--------(--:--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-24(10:00)
MVNO移行計画 その4

1000xauto-5554.jpg

MVNO移行計画 その1
MVNO移行計画 その2
MVNO移行計画 その3

の続きです。

MVNOのリスク


やりたいことは決まったし、概ねMVNOで解決出来そうなプランも見つけましたが、それは一旦置いといて。「安い安い」だけで、何か裏や見落としは無いか? と。デメリット・リスクを調べてみました。

よく言われるデメリット・リスクと対策


■端末によって使えないものがある
 →事前調査してリスクを潰す
■キャリアメールが使えない
 →自分は使ってないから不要
 ※mixiもキャリアメール不要でログイン出来るようですし
■無料通話分が無い
 →着信専用! って人は不要かと
■サポートが薄い
 →これは自分で調べるしかないね。お金と頭どっち使う?
■端末を用意する必要がある
 →これが高いね...コスト比較で判断するしかない
■契約にクレジットカードが必要
 →自分は持ってるから問題なかった
■テザリング使えないかも?
 →これは使える事を確認した上で購入

それと、個人的に気になっているリスクがあります。

個人的に気になるデメリット・リスク


■業者の制度変更(改悪)、停止リスク
 →業者が多いんだもの、ありうる気もする。
■災害時の音声/データ通信
 →これが本命。いざというときに使えるのか。★
■緊急地震速報、災害用伝言板はあるか?
 →無いという話も聞いた。★

制度変更については乗換検討出来るようにするしか無い。(→解約時の違約金を加味する)

★部分、災害時の対応については、以下記事など見ましたが、公式に載っている所は見つけられませんでした。

災害時のMVNO格安SIMの通信通話状態はどうなるのか
格安SIMを検討している人に伝えたい格安SIMの良いとこ、悪いとこ

聞いてみた


結局の所個人ブログ情報止まりなので、ドコモの回線を使っている1業者(IIJmio)に問い合わせてみました。以下回答。

■災害時など、大手キャリアとの差異は
→音声については同じ。但し、データについてはMVNO設備を挟むため、輻輳して遅くなることはありうる。

■災害用伝言板の用意
→ない。一般的に使えるサービスがあればそちらを利用。

■緊急地震速報の用意
→ない。が、(IIJmioはドコモ回線を使っているので)ドコモの端末ならエリアメールというサービスがあるらしい。但し、機種ごとに対応/非対応などがあるようで、機種によるらしい。

だそうです。全業者に聞く気にもなれなかったのですが、この辺りをどう見るかですね。(既にキャリア端末を残すつもりだったので、深く考えない事にした)

ってことで、最後に端末探しです。

MVNO移行計画 その5
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。