2015-05-27(12:10)
FP2級試験を模擬で受けてみた

125883.jpg

ファイナンシャル・プランニング技能検定試験が先日、5/24(日)にあったようです。

FP技能検定とは?


FP協会HPより。

FP技能検定には1級、2級、3級の3つの等級があり、それぞれに学科試験と実技試験があります。学科および実技試験に合格すると等級ごとにFP技能士(例:2級FP技能士)を名乗ることができます。

また、試験は、顧客の収入・支出、資産・負債、保障(内容)などのデータを収集し、現状を分析したうえで、顧客のライフプラン上の目標を達成するため、貯蓄、投資、保険、年金、税金、不動産、相続などについて、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するための知識が問われます。


ざっくり言って、お金についてまんべんなく相談出来るようになれる資格というところでしょうか。

私も、この試験は数年前に受けて、FP2級を保有しています。ですが、その後しばらく新しい知識を入れていないため、知識が古くなっています。今も使える部分は何割あるやら。

過去問を解いてみた


試験問題が試験翌日(模範解答は当日夕方)に公開されていました。翌日に出るって凄く早いですね。

Twitterを見るに結構受験&自己採点で合格ライン突破された方もいたようでして、PETちょっと火が付きました。どの程度覚えているか、制度変更を想定して正答を見つける勘がはたらくか試してみたくなり、問題を解いてみました。

画面の横でゲームしながら&時間未計測で解いたため、正式な試験形式ではないのですが、自己採点してみました。

※点数配分は公開されていないので全て同じ点数で、途中点無しの完全正答で1点扱いとして計算しました。

H27/05 日本FP協会実施 FP2級試験 資産設計提案業務 自己採点


■学科試験
・ライフプラン(01-10):7/10
・保険(11-20):4/10
・金融(21-30:10/10
・タックス(31-40):5/10
・不動産(41-50):5/10
・相続(51-60):6/10

合計:37/60≒61.67%

■実技試験
40問中26問正解≒65%

ギリギリ合格か? あと雑感


点数配分はともかく、6割超で合格よね? とりあえず、合格ライン前後というところでした。あぶねー

実技試験を解いてみて、きんざいとFP協会、団体2つが試験を実施していることをすっかり忘れていました。問題形式が思っていたのと全然違う!

まず、実技試験の試験問題数が多いですね。当時きんざいの方で受けていたのですが、問題数は15問だった記憶があります。FP協会の2級実技試験は、40問かつ計算問題も結構あったので、時間配分が重要になってきますね。ちなみにFP協会の3級実技試験を見たら20問でした。

正答率から自分を振り返ると、金融だけ満点だったのはまだ覚えているってことかな。他は微妙でした。タックスはもう少し自信あったつもりなのですが、結構忘れているようです。

それと、試験設問に出てくる商品の手数料が高かったり、家庭の資産額がやたら多いので ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ`Д´)ノ とやりたくなりました。

個人でも、さらっとFP知識を覚えよう


お金の教育・知識と言うとうまい儲け話とか、FXで利益を取る方法とか、法の穴をかいくぐって自分だけ得する方法とかを聞いたりもしますが、地道に基礎を押さえるのが大前提だと思います。

制度変更により、時間経過によってそのまま使えなくなる知識もありますが、骨格となる・普遍的な考え方や知識も多く混じっています。

※ビジネスに誘導したい方などは、「知識より実際にやった経験だ」とも言いますが、知識も経験も両方必要です。正しい知識は、経験による回り道を幾分か短縮してくれます。

FPの試験範囲は、一部個人にはあまり使わない部分もありますが、ライフプラン、保険、金融、税金、不動産、相続の6分野、人生において必要な知識がまんべんなく入っているので、FPを業とする方以外にも、FP3級レベルの基礎知識はさらっと・ぼんやりとでも押さえておいて良いと思っています。(資格は取らなくても良い)

細かい金額・数字はその時に検索すればよいので、「こういう制度・仕組みがある」という事だけでも知っておくと、自身の生活に大きく役立つと思います。

自己投資として、悪くないと思いますよ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ管理人

Author:PET

Twitter
過去記事の検索
よく見るブログ・リンク・HP
主にインデックス投資/長期投資ブログになります。
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon
最新記事
カテゴリ
PETイチオシ推奨本
メールフォーム
連絡はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング