簿記で家計簿を付けているのですが、せっかく覚えた簿記知識を忘れたくない&勉強のためにと、3ヶ月に1回決算を行っています。1月?12月を1年として、四半期ごとに資産状況をチェック、残高や収支の確認を行っています。

預貯金の残高照会と共に、有価証券・投資信託売買の記録、四半期末日の時価を元に有価証券の評価を行っています。コレを行うことで、四半期ごとの収支状況が確認でき、1年単位でまとめれば投資利回りもわかります。

今四半期は結構な評価損が計上されました。世間的に株価下落&円高基調であるためなのと、アセットアロケーション作成の一貫で外国株式をまとめて投入した→即下落が原因です(タイミングは全く考えないで投資してました)。

普通の会計ですと、売買目的有価証券は時価法が原則とのことなのでそれに合わせていますが、三ヶ月単位で資産状況が大きく変動するバランスシートってどうなんだろう? とか思っています。当然、有価証券等はその時の時価で判断することが重要なので間違ってはいないと思うのですが。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
PET
Admin: PET
個別株式、及びインデックス投信を積立&長期投資によって資産形成を目指すいちサラリーマン。詐欺/嘘/騙し商品の撲滅を目指す。うまい儲け話の利益は貴方の財布から。
会計